Câmara do Japão
Português
検索: OK
(391)

業種別部会長シンポジウム

検索期間を指定してください: OK
<< 前へ      次へ >>
2003年上期業種別部会長懇談会-コンサルタント部会 2003/02/06


西川部会長

 

カルドーゾ政権の評価、ルーラ政権への期待

西 川  コ ンサルタント部会の方では、業界に及ぼす影響はちょっと分かりませんので、「最初にカルドーゾ政権の評価」を簡単に述べて、それをもとに比較しながら、 「ルーラ政権の評価というよりむしろ期待」を申し上げ、最後に、「今年のブラジルの政治・経済全体の簡単な展望」で締めくくらせて頂きたいと思います。政 治と経済に分け、それぞれのプラス評価とマイナス面を説明申し上げます。

カルドーゾ政 権、政治面のプラス評価と申しますと、さる10月の選挙にはっきりと出ているように、ブラジル流の民主政治が定着したことです。第2番目は、積極的な大統 領外交を通じて、ブラジルが中南米第1の大国であるという評価が国際的に認められるようになった事だと思います。
第3番目は、8年の長期間にわ たり、ブラジルの小党分立の政界にあって大過なく連立政権を維持してきた政治手腕。。こういった積み重ねが、後で述べます「レアルプランの成功」もあるん ですが、それまでブラジルの一般の政治に対する不信感を信頼感に変える、それを育む大きな原動力になったと思います。

その次は民営化。政府系企業の民営化は通信、道路、運輸、金融、そういった経済の動脈的な部門を計画的に、それも非常に有利な条件で行った。これは1年早 くても1年遅くてもかなり難しい民営化になったと思うのですが、その結果、それぞれの分野で投資も行われ、国民生活の向上、生産の増大といろんな点に貢献 したと思います。プラス評価の最後として、行政組織全般にわたる情報化。その結果、行政の効率化もかなり図られ、市民が受けるサービスもかなり満足すべき ものになって来つつあります。これは特筆すべきプラス効果ではないかと思っております。

逆 に政治面でのマイナス評価は、「1988年憲法」の中で、いろいろ問題点が出ていて、それを国会で一つ一つ改正を図ったが、大変な努力を重ねたにもかかわ らず、効果があまり出なかった。特に社会保障制度、金融制度、税制は、いろんな面で衝突したことがあまりにも大きく、マイナス面と見ていいと思います。

 

経済面プラスのトップはレアルプラン

経済の面で、これはもう文句なしにプラス評価出来るのは「レアルプランの成功」。これはもう論をまたない。第2番目には、この8年間にいろんな国際的な経済危機の影響があったが、いずれも経済成長を大幅に犠牲にすることなく克服した。これも高く評価できると思います。

ブラジルでは、貯蓄が少ない。あっても殆どの部分が公的な財政赤字の補填等に使われていて、経済成長を図るための投資はかなりの部分が外国からの直接投資 に依存してる。この8年間を平均しますと、かなり高率の外貨の直接投資を維持してきて、これによって、世界的にも難しい経済状況の中で、ある程度の経済成 長を維持する事が出来たと思います。
特に私が高く評価すべきだろうと思うのは、一つは、連邦政府がなかなかコントロールできなかった州の財政 を、各州の債務全部を連邦政府が引き受けて、リスケ計画を結んだこと。もう一つは「財政責任法」を粘り強く国会で交渉し、承認を得た。この2つは、ブラジ ルの公的、政府関係の財政の債権コントロールという意味で、大変大きな出来事であります。

そのほかに、企業マインドを転換させるために、いろんな形で応援をし、働きかけその結果、かつては見られなかったような考え方を持つ新しい企業家、あるいは投資家各方面で輩出している。これは将来、かなり大きなポテンシャルになって行くと私は見ています。

経済面のマイナス評価は、いろいろ努力したけども、効果があまり出なかった貧富格差是正策、失業率を減らす、あるいは雇用の確保策の十分さ及び公的債務の膨張を抑え切れなかった事ではないかと思います。

 

ルーラ政権の評価、期待

ルー ラ政権への評価は、まだできる段階じゃないと思います。大統領自身、あるいは閣僚、補佐官といった人々のいままでの発言を中心に見てまいりますと、政治の プラス面は、第一に「社会的弱者への配慮」。これはルーラの生い立ち、信念、そういうものに根差したものだろうと期待しているわけです。 これを貧富格差 の縮小のための第一歩とした積極的、総合的な施策を期待したいと思います。特にそういう階層の教育面への投資を大いに期待したいと思っております。
先ほど赤嶺さんもおっしゃいました「変革」への期待。これは対話をもとにしてあらゆる社会層と合意を確立する形での変革であり、大いに期待されるところで す。そのほか、当選が確定してすぐに「国際協定とか契約を守ります」と、はっきりと言い、非常に現実を見つめ実際的な政治家であることを強く印象づけた。 ですから、初心を忘れずに、いろんな困難はあるでしょうが、やはりそれを貫いて頂きたいと期待しております。

先ほど申し上げました、カルドーゾ政権が実現できなかった改革、憲法改正をぜひ、粘り強くがんばって国会承認をとってもらいたい。政治におけるマイナス面 は、何回もいわれている事ですが、ルーラ人気、必ずしもPTの政策が承認された選挙結果ではなかったわけで、ルーラ人気が何らかの形で落ちて来ますと、や はり政治的にいろんな問題が出てくる可能性があると思います。
それから、連立政権、そのベースの脆弱性が大きいし、PTの中で30%とか40% と言われている急進派を本当にこの4年間、押さえ切れるのかという不安。それから、地方政治はどうしても州知事の力が非常に強い。こんどの選挙では比較的 小さな3つの州に知事を送り出すことが出来ただけで、サンパウロはじめ拠点州はみんな野党に握られており、これも政治的に問題を起こす可能性が大きいと思 います。こういったところが、マイナス面であると見ておく必要があるのではないかと思います。

経済は、これは先ほど申し上げましたように、カルドーゾ政権の基本的な線を継承してやって行こうと言うことですから、これをうまく実現し、経済の安定を図ってもらいたい。
マイナスの面はいろいろやってその実績を見ないと何ともいえませんので、一応経済面はあまり申し上げることはないと思います。

 

今年の政治経済展望

まず政治動向。国際情勢が緊迫しているイラク、北朝鮮との問題がブラジルの政治に大きな影響を与えることはないだろうと見ております。中南米でベネズエラ はかなり落ち着いて来そうで、中南米のいろんな問題もブラジルの政治にはあまり大きな影響はなかろう。 ルーラ政権の政治面での脆弱さ、そういう問題も今 年中は大きな影響はなく、来年以降に起こってくる可能性があると見ています。

経済動向 は、国際経済は恐らく、好転はあまり望めないであろう。特にイラク問題は場合により、石油価格の高騰が起こらないとも限りませんし、そのあとインフレ再燃 の心配もありますので、これは楽観できない。それが結局、国際金融マーケットにも大きな影響を出して、また為替危機が起こらないとも限りません。

国内金利はしたがって高めに推移するのでしょうし、為替相場は主として国際的な情勢によってボラチリになると。経済成長の面は恐らく、輸出が伸びればそれ だけ成長が期待できるのではないか。こういう風にみております。もう何度も言われていることですが、ブラジルの” アキレス腱”っていいますか、これは国際収支の面ですから、この点はやはり今後の推移をよく注目する必要がある。特に外貨による直接投資の推移、それから 外債の発行、あるいは貿易金融も込めた外貨の借入れの推移に特に注意を払う必要があるだろうと思います。その他の国内政策面では、公的財政の動向、それか ら社会保障年金制度改革のこれからの推移、税制改革あるいは労働改革というのはどう動くかと、この辺を注意する必要があるかと思います。以上です。(詳細 は末尾の部会資料)

 

司 会:ありがとうございました。あの非常に時間が押しておりますので、この議題については、要するに各部会に具体的に与える影響ということで2、3にしぼってご発表頂けたらと思います。

木 口 あのちょっと意見言わせて頂きます。

司会:はい。

木口   まだルーラ政権が発足して1ヵ月ですね。それで、選挙公約はいろいろありますけども、それの具体策が殆ど出ておらない。だからこの時点で、その業界に与 える影響と言われても いま言われたような一般的なことしかできない。で、それに対して我々はどういう、こういう懸念をしているとか、期待しているとか、 そういうことしか言えないんじゃないかと思うんですよ。
ですから、時間の関係もありますし、特に発表されたいという人がいれば、そういう方にやって頂いたほうがよいと思うんですが・・・

司 会  分かりました。それじゃあ、特にこの議題について意見のある部会がございましたら・・・ はい、食品部会の渡辺さん。

 

フオメ・ゼロ計画、食品部会にプラスか

渡 辺  時 間の関係で簡単に一つだけ申し上げます。「フォーメ・ゼロ計画」ですが、これは、まだ試行錯誤の段階という感じですけれども、この公約が実施されれば牛 乳、フェイジョン、砂糖といった基礎食品の需要増大が見込まれると言うことで、これがさらに発展していい方向に向かって、新需要が掘り起こされると、加工 食品等の需要増大にも、ひょっとしたらつながるかもしれない。ということで、食品業界全体にとっても、ひょっとするといい影響が出てくる可能性がある、と いう期待はしております。ただし、どちらかというと、これはナショナル・ブランドよりも地方ブランドに影響が大きいんじゃないかと。実際ノルデステ(東北 伯)のコーヒー生産者の中には、この辺の需要増大を見越してすでに動き始めているところもあると言う情報もありました。以上です。

司 会  ありがとうございました。そのほかの部会で、はい、貿易部会の柳田さん。

 

米のイラク攻撃のほうに関心 - 貿易部会

柳 田  貿易部会での議論で、いくつかありましたが、一つは、開発商工大臣に就任をしましたサジア社長フルランさんですが、彼は先進諸国に対する非常に強い農業保 護政策批判者ということで有名で、”強硬派”ということですが、これがさらに対日姿勢に対してもアグレッシブに出てくる可能性があるというのが一つござい ます。このフルラン大臣だけではなくて、ロドリゲス農相、あるいはアモリン外相もそうですけども明らかにこの3閣僚、今回WTO会議で日本に行くと先ほど 総領事からお話ありましたが、明らかにWTO、FTA、FTAAシフトを組んでいるな、というのが一つありました。

それから先ほどご指摘の通り、少なくとも今年上半期、新政権の行政能力っていうことが不明で、判断できないと言うのが大半の方のご意見でした。ただ飢餓対 策をプライオリティーにおいて、その次に輸出促進を政権の柱にあげておりますので、具体的に今後どう取り組んでいくのか、前政権とどういった違いで輸出促 進をしようとするのか、ということが徐々に明らかになってきた段階で、評価っていうか、業界への影響っていうか、そういうところに出てくるのかなと言うこ とでした。

最後に、むしろ今は新政権がどうなるかよりも、貿易業界としては、米国によるイ ラク攻撃の結果がブラジル経済全体にどう影響するのか、それに関連して、通貨がどうなるのかと、先ほどからの議論ですけども、そういった問題の方にはるか に関心がある。それからもう一つは、これも先ほどふれましたが、ブラジル製品が本当に国際競争力を付けているのかどうか。その工業製品は、世界的なトップ クラスのものは、少なくとも多国籍企業によるその一部の製品を除いてほとんどない。つまり安くないと売れない。これは、比較優位と一般的に言われています 農業製品についても、昨年、非常に伸びた。輸出も伸びたが、他地域の不作、あるいは国内の耕地面積の拡大、こういったことの結果として輸出が伸びているの であって、本当に農産物を含めて競争力を持っているのか。こう言ったことの方にむしろ関心があるという意見がたくさんありました。これについては今後検証 していく必要があろうかと思います。以上です。

司 会  ほかにございますか。はい、電気電子部会の瀬山さん、どうぞ。

 

密輸取締り強化策歓迎、デジタルTVに関心 ― 電々部会

瀬 山  電 気電子部会の方では、これは、前大統領のカルドーゾさん、それから前開発大臣のアマラルさんから引き継がれたものですが、要はマナウスでの家電事業等に対 して、「マナウス事業の貿易アンバランスの是正」という意味から、現調化ならびに輸出促進ということが、引き続きいわれてます。実は現調化については、あ る一定の現在出している基準を変更したいという具体的な提案がなされていまして、業界として対応している。

サポーティング・インダストリーが非常に少ない中で、その辺のところを、どのようにプロモートするような案が具体的に出てくるのかと言うところが今後、業 界と政府商工省との間の話し合いになると思います。輸出促進についても、具体的なインセンティブについてまだ話はありません。それからPT、新政権という ところですと、アングラ経済、われわれの商品の中でも、密輸というものが一部まだ残っております。それに対して雇用機会を失わせておるものという観点か ら、密輸を少なくして行こうというのが業界としては歓迎です。それから、デジタル・テレビの放送方式、これが前政権から持ち越しになりましたので、これを 大使館、総領事館さんはじめですね、あの、官の方でも注目をして、動向など情報等ございましたら頂きたいというお願いであります。

司 会  ありがとうございました。ほかにございますか。はい。

 

気になる内閣不一致

新 井  さっ きコメントの中にも入れましたけども閣内不一致という問題。例えば、環境相だとマリナ・シルバ。それから農業、農村開発相ですか、ミゲル・ロセット。この 2人は遺伝子組換の反対派。その一方で、ロベルト・ロドリゲス、これが農務大臣で、先ほども出ていましたけども、トウモロコシを去年だいぶ輸入した。輸入 する先がアメリカ、アルゼンチン。90%が遺伝子組換トウモロコシ。これなくして食肉加工工業はやっていけない、牧畜業はやっていけないよ、と言って推進 しようとする。

一方で、かなり過激な強硬派が2人閣内にいる。そういう部分がけっこう閣内 にあって、儀式が終わっていざ具体的になったときに、特に遺伝子組換については、アメリカ政府の後押しを受けたモンサントはかなりやっているわけですが、 対外的な圧力、対米国との関係でカルドーゾとどういう風に違いが出てくるのか。それから、いまの閣内の不一致。 これがかなり行政面で影響が出てくるので はないかな-と。われわれ、例えば農薬とか飼料業界にとって、遺伝子組換っていうのは完全にマイナス要素ですので、具体的にいってその辺がどう出るかな と。あとは、化粧品業界に対してIPI 税を引き上げる、と公約で挙げていた「シーロ・ゴーメスが大統領にならなくてよかった」っていう化粧品業界ありましたけども。まぁ、そういうところが気に なるかなと言うところでした。

司 会  ありがとうござ いました。それでは「ルーラ政権の影響」についてはこの辺で打ち切りまして、次の2つ目のサブテーマであります「日伯間のFTA締結の必要性、あるいは与 える影響」についての意見を頂戴したいと思います。 現状でのFTAについての受け止め方は、業種によって濃淡があるようですけども、直接間接問わず、将 来的には大きな問題になるという認識をすべきだと思います。ここでFTA 締結の現状について、ジェトロ柳田所長(貿易部会長)から簡単にご説明頂きます。

<< 前へ      次へ >>


2019/08/22 » 2019年下期の業種別部会長シンポジウム
2019/02/28 » 2019年上期の業種別部会長シンポジウム
2018/08/23 » 2018年下期の業種別部会長シンポジウム
2018/03/01 » 2018年上期の業種別部会長シンポジウム
2017/08/24 » 2017年下期の業種別部会長シンポジウム
2017/02/23 » 2017年上期の業種別部会長シンポジウム
2016/08/25 » 2016年下期の業種別部会長シンポジウム
2016/02/25 » 2016年上期の業種別部会長シンポジウム
2015/08/20 » 2015年下期の業種別部会長シンポジウム
2015/02/24 » 2015年上期の業種別部会長シンポジウム
2014/08/21 » 2014年下期の業種別部会長シンポジウム
2014/02/20 » 2014年上期の業種別部会長シンポジウム
2013/08/20 » 2013年下期の業種別部会長シンポジウム
2013/02/22 » 2013年上期の業種別部会長シンポジウム
2012/08/21 » 2012年下期の業種別部会長シンポジウム
2012/08/21 » 2012年下期の業種別部会長シンポジウム
2012/02/14 » 2012年上期の業種別部会長シンポジウム
2011/08/23 » 2011年下期の業種別部会長シンポジウム
2011/02/16 » 2011年上期の業種別部会長シンポジウム
2010/08/17 » 2010年下期の業種別部会長シンポジウム

バックナンバー »