Câmara do Japão
Português
検索: OK
(533)

指標・政策

零細・小企業向けスーパーシンプル税法改正の相違点比較

改正点 シンプル税制 スーパーシンプル税制
税種類 連邦税 連邦税、州税、市税を統一
適応企業規模 年商24万レアルまでの零細企業
年商24万レアル以上から240万レアルまでの小企業
シンプル税制と同じだが、AC州,RO,RR,AP,TO,RN,PI,MA,PB,AL,SE州は120万レアル、AM,PA,PE,CE,ES,MT,GOは240万レアルまで
企業設立/閉鎖 90種類の書類を10期間に申請、認可平均日数は152日 全国法人登録台帳(CNPJ)に連動
3年間企業活動停止企業は閉鎖できる
加入可能業種 工業及び商業 工業、商業、サービス業(会計事務所、語学や技術学校、警備、建設会社等)
州税、市税の計算法が違う 連邦税はIRPJ,PIS,Cofins,IPI,CSL,INSSの一括支払い、州税ICMS,市税ISS
輸出 優遇税制なし 免税
入札 優遇策なし 8万レアルまでの入札で優遇策

出所-2007年6月29日付けエスタード紙

関連記事

今年上半期のブラジルへの直接投資は不透明な大統領選挙で22%減少

今年上半期のブラジルのM&A案件は23.6%減少

ブラジル貿易協議所(Camex)はアルゼンチンの為替危機を考査

今年8月のサンパウロ州の鉱工業部門生産はマイナス0.9%

製造業界は大統領候補の不透明な工業政策に不服

連邦政府公務員のサラリー調整はインフレ指数を大幅に上回っている

今年の財政プライマリー収支赤字は1,200億レアル以下か

2023年の公的債務残高はGDP比84.1%まで上昇か

8月の製造業部門生産は前月比マイナス0.3%

ジャイル・ボルソナロ候補の支持率上昇でドル下落、株価高騰

製造業部門経営者の景況感が過去12カ月間で最低

8月の公的債務残高はGDP比77.3%に達する

失業率低下も正規雇用は依然として低調

第2四半期のGDP伸び率は南東部地域が辛うじて増加

今年8月の財政プライマリー収支赤字は197億レアル

今年8月の過去12カ月間の経常収支赤字はGDP比0.8%

フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.28%に上方修正

8月の正規雇用は11万人を突破

今年8月の国庫庁の歳入総額は1.08%増加の1,097億レアル

今年第2四半期のアルゼンチンのGDP伸び率はマイナス4.2%

今年の財政プライマリー収支赤字を80億レアル下方修正

過去30年間でテーメル政権のGDP伸び率は僅かコロール政権とジウマ政権を上回った

連邦政府は8月末までに地方政府の28億レアルの負債を肩代わり

今年7月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比0.57%増加

今年7月のサービス部門のGDP伸び率は前月比マイナス2.2%

来年からチリ並びにペルー、メルコスールでの政府調達協定施行

ブラジルのCDS指数は不透明な大統領選挙を控えて2倍に増加

左派大統領候補の支持率上昇で株価下落並びに一層のドル高進行

今年7月のサンパウロ州の製造業部門生産は過去3年間で最低

新形態の断続的労働契約が定着していない

今年8月は1998年以降で初めてデフレを記録

今年上半期の連邦公社の純益は373億レアル

来年の税制優遇政策導入による国庫庁の歳入減少は3,060億レアル

2018年第2四半期のGDP伸び率は僅か0.2%増加

デジタル革命到来で2030年には14%の仕事消滅か

今年7月の財政プライマリー収支赤字は僅か75億4,700万レアル

今年7月末の失業者は1,290万人

来年の連邦公務員給与引上げ承認で69億レアルの歳出

2021年の一般歳出の義務的支出は財政プライマリー収支の98%予想

製造業部門の経済指標が軒並み悪化

フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.17%に上方修正

今年第2四半期のGDP伸び率は僅か0.1%増加予想

今年7月の歳入は2011年以降では最高記録

8月のインフレ指数は2010年以降では最低の0.13%

今年7月の正規雇用は4万7,000人増加

大統領選挙などの要因で景気動向が不透明

2018年第2四半期のM&A件数は記録更新

今年第2四半期の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス1.0%

年金・恩給受給者が3,000万人突破

連邦政府は15万件以上の不正年金支払い停止

7月のインフレ指数は0.33%に失速

今年の設備投資や公共投資などのFBCF部門も期待外れ

2018年6月の鉱工業部門生産は前月比13.1%増加

女性の上場企業経営審議会メンバーは僅か9.0%

非正規雇用が全体の40.6%に上昇

コストブラジルは工業製品価格競争力を減殺

食料品値上げでパウリスタの消費者景況感悪化

今年上半期の財政プライマリー収支赤字は329億レアルに留まる

労働組合ではすでに6,000人以上の従業員解雇

今年上半期の労働組合とのサラリー調整は40%減少

中道右派政党連合のアウキミン大統領候補支持で株価上昇

今年6月の製造業部門生産はV字回復

6月の正規雇用は今年初めてマイナスを記録

5月の経済活動指数は前月比マイナス3.34%で世界金融危機以後では最悪

地方統一選挙を前に与野党間で財政支出で攻防戦

>5月のサンパウロ州製造業部門生産は全国平均を上回るマイナス11.4%記録

ブラジル国内のスタートアップ企業の73%は10カ所の工業団地に集中

今年5月の製造業部門生産は10.9%下落

2018年5月の製造業部門生産は14.0%下落予想

就職活動停止拡大で失業率低下

2018年5月の財政プライマリー収支は110億レアルの赤字に留まる

中銀は今年のGDP伸び率を2.6%から1.6%と大幅な下方修正発表

2018年初め5か月間の歳入総額は取締強化で前年同期比7.8%増加

5月のトラック運転手によるデモによる生産低下は世界金融危機時を上回った

今年初め5か月間の労働訴訟は74%下落

今年初め5か月間の正規雇用の87%は零細・小企業

2017年の製造業部門が占めるGDP比率は僅か11.8%

非正規雇用の実質賃金は10%近く減少

トラック運転手抗議デモ終息後も産業界は抵抗

減税政策の44%は監査コントロール野放し

4月の鉱工業部門生産は前月比0.8%増加も5月は一転して大幅下落か

今年のGDP伸び率を軒並み下方修正

新労働法施行6カ月後の労働組合収入88%減少

2018年第1四半期のGDP伸び率は前四半期比0.4%増加

今年2月~4月の月間平均失業率12.9%は前年同期比0.7%と大幅増加

2018年4月の国庫庁の歳入総額は前年同月比7.83%増加

経済防衛行政審議会(Cade)では寡占化向け企業買収の審査強化

韓国メルコスール貿易協定交渉開始セレモニー開催

道路封鎖ストライキ終結に向けて連邦政府は大幅譲渡

道路封鎖ストライキで第2四半期のGDP伸び率は悪化

3日間の抗議デモでペトロブラスはディーゼル燃料価格を10%値下げ

28セクターに対してINSS納付率免税措置を継続

トラック運転手の国道封鎖による抗議デモは自動車業界や食品業界を直撃

厚生省は糖分過剰摂取に対する警告ラベル使用義務化

ディーゼル価格高騰で全国のトラック運転手が抗議デモ

青年層の失業率が28.1%に達している。

今年3月の経済活動指数(IBC-Br)は期待外れのマイナス0.74%

国庫庁では滞納税回収計画(Refis)は脱税温床で捜査対象

2018年3月のサービス部門伸び率は前月比マイナス0.2%

Green Economyはブラジル国内での雇用創生拡大

企業経営者組合も新労働法施行で80%以上の収入減少

各州政府公務員年金・恩給支給が州政府財政を圧迫

昨年は90万人がAクラス並びにBクラスから転落

ブラジル外務省はアジア諸国との貿易協定締結でミッション派遣

今年第1四半期のFBCFは僅か0.3%増加

組合加入費支払い義務終了に伴って労働組合収入80%減少で壊滅的ダメージ

今年3月の鉱工業生産は予想以下に留まる

米国のブラジル製鉄鋼製品に対する輸入制限は強烈なダメージ

2018年第1四半期の月間平均失業率は13.1%に上昇

連邦政府はヴェネズエラ政府やモザンビーク政府の債務不履行カバーか

2018年3月の経常収支は7億9,800万ドルの黒字計上

2018年第1四半期の財政プライマリー収支赤字は記録更新

今年3月の歳入総額の増加率減少

今年3月の製造業部門の生産性並びに在庫増加

第1四半期のGDP伸び率を0.7%から0.5%に下方修正

今年初め3ヵ月間の正規雇用は連続して増加

今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向

失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加

FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか

経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明

財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続

過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か

2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加

格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ

連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下

年金ファンドの運用厳格化を義務付け

今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる

今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復

日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索

過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少

今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字

2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%

組合加入費の支払い義務終了で労働組合の収入は80%減少

中国資本フォースンがブラジルでポートフォーリオ拡大

今年初め2カ月間の正規雇用は過去4年間で最高

今年初め2カ月間の歳入総額は11.8%増加

Ibre-FGVでは今年第1四半期のGDP伸び率は0.7%増加予想

今年1月の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス0.56%を記録

設備近代化で90億レアルのクレジットプログラム

産業界に対するINSS減税政策廃止が座礁

過去10年でブラジル多国籍企業は地盤沈下

行政関連の連邦公務員の大半は給与以外の賞与受給

2017年の医療保健業界のM&Aは過去20年間で最高

自由貿易と構造改革推進で600万人が貧困層から脱出

2018年1月の鉱工業部門生産は前月比マイナス2.4%

ゴールデン・ルール達成には800億レアル~1,000億レアルの歳出削減

年金改革実施を前に駆け込み需要拡大で年金受給入り年齢減少

2017年の製造業部門のハイテク部門が牽引

連邦公社民営化やインフラコンセッション拡大で7,000億レアルの資金調達可能か

2017年のGDP伸び率は農畜産部門が牽引して1.0%増加

2018年1月の対内公的債務残高は増加

2018年1月の財政プライマリー収支は310億レアルの黒字計上

2017年の鉱工業部門は60%以上のセクターで回復

2018年1月の歳入総額は前年同月比10.12%大幅増加

2018年1月の経常収支赤字は43億1000万ドルに縮小

2017年最終四半期のFBCF部門は回復傾向

2018年の海外就労者の本国送金は6,160億ドル予想

滞納税回収計画(Refis)による負債者救済は効果が薄い

社会保障制度改革先送りで来年の予算は140億レアルカット

多くのエコノミストは今年のGDP伸び率を上方修正

今年1月の正規雇用は、過去3年間からの減少から一転して大幅増加

3月9日にメルコスールとカナダはFTA実質交渉開始か

社会保障制度改革先送りで連邦政府はBプラン発表

2017年の経済活動指数(IBC-Br)は予想を上回る1.04%を記録

メルコスール・EUのFTA交渉合意は競合国に赤信号灯す

2018年1月の歳入総額が急増

2017年の鉱工業生産は2.5%増加

2018年1月のインフレ指数は過去最低の0.29%に留まった

2018年1月のブラジルコモディティ指数は0.92%上昇

新労働法施行後の労働訴訟件数は半減

2017年の鉱工業生産は2.5%増加

2017年最終四半期の平均失業率は11.8%まで減少

国庫庁はゴールデン・ルール遂行で2,086億レアル確保

2017年の正規雇用は2万800人減少

2017年の経常収支赤字は97億6,000万ドルと過去10年間で最低

2017年の国庫庁の歳入総額は1兆3,400億レアルで2015年以降では最高

Blairo Maggi農務相はEUとメルコスールのEPA合意は困難とコメント

軍人の年金は平均年金の16倍以上受給

IMFはブラジルのGDP伸び率を上方修正

2017年のGDP伸び率は1.1%予想

メルコスールの孤独

2017年の中央政府の財政プライマリー収支赤字は1,200億レアル以下の可能性

2017年11月の経済活動指数(IBC-Br)は3カ月連続で増加

ブラジル企業は競争力強化でインダストリー4.0採用

景気回復に従って転職が増加傾向

2017年11月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比0.7%増加

2017年のインフレ指数2.95%は1998年以降では最低記録

新労働法は施行後の新たな労働契約のみ適用

テーメル大統領はゴールデン・ルールの見直しを先送り

今年初めてのフォーカスレポートでは今年のインフレ指数は3.93%予想

連邦公社の公務員は過去3年間で4万6,000人削減

今年11月の国庫庁の歳入総額は9.49%増加

連邦政府は来年の公共投資削減を余儀なくされる

ブラジルの人口の1/4は貧困層

2017年の財政プライマリー収支赤字は1,567億レアル予想

CNIは来年の鉱工業部門のGDP伸び率を3.0%と予想

過去12カ月間のブラジルのインフレ指数は英国を下回っている

新労働法施行後の労働訴訟案件が70%減少

労働組合は新労働法の施行1か月間で集団解雇に反対

今年11月のインフレ指数は食料品価格減少で0.28%増加