Câmara do Japão
Português
検索: OK
(500)

ブラジル特集

検索期間を指定してください: OK
【今回の代表団に関連したFAQ】 2020/10/21

1. 5Gって何?

5Gは、第5世代移動通信システムのこと。この技術により、現行の4Gに対して最大で20倍という通信速度が実現し、動画やゲーム、バーチャル・リアリティー環境などより大量のデータ消費が可能になる。加えてサイトあるいはアプリのコマンド実行を命令してから実際に実行されるまでの待機時間を、現在の10ミリ秒から4ミリ秒に半減する。幾つかの状況によっては、これを1ミリ秒まで短縮可能で、このことは自動車の自動運転の開発、ロボットを使用した遠隔手術の開発において重要となる。

2. ブラジル国内で既に5Gは展開されている?

いいえ。幾つかの州都で、キャリアが自身の4Gの周波数を利用して4Gの10倍速の信号を提供している。しかしながら、このサービスは5Gではない。5Gは更に高速で安定性が確保されている。

3. 5Gの周波数オークションの実施はいつ?

ブラジル国内で5Gの周波数のオークションは、2021年の実施を予定する。周波数帯は、信号が空中を通過する「ハイウェー」のようなもの。5Gの場合、3.5GHz帯が中心になる。

4. どのような企業が5Gの周波数オークションに応札できる?

電話通信会社に限定される。クラーロとヴィーヴォ、TIM、オイ、アレガールのような大手だけでなく、全国の小規模のキャリアも応札可能である。

5. 中国企業が周波数オークションに応札できる?

ブラジル国内で電話通信事業を展開する中国企業は存在しない。中国のファーウェイ(華為)は中核設備を供給する企業である。設備のサプライヤーを選定するのはキャリア自身で、現時点ではいずれのキャリアもファーウェイの機器を使用している。

6. 5Gを巡って米中が対立するに至った原因は?

4Gにおいてアメリカはパイオニア精神を発揮して、シリコンバレーの成功と、FacebookとNetfliz、Google親会社のアルファベットといった企業の誕生につながった。これらのビッグテックは現在、世界的に最も価値のある企業群となっている。一方、ファーウェイは現在、5Gに対する中核設備の大手サプライヤーである。業界における中国の台頭は、世界的に人気のTiktokとWechatのようなアプリからも見て取れ、アメリカ企業の主導権を脅かしつつある。(2020年10月21日付けエスタード紙)



2021/01/08 » 【州政府が公衆衛生事業に対する投資で民間部門との提携に期待】
2020/11/13 » 【クリーンネットワーク・イニシアティブの支持表明はファーウェイの排除を意味しない】
2020/11/13 » 【5Gでブラジルが親米反中に傾斜】
2020/10/21 » 【5Gに対する判断は2021年に下すべきだとブラジル大使がコメント】
2020/10/21 » 【今回の代表団に関連したFAQ】
2020/10/21 » 【トランプ米大統領が求めたのは大統領選で繰り出すカードのひとつ】
2020/10/21 » 【「アメリカの非難には根拠がない」とファーウェイ現地法人】
2020/10/21 » 【ブラジルで5Gから中国企業を排除すべくアメリカが電話事業会社の投資に対する資金提供を約束】
2020/10/21 » 【輸出入銀行がブラジル10億ドルを開放するであろう】
2020/10/19 » 【ブラジルと米国が米大統領選の直前に貿易協定を締結】
2020/10/14 » 【2020年8月に国内で合併と買収( M&A )が前年同月比+65%の112件を記録】
2020/07/24 » 【消費に対する租税の包括的改革を州政府が支持】
2020/07/07 » ゲーデス経済相は年内の税制改革承認予想、CPMFの税制支持(2020年7月5日付けUOLサイトより抜粋)
2020/07/07 » 90日以内に4件の大型公社の民営化プロジェクト実現とゲーデス経済相は語った。(2020年7月6日付けGlobo紙)
2020/07/05 » ポスト・パンデミックのブラジル:復興 (話し手:パウロ・ゲデス経済大臣 2020年7月5日CNNユーチューブ放送から抜粋)
2020/05/13 » 【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/04/03 » 自殺行為につながりかねない経済分野のCOVID-19対策(2020年4月3日付けバロール紙)
2020/01/27 » 【行政改革案で政府が勤続年数を元にした昇進・昇給の廃止を提案】
2020/01/22 » 【2020年のブラジルと世界、そしてあなたの財テク】
2020/01/22 » 【連邦政府が政府調達を国外に開放へ】

バックナンバー »