Câmara do Japão
Português
検索: OK
(500)

ブラジル特集

検索期間を指定してください: OK
【「左派による人権侵害を目の当たりにして我々は沈黙してなどいられない」とブラジル社会党(PSB)のニカルロス・シケイラ党首】 2019/09/04

PSBのシケイラ党首が、党内と社会から、ベネズエラに対する態度を表明するよう強い求めがあったと明らかにした。

ベネズエラのマドゥロ政権による人権侵害に対して公然と非難するというブラジル社会党(PSB)の決定は、党内及び社会から出された強い要求に対する答えだったと、同党のカルロス・シケイラ党首がエスタード紙とのインタビューで明らかにした。同党首によると、ベネズエラは独裁政権と位置付けられる特徴を備えている。同党首が単なる寄り合いだと話す超党派で非政府組織(NGO)なども参加するサンパウロ・フォーラム(FSP)からの公式脱退問題では、既に直近の3回の会合に同党はそもそも参加していなかったという。今回のインタビューでシケイラ党首は、外にも、ジャイール・ボルソナロ大統領を持ち出しベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領と比較、ブラジルの大統領も同じく民主主義を尊重しないとコメントした。以下は、エスタード紙によるシケイラ党首のインタビューの抜粋である。

 

エスタード紙: PSBがベネズエラにおける人権侵害を容認しないという方針に転じた理由は何でしょうか?

カルロス・シケイラ党首: PSBは民主社会主義、換言すれば、多元主義という理念を基礎にしている。スターリン主義とは異なり、党設立時の私たちの理念は、強権社会主義に対して批判的だった。我々は、ウーゴ・チャベス大統領とその政権、あるいは、ニコラス・マドゥロ大統領とその政権と関係を構築したことはなく、ベネズエラ統一社会党との会合を1度でも持ったことはない。同時に、党が同国の問題について何らの声明も発表していない理由について糺す声があった。私は、人々が正しいと考えた。(マドゥロ政権は)、社会主義とは何らの関係もない。

エスタード紙: ベネズエラが独裁下にあるとお思いですか?

シケイラ党首: 選挙で選ばれた大統領を戴いてはいるが、実施は避けられないにしても選挙をしたというだけでベネズエラが民主的な体制だと保証するものではない。現在の同国には独裁政権に特徴的な状況がある。すなわち、政治家の逮捕と、表現の自由の欠如だ。私たちブラジル国民にとっても、このリスクがわずかながらも存在する。なぜなら民主主義を尊重せず、拷問官を称賛し、報道機関を追い出す人を大統領に選んだからだ。

エスタード紙: サンパウロ・フォーラムを脱退した理由は何でしょうか?

シケイラ党首: 3回前の会合から、PSBは参加していない。ラテンアメリカの社会主義政党はこのフォーラムを批判的にみている。参加当時、我々はIDを持っていなかった。結果的に我々は、実質的に部外者なのだから公式に脱退するほうが良いだろうと判断した。

エスタード紙: フォーラムに対する批判にはどのようなものがあるのでしょうか?

シケイラ党首: フォーラムの活動は非常に中央集権的で、ラテンアメリカの局面に関するより開かれた協議を認めなかった。我々はそこに落胆し、長らく距離を置いてきた。我々はこれまで、そこにとどまることのなく広範囲に関係を構築してきた。我々は、ドイツ社会民主党がコーディネートする社会主義政党と社会民主主義政党が連携する団体、プログレッシブアライアンスに加盟した。ブラジルからの加盟では、我々が最初の政党だった。また我々は、ラテンアメリカ社会主義者連帯(CSL)にも参画しており、これはPSBが長らく調整役を務め、ラテンアメリカの社会主義政党で構成されている。

エスタード紙: ベネズエラに対して何らかの立場をとるべきだという要求はありますか?

シケイラ党首: 党内外、そして社会からも、この政権と我々が無関係だということを示せと求める声があった。人権が誰か、左翼を名乗る人物により蹂躙されていることに、私たちは沈黙していいはずがない。人権が尊重されていない時には、誰がそれを欲しているのかには関係なく、我々は人権を擁護しなければならない。同じ理由から我々は、フアン・グアイドを大統領として認めなかった。また同じく、ベネズエラ国内の危機的状況についても、ジャイール・ボルソナロ大統領が示唆したようにブラジル、あるいはアメリカのような外国によって解決されるという意見にも賛同できない。ベネズエラ社会こそが、これらの問題に関する決定を下す必要がある。

エスタード紙: 労働者党(PT)はその反対の行動をしており、同党のグレイジ・ホフマン党首は、繰り返しマドゥロ体制を支持しています。これについてどのようにお考えでしょうか?

シケイラ党首: 我々は左派政党であるが、別の性質を持つ。私はPTについての意見は差し控える。これは、彼らの問題だ。

エスタード紙: ボルソナロ大統領は既に自身が再選に向けて立候補すると表明しています。それについてはどうお考えでしょうか?

シケイラ党首: 2020年に予定される大統領選について言及するのは時期尚早だと思う。というのも、それまでに別の選挙も控えている。ボルソナロは、大統領として立ち向かうべきただ一つの問題に取り組み終えることなく、この前振りを宣言するという取り組みを終えた。私は否定的に受け止める。なぜなら政党は、国家の問題に対する一つの解決法を見つけ出すことに専念すべきだからだ。(2019年9月4日付けエスタード紙)

 

「人権が誰か、左翼を名乗る人物により蹂躙されていることに、私たちは沈黙していいはずがない。人権が尊重されていない時には、誰がそれを欲しているのかには関係なく、我々は人権を擁護しなければならない」

 



2019/10/02 » 【新経済政策では小規模ビジネスに照準を合わせると経済省がコメント】
2019/09/12 » 【CPMF案で連邦収税局局長を罷免 連邦政府は連邦収税局執行部を入れ替えへ】
2019/09/10 » 論評【10年にわたって持続する工業の低迷】
2019/09/04 » 【「我々はボルソナロ候補をより厳しく批判すべきだった」とキム・カタギリ連邦下院議員】
2019/09/04 » 【「左派による人権侵害を目の当たりにして我々は沈黙してなどいられない」とブラジル社会党(PSB)のニカルロス・シケイラ党首】
2019/08/15 » 【2020年に世界経済の成長率が3%未満に後退へ】
2019/08/14 » 【連邦下院が煩雑な手続きを低減する暫定令の法案骨子を可決】
2019/08/13 » 【キルチネリズムの勝利がアルゼンチン市場をパニックに- ブラジル市場にも混乱が波及】
2019/08/02 » パラグアイ政府の「救済」に向けてボルソナロ大統領が譲歩
2019/07/21 » 【サンパウロ州内の工場閉鎖件数が過去10年で最大を記録 2019年1―5月に2,325社が姿を消す】
2019/07/18 » 【「ムードは広範な税制改革に好ましい状態」】
2019/07/18 » 論評【責任の分担】
2019/07/18 » 【メルコスールが国際ローミング料金の徴収終了を可決】
2019/07/11 » 【上院議員が地方自治体向けのPECを準備】
2019/07/02 » 【メルコスールとEUがFTAで合意 - ただし発効には国会の承認が必要】
2019/06/29 » 【メルコスールとEUの貿易協定は工業部門にとって勝利】
2019/06/29 » 【ブラジルのワイン生産者への減税も検討】
2019/06/28 » 【メルコスールとEUがFTA交渉をまとめ合意】
2019/06/27 » 論評【新しい政治】
2019/05/12 » コラム【玉磨かざれば光なし(不幸な事件とダークホース)】

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

Pdf「移転価格の観点からのブラジルOECD加盟に向けて」KPMG Brazil 移転価格グループのEdson Costaダイレクター(2019年10月9日)

Pdf経済省は新経済政策として小規模事業へのフォーカスを決定

Pdf「アルゼンチン大統領選挙直前の現地最新情勢について」ジェトロ・ブエノスアイレス事務所の紀井寿雄所長(2019年9月17日/18日)
 

Pdf「間接税の基礎」セミナー 課税・通関WGメンバーの安岡正哉氏(2019年8月29日)

 

2019年下期業種別部会長シンポジウム発表資料(2019年8月22日)

Pdf  金融部会    津田 双羅
   Pdf  金融部会 フェルナンド・オノラット・バルボーザ
Pdf  貿易部会    猪股 淳
Pdf  機械金属部会    山田 佳宏
Pdf 自動車部会    下村 セルソ
Pdf コンサルタント部会     吉田 幸司

Pdf  化学品部会     村松 正美
Pdf  電機・情報通信部会    小渕 洋
Pdf  食品部会     佐々木 達哉
Pdf  運輸サービス部会     湯原 慶
Pdf  生活産業部会     今川 尚彦

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料