Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2019/11/13 - 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む

今週月曜日にジャイール・ボルソナロ大統領は、2022年までに特に失業率の高い18歳~29歳の若年層並びに55歳以上の高齢者を対象とした大統領暫定法(MP905号)の新雇用促進制度“Trabalho Verde e Amarelo- ブラジリアンカラーワーク”プログラム導入を発表した。 この新雇用促進制度“Trabalho Verde e Amarelo-ブラジリアンカラーワーク”プログラム”の特徴として、失業者が1,300万人に達... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/11/13 - 南米のEコマース最大手のメルカドリブレの不渡り増加

1999年にアルゼンチンで設立された南米地域のEコマース最大手のメルカドリブレ社は、世界18カ国でEコマース事業を展開しているが、ブラジル国内の売上は65%を占めている。 メルカドリブレ社は今年6月から積極的にテレビでのコマーシャルキャンペーンを展開して、オンライン決済サービスのメルカドパーゴも業績を伸ばしている。 しかしクレジットサービス拡大に伴って延滞率が増加傾向を示しており、2019年第3四半期のクレジット遅延による損失は1,330万ドル(5,000万レアル相当)に達している。... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2019/11/13 - スタートアップPitzi社が6,000万レアルの資金調達

スタートアップのセルラーによる保証・保険プランの独立系大手プロバイダーPitzi社は、Nubank社やQuintoAndar社、WTIなどに投資を行っている米国投資ファンドQEDをリーダーとする投資ファンドから6,000万レアルの資金調達に成功した。 今回の6,000万レアルの資金調達を含めて、今年のPitzi社は総額4億レアルの資金調達に成功、同社では既にセルラー電話を介した保証・保険プランの顧客数は100万人を擁している。 Pitzi社のDaniel Hatkoff社長は、新規調... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2019/11/12 - 180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表

昨日ジャイール・ボルソナロ大統領は、プラナルト宮で2022年までに特に失業率の高い18歳~29歳の若年層並びに55歳以上の高齢者を対象とした新雇用促進制度“Trabalho Verde e Amarelo- ブラジリアンカラーワーク”プログラムの導入を発表した。 この新雇用促進制度“Trabalho Verde e Amarelo-ブラジリアンカラーワーク”プログラム”の特徴として、失業者が1,300万人に達し、雇用促進するために... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/11/12 - 農業フィンテックが融資用書類一掃

ミナス州ウベルランジア市で大規模な穀物栽培を行っているジューリオ・セザル・ペレイラ・ジュニオール氏は、バリューチェーン全体をつなぐデジタルプラットフォームのフィンテックのスタートアップNagro社のサービスアプリケ―ションを活用して、ブロクラシー軽減による大幅な経営効率化に繋がっていると満足している。 ブラジル銀行保証の農家振出の農産品手形(Cedula de Produto Rural- CPR)のデジタルフォーマット使用で、今までクレジット承認に60日を要していたが、僅か8日で承認され... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/11/12 - 消費地に近い中規模水力発電所建設に軸足を移動か

鉱山動力省(MME)エネルギー企画開発局のHelvio Neves Guerra局長代理は、消費地に近い中規模水力発電所建設は電力の安全供給に優れていると説明している。 ブラジル国内では主に南東部地域並びに中西部地域に300メガワット~400メガワットの中規模水力発電所建設で、1万5,000メガワットの電力エネルギー供給が可能であるとHelvio Neves Guerra局長代理は説明している。 過去数年間のブラジル国内の水力発電所は、消費地から3,000キロメートルの遠隔地に建設さ... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/11/11 - 大手銀行は支店閉鎖と人員削減で収益性アップ

2019年第3四半期のブラジル銀行並びにブラデスコ銀行、イタウー銀行、サンタンデール銀行の純益総額は、緩やかな国内経済の回復に伴ってクレジット部門拡大や人員削減、支店閉鎖などによるコストカットが牽引して、前年同期比19.0%増加の219億4,600万レアルを記録している。 イタウー銀行の今年第3四半期の法人向けクレジットは過去3年間で最高の増加率を記録、イタウー銀行の2019年第3四半期のクレジット残高は6,889億レアルに達し、ブラジル銀行のクレジット残高6,867億レアルを初めて追い越... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/11/11 - 今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2019年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は、前月比マイナス1.4%を記録した一方で、ブラジルの平均鉱工業生産は0.3%増加している。 今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産がマイナス1.4%を記録した要因として、アルゼンチン向け自動車輸出の急減による在庫調整のための自動車生産の大幅な減少、砂糖に替わるエタノール増産が食品部門生産減少に結び付いている。 今年第3四半期のサンパウロ州の鉱工業生産は前四半期比マイナス0.8%したが、今年第3四半期の... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/11/08 - 連邦政府はメガ入札不発で入札条件変更か

11月6日に実施されたプレソルト鉱区の石油・天然ガスメガ入札では、国庫庁に臨時歳入として約1,065億レアルが見込まれていたにも関わらず、入札にかけられた4鉱区のうち僅か2鉱区でしか応札がなかった。 また昨日7日の第6回プレソルト入札では、入札にかけられた5鉱区の内Aram鉱区のみがペトロブラス石油公社が権益80%、コンソーシアムを組んだ中国資本CNOCD(中国石油天然气勘探开发公司)が権益20%の割合で、落札価格50億5,000万レアル、原油生産開始後の利益分配率29.96%で落札した。... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/11/08 - イタウー銀行はクレジット部門でブラジル銀行を追い抜く

イタウー銀行の2019年第3四半期のクレジット残高は6,889億レアルに達し、ブラジル銀行のクレジット残高6,867億レアルを初めて追い越し、民間銀行としては、ブラジル国内銀行で初めて首位となった。 イタウー銀行の今年第3四半期のクレジット残高は、前年同期比8.3%と大幅に上昇した一方で、ブラジル銀行のクレジット残高は前年同期比マイナス0.7%を記録、民間銀行のイタウー銀行は、今後も積極的にクレジット部門を拡大する戦略を取っているために、益々クレジット残高で差が拡大すると予想されている。 ... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/11/07 - 昨日のプレサル石油・天然ガスメガ入札は取らぬ狸の皮算用

昨日11月6日に実施されたプレソルト鉱区の石油・天然ガスメガ入札では、国庫庁に臨時歳入として約1,065億レアルが見込まれていたにも関わらず、入札にかけられた4鉱区のうち僅か2鉱区でしか応札がなかったために、連邦政府にとってはまさに取らぬ狸の皮算用となった。 昨日入札にかけられたのは、サントス海盆に位置する開発面積が852.21平方キロメートルのブージオ鉱区並びに146.71平方キロメートルのイタプ鉱区、157.25平方キロメートルのセピア鉱区、228.89平方キロメートルのアタプ鉱区の4... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/11/07 - 下水普及率停滞もインターネット普及率は80%

世界銀行が定めている1日の一人当たりの所得が1.90ドル(月間145レアル相当)以下の2018年のブラジル国内の最貧困層人口は、全体の6.5%に相当する1,353万7,000人と2015年から悪化してきている。 2012年の最貧困層は人口全体の5.8%に相当する1,137万9,000人、2013年は5.1%の1,015万3,000人、2014年は4.5%の903万3,000人まで減少傾向となっちた。 しかし経済リセッションの影響が始まった2015年の最貧困層は4.9%相当する9,91... [続きを読む]

カテゴリー: インフラ



2019/11/07 - 経常収支悪化と金融投資逃避はドル高の為替要因

過去3か月間の米中貿易摩擦の激化に伴う世界貿易縮小の影響を受けて、ブラジルの貿易収支悪化による経常収支赤字を高止まり並びに海外投資家のブラジル国内の金融投資からの逃避の影響を受けて、レアル通貨に対するドル高に結び付いている。 中銀の統計によると、2019年10月の海外投資家によるブラジル国内の投資は84億9400万ドルの逃避を記録、1982年から統計を取り始めて最高の逃避高を記録している。 海外投資家のブラジル国内の投資の逃避は今年8月から継続しており、8月から10月22日までの逃避... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/11/06 - ゲーデス経済相の改革プランは公共支出ロジック変更を模索

年末まで2カ月を切っているにも関わらず、パウロ・ゲーデス経済相は公共会計の構造問題解決並びに持続的経済成長への道標となる3種類の再建政策パッケージを発表した。 8カ月間を要して漸く国会で年金・恩給改革が承認され、今後の税制改革など一連の構造改革進展に弾みがつくムードなってきている追い風の中で、パウロ・ゲーデス経済相は、斬新で複雑な改革パッケージを上院議会に提出したが、来年の地方統一選挙を前に、各州知事や大都市の有力市長などを取り込む困難なロビー活動を余儀なくされる。 公共会計の構造問... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/11/06 - 今年上半期のラテンアメリカのスタートアップ企業への投資は26億ドル達成

ラテンアメリカ・プライベートエクイティ&ベンチャーキャピタル協会(Latin American Private Equity and Venture Capital Association、LAVCA)の発表によると、2019年上半期のラテンアメリカ地域のスタートアップ企業総額26億ドルの資金調達に成功している。 2018年上半期のラテンアメリカ地域のスタートアップ企業は7億8,000万ドルの資金調達したが、今年上半期は前年同期の3倍の資金調達に成功、また昨年比では既に30%上回っており、... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/11/06 - ボルソナロ大統領はエレトロブラス電力公社民営化法案を国会に提出

ジャイール・ボルソナロ政権生誕300日記念式典で、ボルソナロ大統領は、Plano Mais Brasil(ブラジルの更なる飛躍プラン)」の発表並びにエレトロブラス電力公社(Eletrobras)の民営化法案の国会提出を発表した。 連邦政府はnエレトロブラス電力公社の民営化後も引続き40%の株式を所有するが、連邦政府は海外からの会社買収を防止するため、政府が保有している拒否権付き株式のゴールデンシェアは放棄する。 エレトロブラス電力公社は自社の民営化で240億レアルに資金調達の可能性が... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2019/11/05 - 民間部門牽引で2020年のGDP伸び率を2.5%に引上げ

8カ月間を要して漸く国会で10月末に年金・恩給改革が承認され、今後の税制改革など一連の構造改革進展に弾みがつくムードなってきている追い風に便乗して、パウロ・ゲーデス経済相はアドミニストレーション改革などを国会に提出する。 連邦政府の財政責任法(LRF)が制定されて既に20年が経過しているために、新たな憲法改正による改革が必要となっており、ゲーデス経済相は、行政部門のアドミニストレーション改革並びに247億レアルの歳出削減に繋がる緊急憲法補足法案(PEC)、非インデックス化推進などのDDD緊... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2019/11/05 - 国庫庁は過去7年間の最低金利で30億ドルの国債発行

ブラジルは2008年にソブリン格付けで投資適格級の格付けを得ていたが、2015年にブラジルのソブリン格付けを「BBBマイナス」から「BBプラス」に引き下げられてブラジルの格付けは投資適格級でなくなった。 昨日11月4日、国庫庁は30年物の外債25億ドル並びに10年物の外債5億ドルを発行したが、利回りは2012年以降では最低、10億ドルは他の外債への書替となっている。 国庫庁が発行する30年物の外債25億ドルは、Global2050で償還期間30年の2050年、また10年物の外債5億ド... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2019/11/05 - 農業用ドローンは農業機械の代替

ゴイアス州都ゴイアニア市から130キロメートルに位置するウルアナ市で大豆並びにトウモロコシ、食肉用の牛を飼育している農業技師のDaniel de Castro Rodriques氏は、農業用ドローンの使用で作業時間が半減したと説明している。 また農業用ドローン使用での害虫の発生状況や食物の育成状況のチェックが可能となり、農薬・益虫散布は手作業での散布に比べて、比較できない程のコストカットに繋がる。 民間航空庁(Anac)に登録されているゴイアス州並びにマット・グロッソ州、南マット・グ... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2019/11/04 - 今年10月の新車販売は前月比7.9%増加

自動車販売代理店が加盟する全国自動車販売業者連盟(Fenabrave)の発表によると、2019年10月のバスやトラックを含む新車販売は営業日数が2日多い影響で前月比7.9%増加の25万3,400台を記録したにも拘らず、前年同月比では0.5%減少している。 今年初め10カ月間の新車販売は、輸出の70%を占めていたアルゼンチン向け新車輸出がアルゼンチンの為替危機の影響で壊滅的な影響を受けているにも拘らず、前年同期比8.7%増加の228万2,000台を記録している。 今年10月のバスやトラ... [続きを読む]

カテゴリー: 自動車