Câmara do Japão
Português
検索: OK
(489)

デイリー経済情報一覧


2020/11/24 - 今年のIPOやフォローオンによる資金調達総額は1,010億レアル突破(2020年11月23日付けヴァロール紙)

ブラジル・金融マーケット業者協会(Anbima)の統計によると、サンパウロ証券取引所(B3)の今年の新規株式公開(IP0)並びに追加公募増資(フォローオン)による資金調達総額は1,010億レアルに達している。 今年初め11ヶ月間弱での資金調達総額1,010億レアルは、昨年1年間のIPOやフォローオンによる資金調達総額の114億レアルを大幅に上回っている。 過去最高のIPO並びにフォローオンによる資金調達は、ペトロブラス石油公社による岩塩層下プレソルト原油開発向けのフォローオンで1,2... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2020/11/24 - 紙パルプ業界の新規投資は180億ドル(2020年11月23日付けヴァロール紙)

今後数年間に南米地域でのパルプ業界は、8件の建設中や新規の大型プロジェクトを擁しているが、隣国パラグアイもパルプ業界に進出する。現在の為替で総額180億ドルに達する8件のプロジェクトのうち、ブラジル国内のプロジェクトの新規投資は、100億ドル以上でブラジルの寡占化が更に進むと予想されている。 2022年末から継続するパルプ業界の目白押しの新規投資で、投資家やサプライヤーは、パルプの供給過剰と価格への長期圧力を避けるために、業界内での再編成が進むと予想されている。   2021... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2020/11/24 - GOL航空の10月のマーケットシェアは39.2%でトップ(2020年11月23日付けヴァロール紙)

民間航空庁(Anac)の発表によると、2020年10月のブラジル国内の航空業界のマーケットシェアはGOL航空が39.2%を占めてトップシェアを確保、1年前のマーケットシェア32.7%から6.5%増加している。 しかし今年10月の国内便需要の旅客キロ(Revenue Passenger-Kilometers)は、COVID-19パンデミックの影響を引きずって前年同月比44.7%減少、座席キロ(Available Seat-Kilometers)は41.2%減少、座席利用率(Load Fact... [続きを読む]

カテゴリー: 観光/運輸サービス



2020/11/23 - 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)

経済省の第5次隔月決算収支レポートによると、中銀、国庫庁並びに社会保障院(INSS)で構成される中央政府の2020年の財政プライマリー収支赤字は、前回予想よりも164億レアル減少の8446億レアルに下方修正しているが、前回9月のレポートでは8,610億レアルの赤字を見込んでいた。 下方修正された最新の今年の財政プライマリー赤字8,446億レアルはGDP比11.5%に減少していると経済省のWaldery Rodrigues特別長官は指摘している。 基本予算法(PLOA) では2021年... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/23 - フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)

23日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、一般エコノミストは、今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)を前回予想の3.25%から3.45%に上方修正している。また2021年のIPCA指数も前回予想の3.22%から3.40%に上方修正している。 的中率が最も高いトップ5の今年のIPCA指数は、前回予想の3.14%から3.39%に上方修正した一方で、2021年のIPCA指数は、前回予想の3.36%から3.31%に下方修正している。 今年のGDP伸び率は、前回予想のマイ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/20 - FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、2020年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比7.5%増加、前年同期比ではマイナス4.4%、今年9月のGDP伸び率は前月比1.1%増加、前年同月比ではマイナス2.3%を記録している。 今年第3四半期のGDP伸び率は、前四半期比7.5%増加したにも関わらず、第2四半期のGDP伸び率は、3月から始まったCOVID-19パンデミックの影響を受けてマイナス9.7%を記録していた。今年9月末の国内総生産は、昨年末比ではマ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/20 - 今年第3四半期の電力消費は前年同期比2.0%増加を記録(2020年11月18日付けヴァロール紙)

ブラジル電力取引市場(CCEE)の統計によると、2020年第3四半期の電力エネルギー消費は、上下水道部門が牽引して前年同期比2.0%を記録、今年初めて上昇に転じている。 今年第3四半期の自由売買市場の電力エネルギー消費は、COVID-19パンデミックの影響を受けていた第2四半期の消費の落込みから反転して、大半の部門での電力エネルギー消費が前年同期比で増加に転じている。 第3四半期の自由売買市場の電力エネルギー消費の部門別比較では、上下水道部門の電力エネルギー消費は前年同期比32.0%... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2020/11/19 - 大手不動産企業の第3四半期の純益は56%増加(2020年11月18日付けエスタード紙)

サンパウロ証券取引所(B3)の上場している14大手不動産会社の2020年第3四半期の純益総額は、住宅ローン金利の低下並びに住宅購入ローン拡大などの要因で不動産業界の拡張サイクルに突入しており、前年同期比56%増加の7億2,100万レアルを記録している。 今年上半期の不動産業界は、外出自粛や必需品以外営業自粛要請の解除と共に、新規住宅販売のリリース軒数増加や販売増加による予想以上の売上並びに純益増加で、不動産業界は拡張サイクル突入していると不動産業界アナリストは指摘している。 調査対象... [続きを読む]

カテゴリー: 建設・不動産



2020/11/19 - 今年初め7か月間のFGTSの引出は積立を110億レアル上回っている(2020年11月18日付けヴァロール紙)

連邦政府による600レアルのCOVID-19パンデミック対応の緊急補助金支給などの救済策は、今年のブラジルのGDP伸び率の更なる落込みを阻止する作用に働いた一方で、従業員が理由なき解雇のときなどに引き出せる積立金であるFGTS(勤続年数保証基金)の引出額が積立額を上回っている。 今年初め7か月間のFGTS(勤続年数保証基金)の積立総額は661億1,300万レアルに対して、引出総額は770億6,100万レアル、引出額は積立額を109億4,800万レアル上回っている。 この引出が積立を上... [続きを読む]

カテゴリー: 金融



2020/11/19 - 今年のブラックフライデー商戦売上は37億4,000万レアルで記録更新予想(2020年11月18日付けエスタード紙)

全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、毎年11月第4木曜日に催される感謝祭(Thanksgiving Day)翌日のブラジルでのブラックフライデーの小売販売は、37億4000万レアルで記録を更新すると予想されている。 今年のブラックフライデーによるインフレ指数を考慮しない名目小売販売は、前年同期比6.0%増加、インフレ指数を考慮する実質小売販売は、1.8%増加をCNCでは予想している。 今年のイースターから子供の日迄の期間の小売販売は、COVID-19パンデミ... [続きを読む]

カテゴリー: 商業



2020/11/18 - COVID-19パンデミックでブラジル国内の観光業界の損害は416億レアル(2020年11月17日付けエスタード紙)

サンパウロ州商業連盟(Fecomercio-SP)の調査によると、今年3月から9月のCOVID-19パンデミックの影響を受けていた6か月間のブラジル国内の観光業界の損害総額は、特に航空業界の落込みが牽引して前年同期比マイナス44.0%の売上減少に相当する416億レアルに達している。 今年9月の観光業界の売上は、前年同月比マイナス37.6%に相当する86億レアルに留まって、損害総額は52億レアルに達している。今年初め9か月間の損害総額は、前年同期比マイナス34.1%に達している。 今年... [続きを読む]

カテゴリー: 観光/運輸サービス



2020/11/18 - 今年10月の粗鋼生産は3.5%増加の280万トン(2020年11月16日付けヴァロール紙)

ブラジル鉄鋼協会(IABr)の発表によると、2020年10月の粗鋼生産は前年同月比3.5%増加の280万トン、圧延鋼生産は二桁台の12.6%増加の210万トンに達している。 今年初め10か月間の粗鋼生産は、COVID-19パンデミックの影響を受けて前年同期比マイナス8.5%の2,510万トンに留まっている。また圧延鋼生産もマイナス8.3%の1,760万トンに留まっている。 10月の粗鋼消費は前年同月比16.7%と二桁増加の190万トン、国内の鉄鋼製品販売は11.2%増加の210万トン... [続きを読む]

カテゴリー: 機械・金属



2020/11/17 - 9月のアグロインダストリーは前年同月比7.2%と大幅増加(2020年11月16日付けヴァロール紙)

2020年9月のブラジル国内のアグロインダストリー部門生産指数(PIMAgro) は、前年同月比7.2%と大幅増加とジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査で判明している。 今年9月のアグロインダストリー部門生産が前年同月比7.2%増加した要因として、食品・飲料部門生産が11.6%と二桁台の増加が牽引して、統計を取り始めた2003年の9月としては月間記録を更新している。 4月の食品・飲料部門生産はマイナス5.8%、5月はマイナス0.3%、6月は8.8%増加、7月は10.6%増加、8... [続きを読む]

カテゴリー: 農林水産



2020/11/17 - 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)の調査によると、2020年11月の企業経営者の景況感を計る企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少の96.2ポイント、一般消費者の景況感指数(ICC) は2.2ポイント減少の80.4ポイントを記録している。 「11月の景況感調査では、5月に始まった景況感回復の過程で停止したことを示している。製造業界は引き続き好調な業績を上げているにもかかわらず、covid-19の第二波のリスクによって動機づけられた不確実性の増... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/16 - 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)

2020年9月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比1.29%増加で5ヶ月連続で増加を記録した。Valor Data社の9月のIBC-Br指数調査では、平均IBC-Br指数は1.00%増加予想、8月のIBC-Br指数は前回予想の1.39%から1.06%増加に修正されている。 正式な国内総生産(GDP)は、ブラジル地理統計院(IBGE)から発表されるが、ブラジル中銀はIGBEのGDP伸び率の発表前に、先行指標として経済活動指数(IBC-Br)を発表している。 今年9月の過去12か月間... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/16 - 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)

中銀の最終フォーカスレポートによると、一般エコノミストは今年のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)を前回予想の3.20%から3.25%と若干上方修正、2021年のIPCA指数も前回予想の3.17%~3.22%に上方修正している。 また的中率が最も高いトップ5の今年のIPCA指数は、前回予想の3.08%から3.14%、2021年のIPCA指数も前回予想の3.31%から3.36%とそれぞれ若干上方修正している。 今年のGDP伸び率は前回予想のマイナス4.80%からマイナス4.6... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/13 - 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間サービス生産量調査(PMS)の発表によると、2020年9月のサービス部門生産量(生産性指標)は、4ヶ月連続となる前月比1.8%増加を記録した。 今年6月~9月の4か月間の累計生産性指標は13.4%増加したにも拘らず、COVID-19パンデミック期間中の2月~5月の生産性指標のマイナス19.8%をカバーできていない。今年9月のサービス部門の生産性指標は、2月の水準よりも依然としてマイナス8.0%の水準に留まっており、ピーク時の2014年11月と比較してマイ... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/13 - 貸倒引当金の83%増加はEletrobrasの第3四半期の純益減少に直結(2020年11月12日付けヴァロール紙)

COVID-19パンデミックの影響による電力エネルギー消費減少、訴訟経費並びに高額契約などに伴う貸倒引当金の増加で、ブラジル中央電力公社(Eletrobras)の2020年第3四半期の純益は、僅か960万レアルの黒字計上、昨年同期の7億1,600万レアルの黒字の僅か7分の1に留まった。 今年第3四半期のEletrobras公社の貸倒引当金総額は、前年同期の83%増加に相当する9億レアルの上積みの20億レアルに達して、大幅な純益悪化の要因となっている。 PUBLICIDADE Ele... [続きを読む]

カテゴリー: エネルギー



2020/11/13 - 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)

ブラジル段ボール協会(ABPO)の発表によると、景気動向のバロメーターとして用いられる2020年10月のダンボール箱出荷は、36万2,100トンと2005年1月から統計取り始めて以降では月間の最高記録を更新している。前月比では8.0%増加、前年同月比では2.9%増加を記録している。 今年10月の1日当りの平均ダンボール箱出荷は、前年同月比8.0%増加の1万3,927トンに達しているとジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)調査部のViviane Seda Bitte... [続きを読む]

カテゴリー: 指標・政策



2020/11/12 - 9月の一般小売販売量は前月比0.6%増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)

ブラジル地理統計院(IBGE)の月間小売調査(PMC)によると、2020年9月の自動車並びに建材を除くインフレ指数を差引いた実質一般小売販売量は前月比0.6%増加している。Valor Data社の27社対象の調査結果によると、今年9月の一般小売販売の平均予想値は1.4%増加、最低予想は0.7%増加、最高予想は2.5%であった。 今年9月の一般小売販売量は、前月比0.6%増加の予想を大幅に下回ったが、3月に発生したCOVID-19パンデミックの2か月後の5月~9月まで5か月間連続で増加に転じ... [続きを読む]

カテゴリー: 商業