Câmara do Japão
Português
検索: OK
(497)

投資

投資全般

                                       
                                                2009年のブラジルへの対内直接投資ランク

                                                   ランク     国名                投資額
                                                     1     オランダ            65億1500万ドル
                                                     2      米国                 49億 200万ドル
                                                     3      スペイン           34億2400万ドル
                                                     4      ドイツ               24億7300万ドル
                                                     5      フランス           21億4100万ドル
                                                     6      日本               16億7300万ドル
                                                     7      カナダ             13億7200万ドル
                                                     8      ケイマン島      10億9200万ドル
                                                     9     英国                10億3200万ドル
                                                   10     チリ                 10億2700万ドル

                                                                                 出所-中銀

Pdfブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

Pdfブラジル投資ガイダンス

ブラジルの最近の投資傾向

ブラジル通貨レアルが2004年中頃から急上昇してきており、対米ドルでの為替レートは2005年平均の2.43レアル/ドルから2006年平均では2.17レアル/ドルと僅かに1年間で10.7%上昇したが、3月上旬には外貨準備高が1,000億ドルを超える予想で、また好調な貿易収支黒字や中銀によるドル介入などの要因で更なるドルの流入でレアル値の上昇が見込まれている。

レアルが最安値をつけたルーラ政権誕生直前の2002年10月時点と比べると倍近い貨幣価値となっており、レアル高の背景には2007年1月時点での政策金利(Selic)が実質世界一の13%を保っていることが、まだまだ海外の投資家の関心を集めている。ブラジル中銀はインフレ再燃の可能性が少なくなってきているが、インフレ対策に重点を置いており、2005年9月以降毎月連続で金利を下げてきているが、金利の下げ幅は0.5%~0.25%と小幅であり、政界や経済界からの圧力が厳しいにも関わらず慎重な金利政策を続行している。

金利の利下げ効果で金利に敏感に反応する住宅投資、耐久消費財や企業の設備投資などの内需は回復傾向となってきているが、レアル通貨の上昇で国際コモデティー商品であり、ブラジルの輸出に占める割合が未だに大きい穀物や天然資源の輸出競争力が落ちてきている。

中国やインドなどのエマージング諸国の高い経済成長で世界的に資源需要は拡大傾向にあるが、レアル高の進行で輸出の伸びは鈍化してきており、GDPベースの実質輸出は2004年頃から減速基調で推移してきている。

しかしレアル高のシナリオを背景に、ブラジル企業の海外直接投資が活発化してきており、他のBRICs諸国との国際競争に勝つために、ブラジルの大企業は外国企業の買収や合併に目を向けており、レアル通貨上昇は、更にブラジル企業が外国企業のM&Aをするうえで非常に有利に働いてきており、国際収支統計では、2006年のブラジルの対外直接投資額は272.5億ドルと2005年に比べて11倍近い増加を記録、2006年の対外直接投資額は対内直接投資額227億900万ドルを初めて上回った。

最近のブラジル企業による海外M&Aでは、ブラジルの鉄鉱石などの資源最大手企業のヴァーレ・ド・リオド-セ社は、2007年1月にカナダのニッケル大手インコを約176億ドルで買収、これによってオーストラリアのBHPビリトン社に次ぐ世界第2位の鉱山会社となり、ニッケルの生産量に限ってみれば2011年までに世界最大となる見通しであり、鉄鉱石以外のポートフォーリオを進めており、2月末には6億5,000万ドルでオーストラリアの石炭鉱山AMCI社も買収した。

出所-エスタード紙などから抜粋(2007年2月)


海外からの直接投資の推移

年度 年累計(100万ドル)
1999年 31,372
2000年 33,403
2001年 21,093
2002年 18,960
2003年 13,087
2004年 20,542
2005年 22,043
2006年 22,706

出所-中銀


国別の海外からの直接投資(2006年度)

  2006年
国名 投資額
オランダ 3,495
ドイツ 848
米国 4,433
スペイン 1,514
コロンビア 232
ルクセンブルグ 745
ノルウエー 339
オーストラリア 117
ポルトガル 300
ケイマン諸島(英) 1,974
スイス 1,631
日本 648
バハマ諸島 63
パナマ 139
イタリア 201
英国 395
その他 5,151
外国投資計 22,225

注 100万ドル以下の投資は含まない      出所-ブラジル中央銀行(2007年2月)


 

国別の海外からの直接投資推移

  2002年 2003年 2004年   対2003年比
  投資額 投資額 投資額 構成比 伸び率
オランダ 3,372 1,444 7,705 38.0 433.5
米国 2,614 2,383 4,017 19.8 68.6
ケイマン諸島(英) 1,555 1,909 1,482 7.3 △ 22.4
スペイン 587 710 1,054 5.2 48.6
ドイツ 628 506 795 3.9 57.1
ルクセンブルク 1,013 238 747 3.7 214.0
カナダ 989 117 592 2.9 407.4
ポルトガル 1,019 202 571 2.8 182.4
フランス 1,815 825 486 2.4 △ 41.0
イタリア 473 390 429 2.1 9.9
スイス 347 336 364 1.8 8.3
英国 475 253 275 1.4 8.7
バージン諸島(英) 501 550 245 1.2 △ 55.4
日本 504 1,368 243 1.2 △ 82.2
バミューダ 1,469 630 211 1.0 △ 66.6
ウルグアイ 237 154 161 0.8 4.6
その他 1,180 888 887 4.4 △ 0.1
外国投資計 18,778 12,902 20,265 100.0 57.1

注 不動産投資、100万ドル以下の投資は含まない    出所ブラジル中央銀行 2006年9月


 

ブラジルの国別対外直接投資

  2006年
国名 投資額
ケイマン諸島(英) 3,196
ヴァージン諸島(英) 487
アルゼンチン 1,309
バハマ諸島 1,398
オーストリア 26
米国 841
オランダ 301
パナマ 48
ウルグアイ 158
ペルー 27
日本 -
カナダ 14,516
メキシコ 8
ドイツ 1
アンチーリャス諸島(蘭) 2
ベリーズ 3
その他 773
外国投資計 23,094

(単位:100万ドル,%)

出所-ブラジル中央銀行

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー