Câmara do Japão
Português
検索: OK
(526)

化学・石油化学

化学・石油化学

2008年のブラジルの化学業界全体の売上高は前年比10.6%増加の2,223億レアル、ドル換算の売上高は前年比17.9%増加の1,220億ドルで記録を更新、輸出は11.3%増加の118,9億ドルと大幅に増加した。しかし、輸入は46.6%と大幅増加の350,9億ドルに達した。従って化学業界の貿易赤字は前年の132,5億ドルから232億ドルに悪化した。ブラジルの2008年のGDPは第3四半期での大幅な下落にも関わらず、5.1%増加した。


昨年9月中旬から始まった世界金融危機はブラジルの化学業界に悪影響、化学製品の消費はアメリカ、ヨーロッパ、アジア、特に中国で減少に転じた。また、原油やナフサ等の主原材料の国際コモディティ製品の価格下落が化学製品の下落に大きく影響、ブラジルは輸入化学原材料に強く依存しているため、2008年の最終四半期の結果を悪化させた。

 

 

化学工業はサービス及び農業を含む多岐に亘る部門で使用され、経済活動の発展のために顕著な役割を果たしており、ブラジル地理統計院(IBGE)の最終データによると、2008年のGDPで化学工業のシェアは3.1%を占め、2006年度の化学部門は3位で製造業のGDPの約10.82%を占めている。

 

 

ブラジルの総計GDPでの化学業界のシェアの推移(%)

化学業界がブラジルのGDPに占める重要性は付加価値コンセプトであり、2008年度の化学業界のGDPへの比率は下記のように計算される。

 

(1220億ドルx0.40)/1兆5733億2000万ドル=GDPの3.1%

 

 

工業用化学製品の売上高は1123億レアル(612億ドルに相当)、2008年度での化学業界の純売上高の50%を占めた。医薬品分野の売上高は310億レアル(171億ドル)でシェアは14%を占めた。他の分野は合計の36%を達した。1990年から2008年までの化学業界の分野毎のデータは下記のとおりで表示さる。

 

 

ブラジルの化学業界の売上高(1990年~2008年)

                                                                             単位 10億レアル

(単位 10億ドル)

 

セクター別の売上げの推移

売上高の推移(1995年~2008年)

                                 (出所)ブラジル化学工業会ーABIQUIM

 

2005年の化学工業は工業用化学製品販売が15.4%増加で695億ドル売り上げたが、レアルでは前年比マイナス3.9%の1693億レアルであった。工業用化学製品の占める割合は56.3%の391億ドルを記録、医薬品9.2%、化学肥料・調味料5.3%、衛生用品・香水・化粧品5.5%、農薬4.0%、石鹸・洗剤2.5%、塗料・ベンジン1.9%、その他2.0%であった。

化学品セクター内訳

1990年から2005年の化学製品の消費量は年平均3.8%増加の74.97%増加を記録したが、輸入化学製品は年平均11.55%増加、この15年間では415.35%を記録したが、この間の国内メーカーの年平均増加率は2.74%で49.4%の増加に留まっている。

 

化学製品 売り上げ推移

 

2005年の国内の工業用化学製品価格は13.2%下落、化学製品の輸出額は前年比24.6%増加の73億ドル、輸出量では11.9%増加したが、輸入は石油価格の高騰で原材料費が上がり、153億ドルで前年比5.3%増加であったが、輸入量は18.2%増加の1970万トンであった。貿易収支は79億ドルの赤字を計上している。

輸入化学製品が2005年のブラジル輸入総額736億ドルに占める割合は20.8%、輸出総額1183億ドルの6.2%をそれぞれ占めた。輸出先ではメルコスール域内のアルゼンチン、ウルグアイ及びパラグアイ向けが前年比19.3%増加の20億ドルで輸出総額の28%を占めた。特にアルゼンチン向けが前年比15.4%増加の13億ドルで貿易収支は3億3200万ドルの黒字であったが、アルゼンチンからは5億9060万ドルのナフタを輸入している。 また米国、カナダ及びメキシコ向けの輸出は37.3%増加の15億ドルで輸出比率の21%を占めた。

 

 

2005年度ブラジルの化学工業の売上げは695億ドルで世界9位にランクされている。

 

化学工業売上高世界ランキング

1位 米国 5580
2位 日本 2700
3位 中国 2230
4位 ドイツ 1900
5位 フランス 1200
6位 韓国 980
7位 英国 970
8位 イタリア 950
9位 ブラジル 700
10位 インド 680
11位 スペイン 540
(単位10億ドル)

出所‐ブラジル化学工業会Abuquim 2006年9月

 

石油化学

現在、ブラジルには3つの石油化学コンビナートがあり、それぞれ、バイーア州(北東部)、リオ・グランデ・ド・スール州(南部)、そして、サン・パウロ州(南東部)に建設されています。これらのコンビナートによるエチレンの生産能力は、合計で年産140万トンに達しています。

 

エタノール工業

ブラジルの石油消費と原油生産のバランスをとるために、1960年代後半から1970年代前半にかけて、石油ショックなどの影響で石油代替燃料の研究が盛んに行われ、その結果、サトウキビから抽出されたエタノールが選ばれ、ガソリンに代わる燃料としてエタノール使用及び工業用エタノールの増産をうたった国家アルコール計画(PROALCOOL)が1975年に策定された。
国家アルコール計画が施行されてから1985年までの10年間に約65億ドルが投資され、130億ガロン(約500億リットル)のエタノールが生産されました。また、約50万人分の仕事が新たに生み出され、250万台の自動車がアルコール燃料使用車となりました。ブラジルのガソリンスタンドの全てのガソリンには、エタノールが20%混合されている。
現在、ブラジルは年間160億リットルのエタノール生産を維持できる技術と設備を備え、高い技術力や設備、サービスの輸出もしている。国家アルコール計画は自動車の一酸化炭素の排出量を大きく削減し、国の環境保全に寄与しています。現在、国内で走行する自動車は、ガソール車(純粋ガソリンと無水エタノール22%を混ぜたもの)が72.3%、エタノール車が18.9%、ディーゼル車が8.8%となっています。

2006年9月

関連記事

2016年の薬局の医薬品販売は前年比11.0%増加に留まる

ブラスケン社は米国で新工場建設か

今年第1四半期のジェネリック医薬品の販売は駆け込み需要で18.7%増加

特許切れでジェネリック医薬品業界の売上は年間6億1,500万レアル増加予想

ブラスケン社はシェールガス輸入でペトロブラスの依存度を下げる

ダウ・デュポン統合で世界の化学業界再編か

世界的な医薬品業界再編がブラジルでも開始

ペトロブラスは肥料工場建設で海外投資家を受け入れ

2015年のブラジル医薬品業界の売り上げは1,320億レアルを予想

【ANPがローカル・コンテンツ規定を変更せず】

石油化学会社ブラスケンは国内向け樹脂価格を値上げ

中国化工集団はイタリアのタイヤ大手ピレリを買収

過去12カ月間の化学製品の貿易収支は315億ドルの赤字を計上

米国大手薬局チェーンはBR Pharmaと買収交渉

バイエル社はプラスチック事業マテリアルサイエンスを売却か

今年初めの5カ月間の化学製品生産は内需減少で7.07%減少

シェールガスは世界の石油化学工業の地図を塗り替える可能性

ブラスケンは米国でシェールガスによるポリエチレンを生産

ブラスケン社はプラスティック樹脂を値上げか

2014年のプラスティック生産は2.0%増加予想

今年11カ月間のブラジル国内のタイヤ生産は9.2%増加の6,340万本

化学工業会の今後4年間の投資は109億ドル

今年の化学工業製品の貿易赤字は322億ドルを予想

MIP Brasil Farmaは市販薬市場に参入

化学製品の輸入価格が高騰

化学工業部門の貿易収支赤字が拡大

今年のプラスティック業界の売上は6.6%増加を予想

化粧品関連の貿易赤字が3倍に増加

国内の石油化学工業部門は総額80億ドルに達する投資計画を先送り

今年の石油化学部門の貿易赤字は281億ドル

ブラスケン社はポリエチレン価格を20%以上値上げ

Comperj製油所建設が大幅に遅れている

ペトロブラスは製油所プランを変更

昨年の化学工業部門の貿易赤字は259億ドル

BNDES銀行は25%資本参加してBioBrasilを設立

今年の化学・石油化学部門の売上は2,619億レアルを予想

今年のガソリン輸入は昨年の5倍

ブラスケンはペルー南部で石油コンビナート建設か

BNDES銀行はブラスケン社の24億レアルのクレジット承認

スイス資本の大手Novartis社が3億ドルを投資してワクチン製造

ペトロブラスの投資が45億レアル減少

2015年までの化学・石油化学部門の投資は250億ドル

人件費高騰でオートメーション化を促進

ブラスケン社はダウケミカルの4工場買収で世界5指に

ブラスケンは米国並びにメキシコで増産

ボンブリウはコスメティック業界に参入

ブラジルの香水やコロンの市場規模は世界トップ

再生可能なバイオプラスティック消費が拡大

Comperjコンビナートは岩塩層下原油を活用

ブラスケンはPVC増産で10億レアル投資

ブラスケンはタイヤ用合成ゴム生産に3億レアルを投資

原油価格上昇に伴ってナフサ価格が上昇

Cebraceは2億ドルを板ガラス生産に投資

ブラスケンは更にバイオプラスチック工場を建設

ファイザーは40億レアルで Teutoのに40%資本参加

再生可能プラスチック生産でエタノールの需要が増加

今年のプラスチック生産は10%増加か

ペトロブラスの時価総額はGDP比10%に増加

クアトールを吸収合併したブラスケンは世界11位

再生可能なプラスティック樹脂生産プロジェクトが再開

化学肥料工場建設でミナス州と南マット・グロッソ州が誘致合戦

EMS製薬はジェネリックでトップを狙う

ブラスケンはメキシコで石油コンビナート建設

ブラスケンはQuattor社を買収か

Comperj石油コンビナートにアジア企業参加の可能性

昨年のブラジルの農薬消費は71億ドルで世界最大市場

Pfizerは新興国で買収案件にターゲットを絞る

ジェネリック医薬品販売は19.4%増加

ドル高の為替でブラスケンは赤字に転落

ジェネリック医薬品販売が好調

昨年末のタイヤ生産は45%と大幅に減少

ナフサ価格は2ヶ月間で56.8%低下

化粧品業界は来年も二桁成長が見込まれる

ジェネリック医薬品販売が好調

化学工業部門の貿易赤字が83%増加

ミシュランはタイヤ増産で投資変更しない

ブラスケンはエタノール原料のプラスティック樹脂計画続行

ペットボトルの53.5%がリサイクルされている

Raia薬局チェーンは資本30%をファンドに譲渡

衛生・化粧品部門の売上好調

輸入DOPPフィルムがドーピングの疑い

包装関連の輸出は好調

ペトロブラスの石油化学コンビナートにインド企業が参加

石油価格高騰で肥料会社の利益が急上昇

グッドイヤーは2億ドルを投資してタイヤ増産

連邦政府は化学肥料の国内自給達成に拍車

PACと地方統一選挙でアスファルト需要拡大

ツバロン製鉄は鉄鋼スラグから代替石灰を商業化

コピー医薬品で年間60億レアルの損害

ブンゲは32億レアルを肥料関連に投資

ドル安で医薬品の輸入が急増

包装・パッキング部門は稼働率ピーク

ドイツ企業が合成ゴム製造メーカを買収

ダウケミカルはブラジルの2工場を閉鎖

石油化学工業再興にICMS税を減税

ナフサ価格が700ドルを突破

ペトロブラスはスザノ石油化学を買収

ダウケミカルがブラジルでバイオポリエチレン樹脂生産

ブラジルはワクチン製造会社誘致合戦に参加