Câmara do Japão
Português
検索: OK
(500)

ブラジル特集

検索期間を指定してください: OK
【アマゾン地域の逆境で中国系企業に想定外の事態】 2017/03/19

ベロ・モンテ水力発電所に関連した長距離送電線の建設を受注したSepcoが、工事を早急に完了して納入するため、新たな投資を迫られることになる。

中国の竜がアマゾン熱帯雨林で地団駄を踏んでいる。中国人エンジニアは不向きで不安定な状況の現地での作業に驚くようなことはなかったが、山東電力基本建設(Sepco)は、国内最大の送電事業となるベロ・モンテ水力発電所関連の長距離送電線で780kmの建設工事を受注するに当たって生じる責任を想像すらしなかった。

2016年末以来、同社は、毎年のようにブラジル北部で発生する集中豪雨によって、パラー州内の区間の建設工事の実質的な中断を余儀なくされている。

同じ中国資本の国家電網公司(State Grid)からの受注も含め、Sepcoは、シングー川に建設された水力発電所からサンパウロとの境界に位置するミナスジェライス州内陸部まで、2,100kmに及ぶ送電線の38%の建設を担っている。

Sepcoは、契約書に署名した2014年12月の時点で、現在直面しているような問題に対処しなければならないとは想定していなかったことを認める。粘土質の土壌を相手に建設作業は難易度が高く、最初の260kmの区間で大量のタワーを建設したことと相まって、投入された鋼材は当初同社が想定していた規模を64%も上回る7,298トンに達した。

「従って、コンクリートの量も同様に増加した。地域のアマゾン熱帯雨林の生い茂る植物の除去(森林の伐採)は、作業規模では、当初予算に対して2倍に達した」と、声明でSepcoは言う。

高電圧に対応したタワーとケーブルを現地に輸送する作業も当初の予想以上に困難で、ロジスティクスが状況を一層複雑にした。「幹線道路というものが存在せず、小型の車両が通行できるに過ぎない林道しかない」と、会社は指摘した。「12月から翌4月の雨季は、生産における最低限かつ容認できるペースを維持することも事実上不可能だ。雨季が終わると、すべての経路、被害を受けた多くの橋梁を修繕する必要が生じる」と、ブラジルにおけるSepcoのエンジニアで技術担当取締役は言う。

住民の反発

同社は更に、地域住民による抵抗にも直面している。「これほどの逆境だけでは足らず、当社は、設備の盗難や道路の封鎖、現場への従業員の出入りの阻止、建設のためのロジスティクスへの破壊工作など、地域住民の間断ない反発を受けている」。

こうして、市役所と州政府に対する告発にまで発展している。「地元民の利用も認めるために公道と位置付けられ、通常なら州政府の義務となる道路の建設も、Sepcoに義務付けられている」。

この結果、Sepcoには罰金が科された上、送電事業のコンセッショネア、ベロ・モンテ・トランスミッソーラ・デ・エネルジア(BMTE)からクレームを受け、2018年2月の稼働に向けたリスクを賞実勢内容、人員を増強して新規投資の推進を約束することになった。

(2017年3月19日エスタード紙に掲載)

 



2018/07/05 » テメル大統領が自動車産業の新しい産業政策のための暫定法(MP)に署名(2018年7月5日)
2018/05/24 » 【連邦政府が労働法の改正ポイントの法解釈を明示へ】
2018/05/16 » 日系進出企業シリーズ第52回 「NTTグループの ブラジルでのチャレンジ」 会報『ブラジル特報』 2018年5月号掲載
2018/04/01 » 【敗訴後に労働者が訴訟費用を支払う事態が既に出現】
2018/04/01 » インタビュー記事【「議論の足場とすべきは貿易の自由化」】
2018/04/01 » 【新労働法の施行を受け反倫理的行為にかかわる損害賠償と安全リスクに対する補償を求める訴訟が事実上姿を消す】
2017/12/11 » 論評【パンのない家では…】
2017/10/14 » 【予算法案がSシステムの収支の透明性確保に照準】
2017/09/30 » 論評【石油開発 PS契約かコンセッション契約か?】
2017/09/29 » 論評【為替のマントラ】
2017/09/22 » 論評【インフレのミステリー】
2017/08/31 » 【WTOが210億レアルの助成を見込む産業振興策を協定違反と認定】
2017/08/31 » 【2017年10月にイノヴァル・アウトを代替する自動車産業振興策を発表へ】
2017/08/01 » 労働制度改革:法改正で変わる13のポイント
2017/04/28 » 【労働制度改革で組合の環境も変化が必至】
2017/04/28 » 【労働問題の近代化】
2017/04/28 » 【特権法廷の終焉】
2017/04/27 » 【下院が労働改革法案を可決】
2017/04/19 » 【決断の時:競争力を確保するかZPEを消滅させるか】
2017/04/05 » 【輸出業者が「為替カルテル」による損失で数百億レアル規模の損害賠償を請求へ】

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー