Câmara do Japão
Português
検索: OK
(546)

メルコスール

メルコスール旗南米域内での関税撤廃と貿易自由化を目的として、1991年のアスンシオ ン条約により、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルの4カ国で1995年に発足した関税同盟である。加盟国は2004年12月以降アンデス共同市場(アンデ ス共同体)と相互に準加盟の形で協力関係にあり南米共同体の実現に向けて活動中である。

2005年発足予定であった米国主導の米州自由貿易地 域 (FTAA) 計画に先行するものとみる期待もあったが、2005年11月4日、5日にマル・デル・プラタで開かれた第4回米州首脳会議で、当時のメルコスール諸国とベ ネスエラの反対でFTAA計画は頓挫している。この後にベネスエラがメルコスールへの加盟を表明した。

ベネズエラを加えて、南米全体の人口の約7割に当たる2憶6千万人、国内総生産全体の75%を占めることになった。ベネズエラと他の加盟国との間の貿易関税は2010年から2013年にかけて撤廃される予定である。

 

加盟国

  • ベネズエラ 2006年7月4日、ベネズエラの首都カラカスで臨時首脳会議が開かれ、正式加盟に当たっての議定書が調印された。
  • ブラジル
  • パラグアイ
  • ウルグアイ
  • アルゼンチン

準加盟国

  • コロンビア
  • エクアドル
  • ペルー
  • ボリビア ※正式加入を宣言
  • チリ

沿革

  • 1991年 共同体市場創設(メルコスール発足)を目標とするアスンシオン条約が締結
  • 1995年1月 ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイの4カ国で発足
  • 1996年 チリが準加盟国入り
  • 1997年 ボリビアが準加盟国入り
  • 2000年4月 メルコスール会合において、将来的な共通通貨の創設を発表
  • 2003年11月 ペルーが準加盟国入り
  • 2004年7月 ベネズエラ、コロンビアが準加盟国入り
  • 2004年 エクアドルが準加盟国入り

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー