Câmara do Japão
Português
検索: OK
(533)

指標・政策

零細・小企業向けスーパーシンプル税法改正の相違点比較

改正点 シンプル税制 スーパーシンプル税制
税種類 連邦税 連邦税、州税、市税を統一
適応企業規模 年商24万レアルまでの零細企業
年商24万レアル以上から240万レアルまでの小企業
シンプル税制と同じだが、AC州,RO,RR,AP,TO,RN,PI,MA,PB,AL,SE州は120万レアル、AM,PA,PE,CE,ES,MT,GOは240万レアルまで
企業設立/閉鎖 90種類の書類を10期間に申請、認可平均日数は152日 全国法人登録台帳(CNPJ)に連動
3年間企業活動停止企業は閉鎖できる
加入可能業種 工業及び商業 工業、商業、サービス業(会計事務所、語学や技術学校、警備、建設会社等)
州税、市税の計算法が違う 連邦税はIRPJ,PIS,Cofins,IPI,CSL,INSSの一括支払い、州税ICMS,市税ISS
輸出 優遇税制なし 免税
入札 優遇策なし 8万レアルまでの入札で優遇策

出所-2007年6月29日付けエスタード紙

関連記事

裁判所がICMS納付期日の延期を求めるFiespの申し立てを棄却

正規雇用者向け緊急救済プログラムが与える影響

今年2月の歳入総額は2.71%減少の1,164億3,000万レアル

今年の財政プライマリー収支赤字はGDP比5.5%予想

ICMSの支払い期日の延長要請で企業側が新たな根拠を提示

納税期日の延期などCOVID-19危機への経済・雇用対策を連邦政府が発表

今年2月の鉱工業部門生産は前月比0.5%増加

新型コロナウイルス対応財政支出はGDP比2.6%

今年2月の四半期の平均失業率は11.6%に上昇

検疫隔離措置実施に伴い業務に支障が発生した企業に裁判所がICMSの納付期日延期の判決

暫定令で株主総会の最大7か月延期を容認

2020年に新型コロナウイルス対策により政府総債務残高がGDP比90%超に拡大へ

今年の財政プライマリー収支は、3,500億レアルを上回る赤字か

上院議会は600レアルの緊急補助金支出承認

上場企業の半数は3か月間売り上げなしでも運転資金に余裕

PECにより「財政の絶対原則」を緩和しパンデミック対策を推進へ

中銀は新型コロナウイルスの影響で今年のGDP伸び率ゼロに修正

上場大手の85%が給与支払総額の1年分以上の内部留保でウイルス危機に対処

下院議会は非正規雇用者やBPC受給申請者に月額600レアル支給承認

COVID-19対策費の一助に連邦政府経済スタッフが全公務員の給与削減を希望

新型コロナウイルスが産業界に与える損害総額は3,200億レアル、650万人の失業者

ゲーデス経済相チームは4月7日からの「外出自粛処置」緩和を見込んでいる

今年初め2か月間のブラジルの経常収支は、過去5年で最悪の157億ドルの赤字計上

エコノミストは過剰債務にもかかわらず、財政支出増加に余裕があると指摘

新型コロナウイルスの影響で弁護士事務所に契約変更の相談が殺到

最終フォーカスレポートは2020年のGDP伸び率を前回予想の1.68%から1.48%に下方修正

企業家達は“マーシャルプラン”導入を要求、XPは失業者が4000万人に達すると予想

企業の解雇発表が始まる 給与削減には補償へ

財政目標の修正を経済省が検討

2019年のブラジルのGDP伸び率は1.1%増加に留まる

経済相は財・サービス納付金(CBS)の税率は3種類で調整

INSSの給付手続き遅れで特に高齢者や障害者にダメージ

今年1月の失業率は11.2%に減少

今年1月の財政プライマリー収支は441億レアルを記録

昨年の一般家庭消費拡大も投資は低迷

ボルソナロ大統領は不必要な国家公務員採用試験はしないと断言

昨年の経済活動指数(IBC-Br)は僅か0.87%増加

昨年の非正規雇用比率は41.1%と過去最高

ブラジル製造業界は韓国とメルコスールFTAに危機感

ボルソナロ大統領の行政改革法案先延ばしは持続経済成長に足枷

今年のGDP伸び率が経済リセッション前を上回るのは12州政府か

今年の連邦政府所有の資産売却は30億レアルか

Selic金利減少に伴って昨年の対内債務残高の利払いは689億レアル減少

ゲーデス経済相は、個人所得税減税見返りに悪習慣税とデジタル税課税

中国の新型コロナウイルス発生はブラジルの国内製造業部門に波及開始か

2019年の鉱工業生産は前年比マイナス1.1%

昨年の名目公的債務残高はGDP比75.8%と過去6年間で最低

ボルソナロ政権初年度の歳出分配は教育省カットに対して防衛省増加

昨年の財政フライマリー収支赤字は950億レアルに留まった

今年のサンパウロ市の民営化案件で45億レアル調達か

企業経営者の投資意欲指数は過去6年間で最高に上昇

昨年の経常収支赤字は511億ドルと過去4年間で最高の赤字計上

昨年のブラジルスタートアップ企業への投資は27億ドル

行政改革は連邦公務員以外に地方政府公務員も対象

ボルソナロ政権の初年度の正規雇用は過去6年間で最高

ゲーデス経済相は、健康阻害に繋がる「悪習慣」税を検討

昨年の国庫庁の歳入総額は過去5年間で最高

今年第1四半期の製造業部門の企業経営者の景況感が上昇

ブラジルはWTO政府調達協定(GPA)導入か

2020年第1四半期のGDP伸び率は僅か0.2%増加予想

経済リセッション期間の2015年~2018年の1日当たりの工場閉鎖は17件

税制改革で初年度のサンパウロ州の歳入総額は212億レアル減少

サリン・マタール民営化長官は1,500億レアルに達する民営化計画を発表

今年初め10日間の市町村向け交付金は10.7%減少

2019年11月のサービス部門生産は前月比マイナス0.1%

昨年11月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.2%

連邦政府は120万件に及ぶ年金・恩給受給審査でタスクフォース組成

各州政府は燃料関連ICMS税引下げに挙って反対

2020年の対内債務残高は新興国平均まで低下予想

今年11月の正規雇用は予想の2倍に相当する9万9,200人を記録

今年11月の国庫庁の歳入は、顕著な経済回復基調で2014年以降最高

中銀は2020年のGDP伸び率は民間投資牽引で1.8%から2.2%に上方修正

来年上半期の税制改革案承認を最優先

2018年の労働組合員155万人が組合を脱退

ブラジル全国工業連盟(CNI)は2020年のGDP伸び率を2.5%予想

2020年度の予算は国会で承認

連邦政府は地方政府の借金救済で71億5,000万レアル支出

今年10月の経済活動指数(IBC-Br)は0.17%増加に留まる

財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給

州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求

今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加

トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か

今年10月の財政プライマリー収支は94億レアルの黒字計上

非正規雇用は労働人口の41.2%を占める

ブラジルコストはGDP比22%に相当

ゲデス経済相のAI5発言でドルが4.24レアルに高騰

インダストリー4.0促進プログラム採用が大幅遅延

今年10月の経常収支赤字は2014年以降で最悪

デジタルテクノロジー部門の人材不足が顕著

今年10月の設備稼働率は過去5年間で最高

防衛省並びに教育省へ厚めの予算配分

今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ

今年10月の国庫庁の歳入総額は1,350億レアル

税制改革立案で上下院合同委員会設置

今後4年間で税制優遇政策を大幅にカット

今年の連邦政府の財政プライマリー収支赤字は800億レアル以下予想

4段階での税制改革案を国会に提出か

新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む

180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表

今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%

経常収支悪化と金融投資逃避はドル高の為替要因

ゲーデス経済相の改革プランは公共支出ロジック変更を模索

民間部門牽引で2020年のGDP伸び率を2.5%に引上げ

低所得層対象の新雇用促進制度導入か

今年第3四半期の鉱工業生産は前月比僅か0.3%増加

来年の財政プライマリー収支は予想を上回る臨時歳入にも関わらず、据置か

ゲーデス経済相は財政再建政策パッケージを国会に提出か

昨年の所得上位のA層とB層は14.4%に上昇

ブラジルの製造業界はアルゼンチンの大統領交代を静観

クレジット並びに雇用改善で今年のGDP伸び率を上方修正

今年9月の経常収支は貿易収支悪化で赤字拡大

年金改革承認でブラジル維新の起爆剤となるか

今年9月の歳入総額は予想を下回る1,139億レアル

経営危機回避でソフトバンクはWeWorkの経営権取得

過去1年間でブラジルの100万ドル以上の富裕層は19.4%増加

連邦政府は国会承認なしの行政組織変更を模索

3年ぶりの貧困層減少も最貧困層が4年連続で拡大

6州政府の来年の州財政は赤字予算

上院議会は石油・天然ガスメガ入札の地方政府への分配承認

プレソルト入札で今年の財政プライマリー収支赤字は900億レアルに減少

今年8月のIBC-Br指数は前月比0.07%増加も第3四半期はプラスか

高等教育卒業者の11%は最低サラリーに留まっている

経済のデジタル化で課税問題発生

米国はブラジルのOECD加盟を支持するもアルゼンチンを推奨

プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける

世界経済フォーラムの2019年版「世界競争力報告」でブラジルは71位

行政改革断行で連邦公務員の特典削減

マイア下院議長とアルコルンブレ上院議長はプレソルト入札の臨時歳入分配で根回し

連邦警察によるSelic金利情報漏洩「流星」作戦開始

今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高

連邦政府はマイノリティ株主を含めて637連邦公社の存在確認

上院本会議での年金改革法案基本文書承認も地方政府への分配で苦慮

第1回年金改革基本文書法案は上院で承認

今年8月の鉱工業生産は前月比0.8%増加

ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性

今年8月のブラジルの負債総額はGDP比80%に接近

税制改革案として1.5倍までの最低サラリー従業員向け雇用で免税か

社会保障院はタスクフォースで43億7,000万レアルの不正摘発

今年8月の正規雇用は2013年以来最高の12万1,400人

連邦公社民営化で今年8月の歳入は大幅増加

上院政府リーダーの家宅捜査で年金改革法案の採決先送り

税制改革導入で年間の新規雇用は30万人

経済相は雇用創出のための減税政策を模索

製造業部門の平均設備稼働率はマイナス4.2ポイント

来年の連邦予算基本法では、義務的歳出が93%を占める

今年7月の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス0.16%

歳出上限法活用で来年の2,026億レアルに達する義務的歳出緩和か

上院CCJのタッソ・ジェレイサッチ報告官は年金改革テキスト内容変更

アルゼンチンの経済危機は今年のGDP伸び率を0.5%削ぎ取る

連邦政府は150億レアルを各省庁に分配か

連邦政府は今年のGDP伸び率を0.84%に上方修正

スタートアップ企業QuintoAndarは2億5,000万ドルの資金調達

ブラジルのスタートアップ企業は果敢に海外市場進出

ボルソナロ大統領は歳出上限法の緩和政策導入を放棄

上院憲法・法務委員会(CCJ)では年金改革基本文書案を承認

今年7月の鉱工業部門生産は前月比マイナス0.3%と予想を下回った

連邦政府は歳出削減で連邦公務員の時短やサラリーカット規制緩和か

2020年度の公共投資予算は過去10年間で最低か

連邦会計検査院は昨年の社会補助金関連の不正支出22億レアルを指摘

今年5月~7月の平均失業率は非正規雇用増加で11.8%に減少

第2四半期のGDP伸び率0.4%増加はテクニカルリセッションから乖離

若者の新規雇用の89%は非正規雇用

連邦政府は会社都合退職の罰金軽減を検討

予算不足で9月末までに13省庁でシャットダウンか

今年7月の歳入は経済回復シグナルか

年内に17公社を民営化で200億レアル調達か

政党リーダーの半数は新CPMF新設に反対

経済リセッションは公社や大手小売チェーンから6万人以上の雇用削減

富裕層は医療保健で56%の税控除を占めて恩恵を受けている

第3四半期の製造業部門の経済指標は弱い

州政府公務員給与で財政責任法を果たしていない州政府は半数以上

アルゼンチン予備選のキルチネリズム勝利で金融業界はパニック

今年第2四半期の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス0.13%

連邦政府は個人所得税の税率見直し検討

連邦政府は今年の財政赤字目標達成で130億レアルの公社の配当金要求

下院本会議で第2回目の基本文書を賛成370票で承認

連邦貯蓄金庫はFGTS預金引出スケジュール発表

プラナルト宮では新社会保障年金改革の国会審議は9月中を予定

FGTS預金引出でGDPを0.55%押上げ効果

今年第2四半期の平均失業率は12.0%に減少

トランプ大統領はブラジルとのFTA協定締結を熱望

ボルソナロ大統領はマナウスフリーゾーン向け優遇税制支持を示唆

今年6月の雇用4万8,400人は2013年以降で最高

連邦政府は消費活性化策として500レアルまでのFGTS預金引出を発表

今年6月の国庫庁の歳入総額は4.68%増加

ボルソナロ新政権の200日で公立銀行資産160億レアルを売却

今年初め5か月間の製造業部門の工場閉鎖は過去10年間で最悪

FGTS預金引出政策導入で今年のGDP伸び率は1.1%増加に上昇

消費活性化で現役サラリーマンの勤続期間保障基金も預金引出検討

社会経済開発銀行は年内に860億レアルを国庫庁に返済

年金改革法案の国会承認予想で経済指数改善予想

税制改革で付加価値税(IVA)が世界最高税率になる可能性も

5月の経済活動指数(IBC-Br)は僅か前月比0.54%増加

公社民営化で4,500億レアル調達の胸算用

ボルソナロ大統領はメルコスールと日本、韓国、米国とのFTA協定推進

新社会年金改革案は9,000億レアル以上の歳出削減を維持か

第一回年金改革案は最低可決票を71票上回る379票の余裕綽々で可決

298下院議員は社会保障年金改革支持表明

年金改革特別委員会での年金改革法案可決

今年5月の鉱工業部門生産は前月比マイナス0.2%