Câmara do Japão
Português
検索: OK
(533)

指標・政策

零細・小企業向けスーパーシンプル税法改正の相違点比較

改正点 シンプル税制 スーパーシンプル税制
税種類 連邦税 連邦税、州税、市税を統一
適応企業規模 年商24万レアルまでの零細企業
年商24万レアル以上から240万レアルまでの小企業
シンプル税制と同じだが、AC州,RO,RR,AP,TO,RN,PI,MA,PB,AL,SE州は120万レアル、AM,PA,PE,CE,ES,MT,GOは240万レアルまで
企業設立/閉鎖 90種類の書類を10期間に申請、認可平均日数は152日 全国法人登録台帳(CNPJ)に連動
3年間企業活動停止企業は閉鎖できる
加入可能業種 工業及び商業 工業、商業、サービス業(会計事務所、語学や技術学校、警備、建設会社等)
州税、市税の計算法が違う 連邦税はIRPJ,PIS,Cofins,IPI,CSL,INSSの一括支払い、州税ICMS,市税ISS
輸出 優遇税制なし 免税
入札 優遇策なし 8万レアルまでの入札で優遇策

出所-2007年6月29日付けエスタード紙

関連記事

第1四半期のGDP伸び率を0.7%から0.5%に下方修正

今年初め3ヵ月間の正規雇用は連続して増加

今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向

失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加

FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか

経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明

財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続

過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か

2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加

格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ

連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下

年金ファンドの運用厳格化を義務付け

今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる

今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復

日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索

過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少

今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字

2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%

組合加入費の支払い義務終了で労働組合の収入は80%減少

中国資本フォースンがブラジルでポートフォーリオ拡大

今年初め2カ月間の正規雇用は過去4年間で最高

今年初め2カ月間の歳入総額は11.8%増加

Ibre-FGVでは今年第1四半期のGDP伸び率は0.7%増加予想

今年1月の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス0.56%を記録

設備近代化で90億レアルのクレジットプログラム

産業界に対するINSS減税政策廃止が座礁

過去10年でブラジル多国籍企業は地盤沈下

行政関連の連邦公務員の大半は給与以外の賞与受給

2017年の医療保健業界のM&Aは過去20年間で最高

自由貿易と構造改革推進で600万人が貧困層から脱出

2018年1月の鉱工業部門生産は前月比マイナス2.4%

ゴールデン・ルール達成には800億レアル~1,000億レアルの歳出削減

年金改革実施を前に駆け込み需要拡大で年金受給入り年齢減少

2017年の製造業部門のハイテク部門が牽引

連邦公社民営化やインフラコンセッション拡大で7,000億レアルの資金調達可能か

2017年のGDP伸び率は農畜産部門が牽引して1.0%増加

2018年1月の対内公的債務残高は増加

2018年1月の財政プライマリー収支は310億レアルの黒字計上

2017年の鉱工業部門は60%以上のセクターで回復

2018年1月の歳入総額は前年同月比10.12%大幅増加

2018年1月の経常収支赤字は43億1000万ドルに縮小

2017年最終四半期のFBCF部門は回復傾向

2018年の海外就労者の本国送金は6,160億ドル予想

滞納税回収計画(Refis)による負債者救済は効果が薄い

社会保障制度改革先送りで来年の予算は140億レアルカット

多くのエコノミストは今年のGDP伸び率を上方修正

今年1月の正規雇用は、過去3年間からの減少から一転して大幅増加

3月9日にメルコスールとカナダはFTA実質交渉開始か

社会保障制度改革先送りで連邦政府はBプラン発表

2017年の経済活動指数(IBC-Br)は予想を上回る1.04%を記録

メルコスール・EUのFTA交渉合意は競合国に赤信号灯す

2018年1月の歳入総額が急増

2017年の鉱工業生産は2.5%増加

2018年1月のインフレ指数は過去最低の0.29%に留まった

2018年1月のブラジルコモディティ指数は0.92%上昇

新労働法施行後の労働訴訟件数は半減

2017年の鉱工業生産は2.5%増加

2017年最終四半期の平均失業率は11.8%まで減少

国庫庁はゴールデン・ルール遂行で2,086億レアル確保

2017年の正規雇用は2万800人減少

2017年の経常収支赤字は97億6,000万ドルと過去10年間で最低

2017年の国庫庁の歳入総額は1兆3,400億レアルで2015年以降では最高

Blairo Maggi農務相はEUとメルコスールのEPA合意は困難とコメント

軍人の年金は平均年金の16倍以上受給

IMFはブラジルのGDP伸び率を上方修正

2017年のGDP伸び率は1.1%予想

メルコスールの孤独

2017年の中央政府の財政プライマリー収支赤字は1,200億レアル以下の可能性

2017年11月の経済活動指数(IBC-Br)は3カ月連続で増加

ブラジル企業は競争力強化でインダストリー4.0採用

景気回復に従って転職が増加傾向

2017年11月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比0.7%増加

2017年のインフレ指数2.95%は1998年以降では最低記録

新労働法は施行後の新たな労働契約のみ適用

テーメル大統領はゴールデン・ルールの見直しを先送り

今年初めてのフォーカスレポートでは今年のインフレ指数は3.93%予想

連邦公社の公務員は過去3年間で4万6,000人削減

今年11月の国庫庁の歳入総額は9.49%増加

連邦政府は来年の公共投資削減を余儀なくされる

ブラジルの人口の1/4は貧困層

2017年の財政プライマリー収支赤字は1,567億レアル予想

CNIは来年の鉱工業部門のGDP伸び率を3.0%と予想

過去12カ月間のブラジルのインフレ指数は英国を下回っている

新労働法施行後の労働訴訟案件が70%減少

労働組合は新労働法の施行1か月間で集団解雇に反対

今年11月のインフレ指数は食料品価格減少で0.28%増加

今年10月の鉱工業部門生産は2カ月連続で上昇

今年初め9カ月間で連邦公社職員数は2万6,000人削減

2017年失業保険支出は世界金融危機前の水準まで低下

今年第3四半期のGDP伸び率は微増も回復サイクル入り

非正規労働者増加が牽引して10月の失業率が12.2%まで低下

ブラジルの富裕層と貧困との所得格差は36倍

今年10 月の連邦政府の対内公的債務残高はGDP比74.4%

今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.3%増加予想

10月の中央政府の財政プライマリー収支は52億レアルの黒字計上

EUはメルコスールとのFTA交渉で10万トン砂糖の輸入拡大提示

今年10月の経常収支は、10月としては過去10年間で最小の赤字計上

世銀はブラジル政府の補助金制度や減税制度見直しを指摘

改正労働法施行後の労働訴訟案件は90%以上減少

今年第3四半期の経済活動指数(IBC-Br)は0.58%増加

10月の国庫庁の歳入は新滞納税回収計画(Refis)で70億レアルを突破

10月のラテンアメリカの経済見通しは過去4年間で最高

2017年10月のインフレ指数は電気料金並びにプロパンガス値上げが牽引

2026年までの中間所得層比率は経済リセッション前を上回るか

2017年第3四半期の投資は4年ぶりに増加予想

9月の正規雇用は減少も失業率低下

世銀のDoing Business 2018でブラジルは125位に下がる

2017年9月の製造業部門生産は前月比0.2%増加

2017年9 月の対内公的債務残高はGDP比73.9%に達して記録更新

2017年9月の経常収支は過去10年間で最高

今年初め9カ月間の財政プライマリ収支は1,085億3,300万レアルの赤字

今年10月の企業経営者の景況感は大幅に改善

2017年8月のIBC-Br指数はマイナス0.38%

経済リセッション中に自営業者が増加

8月の経済指標は悪化したにも関わらず、回復傾向は継続予想

ブロクラシーで協定締結に平均4年間を要している

地方政府は投資誘致で財政収支開示

経済防衛管理審議会は、リオ州インフラプロジェクトカルテルで調査開始

各金融機関は2018年のGDP伸び率を軒並み上方修正

アマゾナス州などでは滞納税回収計画(Refis)の罰金や利子を100%割引

製造業部門が雇用創出を牽引

滞納税回収計画(Refis)による臨時歳入は予定よりも64億レアル減少か

今年初め8か月間の鉱工業生産は1.5%増加

2020年のブラジル国勢調査完結には延べ30万人の臨時職員を動員

対内公的債務残高はGDP比73.7%に上昇

今年初め8か月間の企業買収・合併案件は14%増加

今年8月の財政プライマリー収支赤字は163億レアル予想

ブラジルは世界競争力ランキング2017で80位

第3四半期のGDP伸び率は一般消費が牽引して0.3%増加予想

穀物生産好調の中西部地域の雇用レベルは経済リセッション前に戻る

8月の10.78%の歳入増加は景気回復サイクル入りを明記

ブラジルの1.0%の富裕層はGDPの23%を独占

今年下半期のサンパウロ州の小売・サービス部門の雇用増加傾向

今年の食料品インフレ指数は2006年以来のデフレか

マナウスフリーゾーンは過去2年間の危機から回復傾向

最終フォーカスレポートでは今年のGDP伸び率を0.60%に引き上げ

今年初め7か月間の都市部の社会保障院の赤字は倍増

7月の製造業部門のGDP伸び率は前月比0.8%増加

最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率0.39%から0.50% に上方修正

2017年第2四半期のGDP伸び率は前四半期比0.2%増加

7月の失業率は12.8%に低下して景気の底を打ったか

WTOはブラジルの7工業政策は補助金・相殺措置協定違反と認定

今年7月の財政プライマリー収支は161億4,000万レアルの赤字

7月の財政プライマリー収支赤字は202億レアルで記録更新

2017年第2四半期のGDP伸び率はマイナス0.24%

今年上半期のハイテク分野の製造業部門が躍進

2023年の連邦政府の対内公的債務残高はGDP比92%突破か

6月のサービス部門のGDP伸び率は1.3%増加

今年及び来年の財政プライマリー収支許容赤字を1,590億レアルに引上げ

S&Pはブラジルの外貨・自国通貨建ての長期格付けをBBに据置

連邦政府は国家公務員の年金納付金引上げ検討

2,000以上の市町村は財政責任法を果たしていない

今年6月のサンパウロ州の製造業部門は3カ月連続で増加

今後10年間で200万人の公務員が年金受給開始

2回目のレパトリアソン法による臨時歳入は僅か170億レアル

今年上半期の鉱工業部門生産は前年同期比0.5%増加

連邦政府は行政職員対象に希望退職制度導入

年内の年金・恩給改革ができなければ186億レアルの歳出

「中南米日系社会との連携調査団」との意見交換会開催

6月の国庫庁の実質歳入総額は3.0%増加

2回目のレパトリアソン法による歳入は予想を大幅に下回っている

今年上半期の正規雇用は6万7,300人増加

2018年度の財政プライマリー収支は1,290億レアルの赤字承認

労働法改正案が上院で承認

義務的公共サービス提供のために裁量的支出を387億レアルカット

社会保障院関連減税政策見直は2018年1月に先送り

5月の鉱工業生産は2011年以降では最高記録

製造業部門の経済活動指標は若干改善

2018年の公的債務残高はGDP比80%を突破予想

5月の失業率は3カ月連続で減少

5月の財政プライマリー収支赤字は記録更新

今年5月の経常収支は3カ月連続で黒字計上

政治危機の影響で経済回復は更に緩やかな曲線に傾斜

6月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数は2006年以来のデフレ予想

労働法改正法案は社会問題担当委員会で否決

5月の正規雇用は前月比続いて3万4,200人増加

ラヴァ・ジャット作戦関連汚職による損害は約700億レアルに達している

5月の各種経済指標は政治リスクに対する抵抗力を示す

政治危機迂回のためにRefisや個人所得減税率引上げまで拡大か

労働法改正法案が上院の経済問題担当委員会通過

55%の軍人は50歳以下で年金受給

4月の鉱工業部門生産は0.6%増加

一人当たりのGDPが2014年の水準まで回復には5年を要する

JBSオーナーの司法取引証言で今後のM&A案件が不透明

2017年第1四半期のGDP伸び率は1.0%増加

J&Fは司法取引供述で103億レアルの罰金支払いで合意

4月の失業率は13.6%に達している

5月の製造業部門の景況感指数は依然として高止まり

今年初め4か月間の社会保障院の累積赤字は520億レアルに達している

4月の中央政府の財政プライマリー収支は大幅な黒字を計上

4月の国庫庁の歳入は2.27%増加

製造業部門の生産活動指標は軒並み低調

テメル大統領の不正疑惑テープ発覚でブラジル企業株価は10%以上下落

4月の正規雇用は5万9,800人増加

今年第1四半期の経済活動指数は1.12%増加

連邦政府は年金改革法案の国会通過のために農林族議員や市役所の負債軽減

連邦政府は個人所得税の免税幅の2倍拡大を検討

実質金利の大幅低下はGDP伸び率成長サイクル入りか

3月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.8%記録

加速する所得収入格差