Câmara do Japão
Português
検索: OK
(533)

指標・政策

零細・小企業向けスーパーシンプル税法改正の相違点比較

改正点 シンプル税制 スーパーシンプル税制
税種類 連邦税 連邦税、州税、市税を統一
適応企業規模 年商24万レアルまでの零細企業
年商24万レアル以上から240万レアルまでの小企業
シンプル税制と同じだが、AC州,RO,RR,AP,TO,RN,PI,MA,PB,AL,SE州は120万レアル、AM,PA,PE,CE,ES,MT,GOは240万レアルまで
企業設立/閉鎖 90種類の書類を10期間に申請、認可平均日数は152日 全国法人登録台帳(CNPJ)に連動
3年間企業活動停止企業は閉鎖できる
加入可能業種 工業及び商業 工業、商業、サービス業(会計事務所、語学や技術学校、警備、建設会社等)
州税、市税の計算法が違う 連邦税はIRPJ,PIS,Cofins,IPI,CSL,INSSの一括支払い、州税ICMS,市税ISS
輸出 優遇税制なし 免税
入札 優遇策なし 8万レアルまでの入札で優遇策

出所-2007年6月29日付けエスタード紙

関連記事

連邦政府が外国人投資家支援に行政監察官を設置へ

再度のトラック運転手のストライキ阻止で大幅譲渡

今年第1四半期の製造業部門のGDP伸び率はマイナス予想

今年3月の実質歳入は僅か0.2%増加

今年第1四半期のGDP伸び率は2016年以降で初めてマイナスか

2020年の財政プライマリー収支の上限赤字目標は1,241億レアル

IMFでは財政プライマリー収支は2022年に黒字に転じると予想

ボルソナロ政権100日の35目標項目のうち僅か13項目実施に留まる

連邦政府は新社会保障改革案と並行して税制改革案を検討

ゲーデス経済相は統一連邦税創出を示唆

昨年の製造業部門がGDPに占める割合は過去40年間で最低

経済加速プログラムとして4パッケージを準備

今年2月の鉱工業部門伸び率は前月比0.7%増加

ロドリゴ・マイア下院議長は新社会保障改革と並行して税制改革案を準備

今年のGDP伸び率は相次ぐ下方修正で2.0%を下回る

2月の平均失業率は12.4%に上昇

パウロ・ゲーデス氏は経済相に執着はしないが無責任には放棄しない

マナウスフリーゾーンの恩典税制比率が大幅に減少傾向

今年は3年連続で国内の消費拡大予想

今年2月の正規雇用は過去5年で最高

今年初め2カ月間の経常収支は前年同期比7.9%縮小

ブラジルのOECD加盟支持とWTO違反の優遇税制撤廃を突きつける

今年1月のIBC-Brは前月比マイナス0.41%

マイア下院議長は新社会保障案の賛成票は320票に程遠い

今年の財政プライマリー収支赤字を上方修正

新社会保障案への支持表明は僅か149票

今年1月の鉱工業部門生産は依然として低調

製造業部門にとってICMS税は最も競争力を削ぐ税金

2018年の北東部地域のGDP伸び率は全国平均の半分に留まる

OECD加盟でトランプ大統領のお墨付き要請か

パウロ・ゲーデス財務相は新社会保障案承認には48票不足と胸算用

昨年の労働組合の収入は前年比90%減少の壊滅的なダメージを受けている

最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を2.3%に下方修正

2018年のGDP伸び率は前年同様に1.1%増加に留まる

ボルソナロ大統領は女性の年金受給年齢60歳引下で合意か

与党はBPCや農村労働者向け年金受給資格で大幅譲渡を余儀なくされる

過去3か月間の平均失業率は12.0%に悪化

多数の州政府は州公務員給与やサプライヤーへの支払不能に陥っている

2019年1月の対内直接投資は30%減少

労働組合は生き残りをかけて統廃合加速

2018年のGDP伸び率は1.2%前後か

昨日、ボルソナロ新政権は目から鱗の新社会保障原案発表

今年1月の国庫庁の歳入は前年同期比マイナスを記録

年金改革や公社民営化で今後10年間での経済効果は5,000億レアル相当か

連邦政府は州政府救済措置発令で年金改革推進

ボルソナロ大統領は男女別年金受給最低年齢を承認

今年初めのマクロ経済指数は弱含み

年金受給最低年齢は女性57歳、男性62歳と大幅譲渡か

2018年の製造業部門の40%はマイナス1.0%以上を記録

国会議員の大半は年金改革支持

ロドリゴ・マイア下院議長は、年金改革支持で各州知事と交渉

サンパオロ州政府はケロシン向けICMS税25%を12%にカット

2018年の鉱工業生産伸び率は前年比1.1%増加に留まる

加入者並びに雇用主がそれぞれ8.5%拠出による貯蓄型個人年金制度検討

2018年の失業率は非正規雇用増加が牽引して低下

サリン・マタール民営化長官はBB並びにCAIXA、ペトロブラス以外は全て民営化対象を示唆

2018年の財政フライマリー収支赤字は1,200億レアルに留まる

ブラジル大使館のエルサレム移転はアラブ連合が一斉にボイコット警告

2018年の対内直接投資は経常収支赤字の5倍以上を記録

今年は公社民営化で753億レアルの臨時歳入を見込んでいる

2018年の一般会計歳入総額は過去4年間で最高

今年1月の一般消費者の景況感は改善

ゲーデス財務相は法人税34%から15%引下げを示唆

2018年の正規雇用総数は52万9,600人増加

2019年のGDP伸び率は2.3%か

年金改革で公務員のINSS負担金引上げか

マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか

2018年の正規雇用は43万6,000人予想

7,000件の環境ライセンス認可が停滞

今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か

ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算

2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加

今年11月の正規雇用は5万8,700人

ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加

当選した州知事は年金改革実現で連結強化

アルゼンチン経済はリセッション入りが確定

民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待

10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増

市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能

昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落

ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か

今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる

年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破

ブラジルの税負担率はGDP比32.43%

今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加

ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当

ボルソナロ次期大統領のパル協定離脱発言で、EUメルコスールFTA協定が暗礁に

今年8月~10月の月間平均失業率は11.7%に減少

パウロ・ゲーデス次期財務相は柔軟な歳出政策を採用か

今年10月の国庫庁の歳入は石油ロイヤリティが牽引

年金・恩給受給の州政府公務員支出増加率は現役公務員の10倍以上

ボウソナロ大統領誕生後の一般消費者の景況感は大幅に改善

今年11月のインフレ指数は過去15年間で最低

製造業部門の頭痛の種は税制がトップ

今年10月の正規雇用は7万3,000人予想

今年第3四半期の304大企業の時価総額は25.7%上昇

2017年の州政府の負債総額は前年比203億レアル増加の4,029億レアルに達している

大半の企業はボウソナロ新政権に期待して積極的な投資を予定

過去2年間で労働組合加盟員が200万人減少

最高裁判事給与の16・38%調整は州政府の60億レアル支出に繋がる

ボルソナロ次期大統領はライトな年金改革案を模索

今年10月のインフレ指数は予想を下回る0.45%に留まる

次期財務相のパウロ・ゲーデス氏の年内の年金改革採決発言に注意勧告

16州政府は公務員給与支払い不能の可能性

税制改革向け3提案を検討か

ボウソナロ次期大統領が失業率調査方法は茶番劇と指摘

今年第3四半期の非正規雇用増加が失業率を押し下げた

ボルソナロ次期大統領は年内の年金改革をテーメル大統領と交渉

9月の中央政府の財政プライマリー収支赤字は過去2番目の赤字幅を記録

今年9月の歳入は前年同月比僅か0.26%微増

ジャイル・ボルソナロ大統領候補はインジオ保護区の境界変更を拒否

10月の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)は0.58%と2015年以降では最高

9月の正規雇用は過去5年間で最高

今年8月のGDP伸び率は前月比0.2%増加

名目対内債務残高は緩やかに減少傾向

今年8月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比0.47%増加

2018年のブラジルの国際競争力は72位に後退

今年上半期のブラジルへの直接投資は不透明な大統領選挙で22%減少

今年上半期のブラジルのM&A案件は23.6%減少

ブラジル貿易協議所(Camex)はアルゼンチンの為替危機を考査

今年8月のサンパウロ州の鉱工業部門生産はマイナス0.9%

製造業界は大統領候補の不透明な工業政策に不服

連邦政府公務員のサラリー調整はインフレ指数を大幅に上回っている

今年の財政プライマリー収支赤字は1,200億レアル以下か

2023年の公的債務残高はGDP比84.1%まで上昇か

8月の製造業部門生産は前月比マイナス0.3%

ジャイル・ボルソナロ候補の支持率上昇でドル下落、株価高騰

製造業部門経営者の景況感が過去12カ月間で最低

8月の公的債務残高はGDP比77.3%に達する

失業率低下も正規雇用は依然として低調

第2四半期のGDP伸び率は南東部地域が辛うじて増加

今年8月の財政プライマリー収支赤字は197億レアル

今年8月の過去12カ月間の経常収支赤字はGDP比0.8%

フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.28%に上方修正

8月の正規雇用は11万人を突破

今年8月の国庫庁の歳入総額は1.08%増加の1,097億レアル

今年第2四半期のアルゼンチンのGDP伸び率はマイナス4.2%

今年の財政プライマリー収支赤字を80億レアル下方修正

過去30年間でテーメル政権のGDP伸び率は僅かコロール政権とジウマ政権を上回った

連邦政府は8月末までに地方政府の28億レアルの負債を肩代わり

今年7月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比0.57%増加

今年7月のサービス部門のGDP伸び率は前月比マイナス2.2%

来年からチリ並びにペルー、メルコスールでの政府調達協定施行

ブラジルのCDS指数は不透明な大統領選挙を控えて2倍に増加

左派大統領候補の支持率上昇で株価下落並びに一層のドル高進行

今年7月のサンパウロ州の製造業部門生産は過去3年間で最低

新形態の断続的労働契約が定着していない

今年8月は1998年以降で初めてデフレを記録

今年上半期の連邦公社の純益は373億レアル

来年の税制優遇政策導入による国庫庁の歳入減少は3,060億レアル

2018年第2四半期のGDP伸び率は僅か0.2%増加

デジタル革命到来で2030年には14%の仕事消滅か

今年7月の財政プライマリー収支赤字は僅か75億4,700万レアル

今年7月末の失業者は1,290万人

来年の連邦公務員給与引上げ承認で69億レアルの歳出

2021年の一般歳出の義務的支出は財政プライマリー収支の98%予想

製造業部門の経済指標が軒並み悪化

フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.17%に上方修正

今年第2四半期のGDP伸び率は僅か0.1%増加予想

今年7月の歳入は2011年以降では最高記録

8月のインフレ指数は2010年以降では最低の0.13%

今年7月の正規雇用は4万7,000人増加

大統領選挙などの要因で景気動向が不透明

2018年第2四半期のM&A件数は記録更新

今年第2四半期の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス1.0%

年金・恩給受給者が3,000万人突破

連邦政府は15万件以上の不正年金支払い停止

7月のインフレ指数は0.33%に失速

今年の設備投資や公共投資などのFBCF部門も期待外れ

2018年6月の鉱工業部門生産は前月比13.1%増加

女性の上場企業経営審議会メンバーは僅か9.0%

非正規雇用が全体の40.6%に上昇

コストブラジルは工業製品価格競争力を減殺

食料品値上げでパウリスタの消費者景況感悪化

今年上半期の財政プライマリー収支赤字は329億レアルに留まる

労働組合ではすでに6,000人以上の従業員解雇

今年上半期の労働組合とのサラリー調整は40%減少

中道右派政党連合のアウキミン大統領候補支持で株価上昇

今年6月の製造業部門生産はV字回復

6月の正規雇用は今年初めてマイナスを記録

5月の経済活動指数は前月比マイナス3.34%で世界金融危機以後では最悪

地方統一選挙を前に与野党間で財政支出で攻防戦

>5月のサンパウロ州製造業部門生産は全国平均を上回るマイナス11.4%記録

ブラジル国内のスタートアップ企業の73%は10カ所の工業団地に集中

今年5月の製造業部門生産は10.9%下落

2018年5月の製造業部門生産は14.0%下落予想

就職活動停止拡大で失業率低下

2018年5月の財政プライマリー収支は110億レアルの赤字に留まる

中銀は今年のGDP伸び率を2.6%から1.6%と大幅な下方修正発表

2018年初め5か月間の歳入総額は取締強化で前年同期比7.8%増加

5月のトラック運転手によるデモによる生産低下は世界金融危機時を上回った

今年初め5か月間の労働訴訟は74%下落

今年初め5か月間の正規雇用の87%は零細・小企業

2017年の製造業部門が占めるGDP比率は僅か11.8%

非正規雇用の実質賃金は10%近く減少

トラック運転手抗議デモ終息後も産業界は抵抗

減税政策の44%は監査コントロール野放し

4月の鉱工業部門生産は前月比0.8%増加も5月は一転して大幅下落か

今年のGDP伸び率を軒並み下方修正

新労働法施行6カ月後の労働組合収入88%減少