Câmara do Japão
Português
検索: OK
(533)

指標・政策

零細・小企業向けスーパーシンプル税法改正の相違点比較

改正点 シンプル税制 スーパーシンプル税制
税種類 連邦税 連邦税、州税、市税を統一
適応企業規模 年商24万レアルまでの零細企業
年商24万レアル以上から240万レアルまでの小企業
シンプル税制と同じだが、AC州,RO,RR,AP,TO,RN,PI,MA,PB,AL,SE州は120万レアル、AM,PA,PE,CE,ES,MT,GOは240万レアルまで
企業設立/閉鎖 90種類の書類を10期間に申請、認可平均日数は152日 全国法人登録台帳(CNPJ)に連動
3年間企業活動停止企業は閉鎖できる
加入可能業種 工業及び商業 工業、商業、サービス業(会計事務所、語学や技術学校、警備、建設会社等)
州税、市税の計算法が違う 連邦税はIRPJ,PIS,Cofins,IPI,CSL,INSSの一括支払い、州税ICMS,市税ISS
輸出 優遇税制なし 免税
入札 優遇策なし 8万レアルまでの入札で優遇策

出所-2007年6月29日付けエスタード紙

関連記事

5月のサービス部門提供量は前月比マイナス0.9%と4か月連続で前月割れを記録(2020年7月10日付けヴァロール紙/IBGEサイトから抜粋)

履物業界は給与関連減税措置の中止は1万5,000人の失業に繋がると指摘(2020年7月9日のヴァロール紙)

今年5月の製造業部門売上は11.4%増加を記録(2020年7月6日付けヴァロール紙)

5月の鉱工業部門生産は7.0%の大幅増加を記録(2020年7月2日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)

今年3月~5月の月間平均失業率は12.9%に急増(2020年6月30日付けヴァロール紙)

今年5月の正規雇用の失業者は33万1,901人(2020年6月29日付けヴァロール紙)

5月の中央政府の財政プライマリー収支赤字は1,260億レアルで過去最悪を記録(2020年6月29日付けエスタード紙)

上院議会は上下水道関連のフレームワーク改正を承認(2020年6月24日付けエスタード紙)

今年5月の経常収支黒字は予想を下回る13億ドルに留まる(2020年6月24日付けヴァロール紙)

今年5月の対内債務残高は2.17%増加の4兆2,500億レアル(2020年6月24日付けヴァロール紙)

今年5月の国庫庁の国債発行残高は7億6,000万レアル(2020年6月23日付けヴァロール紙)

最終フォーカスレポートでは、今年のGDP伸び率をマイナス6.50%に修正(2020年6月22日付けエスタード紙)

70%の零細・小企業は運転資金向けクレジット調達に苦慮(2020年6月22日付けヴァロール紙)

COVID-19パンデミック終焉後の課題は雇用創出(2020年6月22日付けエスタード紙)

今年のブラジルのGDP伸び率は、サービス部門が牽引してマイナス6.5%予想(2020年6月18日付けエスタード紙)

連邦政府はCOVID-19パンデミック対策予算の43%を既に支出(2020年6月19日付けヴァロール紙)

今年4月のサービス部門はパンデミック危機の影響で、前月比では二桁減少のマイナス11.7%を記録(2020年6月17日付けエスタード紙)

4月の経済活動指数(IBC-Br)はCOVID-19パンデミック危機の影響でマイナス9.73%(2020年6月18日付けエスタード紙)

5月第1週と最終週の失業率は10.8%の二桁増加(2020年6月16日付けヴァロール紙)

今年5月の国庫庁の歳入総額はCOVID-19パンデミック危機対応の救済措置による臨時歳出で31%減少(2020年6月16日付けヴァロール紙)

今年の失業率は14.0%突破予想(2020年6月15日付けエスタード紙)

次回の通貨政策委員会では、ほぼ全会一致でのSelic金利の2.25%への引下げ予想(2020年6月11日付けヴァロール紙)

5月のインフレ指数は1980年以降では最大のデフレのマイナス0.38%を記録(2020年6月10日付けヴァロール紙)

今年4月のサンパウロ州の鉱工業部門生産はマイナス23.2%で最高の落込みを記録(2020年6月9日付けエスタード紙)

今年5月の失業保険申請は53%増加の96万件(2020年6月9日付けエスタード紙)

世銀は今年のブラジルのGDP伸び率をマイナス8.0%と過去120年間で最大の落込み予想(2020年6月8日付けエスタード紙)

今後3か月間の従業員解雇が加速予想(2020年6月6日付けエスタード紙)

中銀の最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.48%に下方修正(2020年6月8日付けエスタード紙)

パンデミック危機で民間企業従業員の雇用や所得減少で、今年のINSSの赤字は2,770億レアルを突破か(2020年6月4日付けヴァロール紙)

今年4月の鉱工業部門生産は過去18年間で最悪のマイナス18.8%を記録(2020年6月3日付けエスタード紙)

最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.25%に下方修正(2020年6月1日付けエスタード紙)

不透明なCOVID-19パンデミック終焉や政治混乱で第2四半期のGDP伸び率は弱い回復予想(2020年6月1日付けヴァロール紙)

COVID-19パンデミック危機の影響で、今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス1.5%を記録(2020年5月29日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)

4月の中央政府の財政プライマリー収支は929億レアルの赤字計上(2020年5月28日付けヴァロール紙)

パンデミック危機はブラジル国内で110万人の正規雇用を奪う(2020年5月27日付けエスタード紙)

今年4月の連邦政府の対内公的債務残高は1.28%減少の4兆1,600億レアル(2020年5月27日付けヴァロール紙)

COVID-19パンデミックが第1四半期の国内総生産を壊滅(2020年5月26日付けエスタード紙)

新型コロナウイルスのパンデミック危機で民事更生法申請が拡大予想(2020年5月20日付けエスタード紙)

COVID-19の影響で今年4月の国庫庁の歳入は過去最低(2020年5月20日付けエスタード紙)

今年のGDP伸び率はマイナス5.4%も経済リセッションはそれ以上と予想(2020年5月20日付けヴァロール紙)

新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた労働訴訟は全体の20%を占めている(2020年5月20日付けエスタード紙)

512万世帯がファヴェーラでの住居を余儀なくされている(2020年5月19日付けヴァロール紙)

今年第1四半期の労働収入のない無収入家庭が6.5%増加(2020年5月19日付けエスタード紙)

新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、今年の財政プライマリー収支はGDP比9.0%の6,500億レアルの赤字予想(2020年5月18日付けエスタード紙)

コロナウイルス感染で製造業部門の70%は売上減少を余儀なくされている(2020年5月14日付けエスタード紙)

【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)

今年3月のサービス部門販売量はマイナス6.9%を記録(2020年5月12日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)

最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.11%に下方修正(2020年5月11日付けエスタード紙)

4月の失業保険申請件数は前年同月比22.1%増加(2020年5月11日付けエスタード紙)

暫定令MP944号による法人向け人件費向け低利子クレジット枠利用は僅か1.0%に留まっている(2020年5月8日付けエスタード紙)

パンデミック危機でブラジル人の40%は収入の全て若しくは一部を損失とCNIは指摘(2020年5月7日付けエスタード紙)

ブラジル人の半数は1日当たり15レアル以下の耐乏生活を余儀なくされている(2020年5月6日付けエスタード紙)

パンデミック危機で今年3月の鉱工業部門生産は前月比マイナス9.1%、3月としては2002年以降で最悪(2020年5月5日付けエスタード紙)

新型コロナウイル危機は電力料金軽減拡大(2020年5月4日付けエスタード紙サイト)

コロナウイルのパンデミック危機で、今年の財政プライマリー収支は6,000億レアルの赤字予想(2020年4月29日付けエスタード紙)

コロナウイルのパンデミックで影響を受ける主産業部門の負債は9,000億レアル(2020年4月29日付けエスタード紙)

COVID-19の感染でSTFが労災に認定可能な場合もあると判断(2020年4月30日付けバロール紙)

今年第1四半期の平均失業率は12.2%に上昇(2020年4月30日付けエスタード紙)

2020年4月27日発表の最新のFocusが11週連続でGDPの見通しを下方修正(2020年4月28日付けバロール紙)

2021年末までの公務員の給与凍結は1,790億レアルの歳出削減効果と経済班は胸算用(2020年4月27日付けエスタード紙サイトより抜粋)

アルゼンチンのメルコスール離脱は、加盟国の個々の貿易協定締結に追い風

政治経済危機で今年の財政赤字は記録更新か

今年第1四半期の経常収支赤字は152億ドルで過去5年間で最悪

3月の歳入総額は1,097億レアルで過去10年間で最低

多くの企業はパンデミック危機終焉後の準備委員会設立

連邦政府は地方政府公務員の2年間給与凍結で更なる支援を約束

ICMSの滞納に対する罰金課徴を禁じるTJSPの差し止め命令をSTFが無効と判断(2020年4月22日付けバロール紙)

マイナス経済成長は民事更生法申請件数の記録更新に繋がるか

暫定令で柔軟な行政グループによるCOVID-19対策品の共同調達が可能に(2020年4月20日付けバロール紙)

パンデミックによりブラジルで1,500万人が貧困層に転落と世銀が試算(2020年4月20日付バロール紙)

新型コロナウイルス危機で公共サービス料金カットが国会での焦点

連邦政府は2023年迄の10年間の財政赤字予想

新型コロナウイルスのパンデミックで、世界経済は1929年の世界大恐慌以来の経済リセッションに陥落か

新型コロナウイルスは消費者及び経営者の景況感指数の記録的下落要因

下院議会はcovid-19インパクト緩和で地方政府に900億レアル注入承認

新型コロナウイルス危機で今年の財政赤字は過去最悪か

新型コロナウイルスパンデミック期間の生活必須サービス停止は非人道的

パンデミックの雇用維持対策の労使合意が100万件超(2020年4月14日付けバロール紙)

世界銀行は今年のブラジルのGDP伸び率をマイナス5.0%と予想

新型コロナウイルス感染拡大は半数のブラジル人を直撃

covid-19パンデミック危機で小規模事業主の90%は売上減少

クアレンテーナがマナウスフリーゾーンを直撃

今年2月のサービス部門はマイナス1.0%

州政府救済プログラムの緊急支出は650億レアルか

パンデミック救済でCPRBとFunruralの支払期日を延期(2020年4月8日付バロール・オンライン)

Lorenzoni市民相は 緊急補助金政策の補助金支給は7日から開始

企業支援対策の遅れるサンパウロ市で市税のISSとIPTUに対する納付期日の先送りを認める判決(2020年4月7日付けバロール紙)

今年の地方政府の財政プライマリー収支は440億レアルの赤字予想

新型コロナウイルスパンデミック終焉後の業界の回復速度に違い

ゲーデス経済相は公務員のサラリー凍結を支持

裁判所がICMS納付期日の延期を求めるFiespの申し立てを棄却(2020年4月3日付けバロール紙)

正規雇用者向け緊急救済プログラムが与える影響

今年2月の歳入総額は2.71%減少の1,164億3,000万レアル

今年の財政プライマリー収支赤字はGDP比5.5%予想

納税期日の延期などCOVID-19危機への経済・雇用対策を連邦政府が発表(2020年4月2日付けバロール紙)

ICMSの支払い期日の延長要請で企業側が新たな根拠を提示(2020年4月2日付けバロール紙)

今年2月の鉱工業部門生産は前月比0.5%増加

新型コロナウイルス対応財政支出はGDP比2.6%

今年2月の四半期の平均失業率は11.6%に上昇

検疫隔離措置実施に伴い業務に支障が発生した企業に裁判所がICMSの納付期日延期の判決(2020年4月1日付けバロール紙)

暫定令で株主総会の最大7か月延期を容認(2020年3月31日付けバロール・オンライン)

2020年に新型コロナウイルス対策により政府総債務残高がGDP比90%超に拡大へ(2020年3月31日付けバロール紙)

今年の財政プライマリー収支は、3,500億レアルを上回る赤字か

上院議会は600レアルの緊急補助金支出承認

PECにより「財政の絶対原則」を緩和しパンデミック対策を推進へ(3月30日付けバロール紙)

上場企業の半数は3か月間売り上げなしでも運転資金に余裕

中銀は新型コロナウイルスの影響で今年のGDP伸び率ゼロに修正

上場大手の85%が給与支払総額の1年分以上の内部留保でウイルス危機に対処(2020年3月27日付けバロール紙)

COVID-19対策費の一助に連邦政府経済スタッフが全公務員の給与削減を希望(2020年3月27日付けバロール紙)

下院議会は非正規雇用者やBPC受給申請者に月額600レアル支給承認

新型コロナウイルスが産業界に与える損害総額は3,200億レアル、650万人の失業者

ゲーデス経済相チームは4月7日からの「外出自粛処置」緩和を見込んでいる

今年初め2か月間のブラジルの経常収支は、過去5年で最悪の157億ドルの赤字計上

新型コロナウイルスの影響で弁護士事務所に契約変更の相談が殺到(2020年3月25日付けバロール紙)

エコノミストは過剰債務にもかかわらず、財政支出増加に余裕があると指摘

最終フォーカスレポートは2020年のGDP伸び率を前回予想の1.68%から1.48%に下方修正

企業家達は“マーシャルプラン”導入を要求、XPは失業者が4000万人に達すると予想

企業の解雇発表が始まる 給与削減には補償へ

財政目標の修正を経済省が検討

2019年のブラジルのGDP伸び率は1.1%増加に留まる

経済相は財・サービス納付金(CBS)の税率は3種類で調整

INSSの給付手続き遅れで特に高齢者や障害者にダメージ

今年1月の失業率は11.2%に減少

今年1月の財政プライマリー収支は441億レアルを記録

昨年の一般家庭消費拡大も投資は低迷

ボルソナロ大統領は不必要な国家公務員採用試験はしないと断言

昨年の経済活動指数(IBC-Br)は僅か0.87%増加

昨年の非正規雇用比率は41.1%と過去最高

ブラジル製造業界は韓国とメルコスールFTAに危機感

ボルソナロ大統領の行政改革法案先延ばしは持続経済成長に足枷

今年のGDP伸び率が経済リセッション前を上回るのは12州政府か

今年の連邦政府所有の資産売却は30億レアルか

Selic金利減少に伴って昨年の対内債務残高の利払いは689億レアル減少

ゲーデス経済相は、個人所得税減税見返りに悪習慣税とデジタル税課税

中国の新型コロナウイルス発生はブラジルの国内製造業部門に波及開始か

2019年の鉱工業生産は前年比マイナス1.1%

昨年の名目公的債務残高はGDP比75.8%と過去6年間で最低

ボルソナロ政権初年度の歳出分配は教育省カットに対して防衛省増加

昨年の財政フライマリー収支赤字は950億レアルに留まった

今年のサンパウロ市の民営化案件で45億レアル調達か

企業経営者の投資意欲指数は過去6年間で最高に上昇

昨年の経常収支赤字は511億ドルと過去4年間で最高の赤字計上

昨年のブラジルスタートアップ企業への投資は27億ドル

行政改革は連邦公務員以外に地方政府公務員も対象

ボルソナロ政権の初年度の正規雇用は過去6年間で最高

ゲーデス経済相は、健康阻害に繋がる「悪習慣」税を検討

昨年の国庫庁の歳入総額は過去5年間で最高

今年第1四半期の製造業部門の企業経営者の景況感が上昇

ブラジルはWTO政府調達協定(GPA)導入か

2020年第1四半期のGDP伸び率は僅か0.2%増加予想

経済リセッション期間の2015年~2018年の1日当たりの工場閉鎖は17件

税制改革で初年度のサンパウロ州の歳入総額は212億レアル減少

サリン・マタール民営化長官は1,500億レアルに達する民営化計画を発表

今年初め10日間の市町村向け交付金は10.7%減少

2019年11月のサービス部門生産は前月比マイナス0.1%

昨年11月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.2%

連邦政府は120万件に及ぶ年金・恩給受給審査でタスクフォース組成

各州政府は燃料関連ICMS税引下げに挙って反対

2020年の対内債務残高は新興国平均まで低下予想

今年11月の正規雇用は予想の2倍に相当する9万9,200人を記録

今年11月の国庫庁の歳入は、顕著な経済回復基調で2014年以降最高

中銀は2020年のGDP伸び率は民間投資牽引で1.8%から2.2%に上方修正

来年上半期の税制改革案承認を最優先

2018年の労働組合員155万人が組合を脱退

ブラジル全国工業連盟(CNI)は2020年のGDP伸び率を2.5%予想

2020年度の予算は国会で承認

連邦政府は地方政府の借金救済で71億5,000万レアル支出

今年10月の経済活動指数(IBC-Br)は0.17%増加に留まる

財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給

州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加

トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か

今年10月の財政プライマリー収支は94億レアルの黒字計上

非正規雇用は労働人口の41.2%を占める

ブラジルコストはGDP比22%に相当

ゲデス経済相のAI5発言でドルが4.24レアルに高騰

インダストリー4.0促進プログラム採用が大幅遅延

今年10月の経常収支赤字は2014年以降で最悪

デジタルテクノロジー部門の人材不足が顕著

今年10月の設備稼働率は過去5年間で最高

防衛省並びに教育省へ厚めの予算配分

今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ

今年10月の国庫庁の歳入総額は1,350億レアル

税制改革立案で上下院合同委員会設置

今後4年間で税制優遇政策を大幅にカット

今年の連邦政府の財政プライマリー収支赤字は800億レアル以下予想

4段階での税制改革案を国会に提出か

新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む

180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表

今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%

経常収支悪化と金融投資逃避はドル高の為替要因

ゲーデス経済相の改革プランは公共支出ロジック変更を模索

民間部門牽引で2020年のGDP伸び率を2.5%に引上げ

低所得層対象の新雇用促進制度導入か

今年第3四半期の鉱工業生産は前月比僅か0.3%増加

来年の財政プライマリー収支は予想を上回る臨時歳入にも関わらず、据置か

ゲーデス経済相は財政再建政策パッケージを国会に提出か

昨年の所得上位のA層とB層は14.4%に上昇

ブラジルの製造業界はアルゼンチンの大統領交代を静観

クレジット並びに雇用改善で今年のGDP伸び率を上方修正