Câmara do Japão
Português
検索: OK
(523)

インフラ

PAC2の予算総額は1兆5,900億レアル

大統領選挙への出馬が予定されているジウマ・ローセフ官房長官は2011年から開始される第2次経済成長加速プログラム(PAC2)について発表、PAC2の総予算は1兆5900億レアル、そのうち6,000億レアルは2014年以降のプロジェクトに充てられる。

PAC2の1万件を超すプロジェクトの詳細は今年6月までに決定されるが、大衆住宅建設プロジェクトに180億レアル、大衆コミュニティと呼ばれるプロジェクトでは幼稚園やスポートセンター建設などに230億レアルが見込まれている。

PAC2には"よりよいまちづくり"、"私の家、私の暮らし"、"皆に電気と水道"や"大衆コミュニティ"などのプロジェクトが予定、しかしブロードバンド網の整備はPAC2プロジェクトには含まれていない。

PAC2の大衆住宅建設"私の家、私の暮らし"プロジェクトでは200万軒の住宅建設が予定、しかしPAC1での同プロジェクトでは今年末までに100万軒が見込まれていたが、現在は40万軒の建設契約に留まっている。

PAC2のエネルギー部門の予算は1兆レアル、そのうち9、000億レアルはペトロブラス石油公社向けの投資、総発電量が4万7、000メガワットに達する水力発電所の建設には1、370億レアル、2、000メガワットの代替えエネルギーの風力発電所やバイオマス発電所建設には97億レアルが見込まれている。

輸送部門の投資は1、090億レアル、そのうち1、045億レアルは2014年までに投資が予定、504億レアルは8、000キロメートルに及ぶ道路建設、4、696キロメートルの鉄道建設には460億レアル、サンパウロ経由のカンピーナス-リオ間の高速鉄道には346億レアル、更にサンパウロ-クリチーバ並びにウベルランジア-ベロ・オリゾンテ間にも高速鉄道の建設が予定されている。(2010年3月30日付けヴァロール紙)

 


マップ内をクリックすると拡大できます

 

ブラジルでビジネスを行なう企業にとって、物流は依然大きな障害であるがここ数年は少し改善されてきたために、貿易に関する平均物流コストは目覚しく低下 している。国家水上輸送庁(ANTAQ)によれは、97年から2003年のブラジル主要港におけるコンテナ取扱コストは53%減少した。
こうした改善の大半は民間投資によるもので、特に鉱業、アグロビジネスなどの分野で輸出を活発に行なう企業によって実施された。鉄鋼大手リオドーセやナショナル製鉄(CSN)はブラジルで最大手の総合物流業者になっている。
物流システム改善の大きな障害は国が管理する部門であり、港湾、幹線道路、鉄道、水路などのインフラには大きな投資が必要とされている。またこれらのインフラを統合するメカニズムを構築する必要がある。
輸出の大半は海上輸送であり、2005年度の輸出の81.1%を占め、ブラジルの輸出品の大半は低付加価値商品であり、航空貨物輸送の閉める割合は 6.47%を占めているに過ぎない。またブラジルから輸出される工業製品の大半は南米地域であり、トラック輸送の割合は6.92%となっている。
輸入では高付加価値製品の割合が高く、航空輸送が24.73%で、海上輸送は67.59%、国内出荷ではトラック輸送が61.1%を占め、鉄道輸送20.7%、水上輸送13.6%、パイプライン4.2%であった。

 

港湾

民 営化された公共埠頭の貨物取扱業務は、港湾事業者資格を有する民間企業がコンセッション(営業権)を取得して行い、設備、施設の修復・維持を行う。 1993年の港湾法では企業が政府機関を経ずに自社及び他社の積荷を取り扱える専用ターミナル事業を行なうことが認められている。
港湾事業の民営化後、ブラジルの主要港の設備やシステムは目覚しく改善されたが、政府の投資や規制に左右される分野では多くの問題を抱えており、港湾の競争力を下げている。

 

ブラジルの道路

ブラジルの道路は米国、インドに次いで世界3位であり、舗装道路と未舗装道路を合わせた総距離は190万キロメートルに達するが、全道路の91%は未舗装 道路であり、幹線道路の72%は貧弱な状態にあり、2005年度では道路状況の改善には100億レアルから120億レアルの投資が必要とされている。
90年代中頃に幹線道路の一部が民間セクターにリースされ、現在、ブラジルの幹線道路のうち1万キロメートルは民間企業36社が管理しており、これらの企 業は年間10億レアルをインフラの維持・改善に費やしている。通行料金は低価格にもかかわらず、ブラジルの道路輸送企業の生産性は米国の三分の一であり、 道路整備なくしては輸送企業の生産性は低くとどまり、ビジネスコスト増加に繋がり、経済成長の足枷になる。

 

ブラジルの鉄道

ブ ラジルの鉄道の総距離は2万9,789キロメートルで世界10位、そのうち民間企業が96%についてセコンセッションを取得している。鉄道網の総距離では 米国が22万8,464キロで1位、ロシアが8万8,464キロで2位、中国は7万58キロで3位、インドが6万3,140キロ、オーストラリア4万 3,802キロ、アルゼンチンが3万4,091キロで8位となっている。
この10年間で鉄道網整備が活発化し、2004年には新規道路建 設、ターミナルの拡張、機関車の購入など対して、コンセッション取得企業から20億レアル以上の投資が行なわれた。リオドーセ社だけで自社の鉄道インフラ の拡大・改善に5億8,200万ドルを投資している。
鉄道輸送貨物の内訳は、鉄鉱石輸出が62.9%で大半を占め、金属製品8.4%、大豆 及び大豆かす7.7%、石炭・コークス3.5%、農産物2.7%、バルク鉱物2.7%、燃料、石油派生品及びエタノール2.1%、肥料1.7%、セメント 1.3%など3億7,800万トンであった。

 

ブラジルの主要空港

ブ ラジルの空港の大半はブラジル空港インフラ業務公社(Infraero)が管理、ここ数年間で主要旅客、貨物ターミナルの大規模改善を行なっており、 2004年だけで航空システム改善に1億6,000万ドルを投資している。特に旅客数が国内最多のサンパウロ市のコンゴ二アス空港、空港貨物取扱量2位の サンパウロ州カンピーナスのビラコッポス空港への投資が大きい。
国内貨物輸送に関する重要な問題は、ブラジル主要都市間の貨物専用便を提供する航空会社の不足であり、ブラジル国内の航空貨物の大半は、きわめて高コウストの旅客便の貨物室に運ばれている。

グアルーリョス国際空港〔クンビッカーグアルーリョス市〕
空港貨物取扱量:43万5,933トン、旅客数:1,294万193

ビラコッポス国際空港〔カンピーナス市〕
空港貨物取扱量:16万9,634トン、旅客数:71万7,362

エドァルド・ゴメス国際空港〔マナウス市〕
空港貨物取扱量:13万5,377トン、旅客数:352万

アントニオ・カルロス・ジョビン〔ガレオン‐リオ市〕
空港貨物取扱量:9万3,776トン、旅客数:602万4,930

サンパウロ国際空港〔コンゴ二アスーサンパウロ市〕
空港貨物取扱量:3万7,890トン、旅客数:1,361万1,227

 

物流にみられる主な問題

 

マナウスフリーゾーン(ZFM)と主要消費地間の国内輸送

マナウスはサンパウロから4000キロメートルの遠隔地であり、他の主要消費地も同様に遠く、ZFMからの道路網は整備されていないために、製造品をブラジル南東部や中西部へ運ぶためには、航空貨物、沿岸航路または河川水路と道路輸送の併用が必要となる。
南東部への製品輸送は河川輸送と道路輸送の併用で、65%から70%ぐらいがこの方法を用いており、ドラックに詰まれた製品はフェリーで5日間かけて 1700キロメートル下流のべレン港まで運ばれ,べレンからサンパウロまでの4~5日かけて、3000キロメートルをトラック輸送されるが道路事情が悪い 上に盗難リスクも高く、河川・道路輸送の保険料が高額になっている。
その他の輸送方法としてマナウス港から南東部の港まで沿岸航路を25~30%のメーカーが利用しているが、便が少ない上に寄港が多いために時間がかかる。
またマナウスにはサンパウロのグアルーリョス国際空港、カンピーナスのビラコッポスに次ぐブラジル3位の空港があり、10%の製品は空路で運ばれているが、主に付加価値製品の運送に利用されている。

 

南米最大のサントス港へのアクセス

サ ントス港への陸路のアクセスはサンパウロ州奥地やマットグロッソ州を結ぶ鉄道はあるが、整備も不十分で需要を満たすには不十分であり、早急の改善が必要で ある。また道路、河川、鉄道、港の統合は殆ど行なわれていなく、大半の輸送貨物はトラック輸送で港に運ばれるが、港ではトラックが列をつくっており、コス トアップに繋がっている。

 

ブラジル基幹産業協会(ABDIB)などから抜粋 2006年9月

関連記事

テーメル大統領の収賄罪裁判回避でPPI入札に拍車か

連邦政府は8月の国道153号線の再入札を発表

今年のPAC向け予算は45%カット

投資パートナーシッププログラムの11プロジェクト入札先送り

年間350億レアルに達する上下水道インフラ整備投資に海外投資家が注目

ペトロブラスはComperjプロジェクトで中国資本CNPCと共同開発か

Brookfield はOdebrecht Transportの道路コンセッション買収で交渉

ラヴァ・ジャット作戦関汚職問題の影響で900億レアル以上のインフラ投資中断

連邦政府は全ての空港民営化でInfraero公社廃止検討

海外投資家のインフラ部門投資は500%増加

Enseada Paraguaçuは事業再生でポートフォリオ模索

中国投資ファンドはブラジル国内インフラ投資に200億ドル

今年初め4か月間の公共投資は2009年以降では最低

コンソーシアムRiogaleãoは40億レアルを前払い

投資パートナーシッププログラムにSP州の中速度鉄道プロジェクト承認

中国の第3波のブラジル投資は200億ドルを突破予想

Galvão Engenharia社は国道153号線のコンセッション返納か

4空港の民営化コンセッション入札には最低4コンソーシアム参加か

州政府の13衛生公社民営化で最大356億レアルの資金調達

投資総額450億レアルの新投資パートナーシップ・プログラム(PPI)発表

連邦政府はインフラ投資牽引で中速度鉄道建設

トランスノルデスティーナ鉄道建設に中国資本CCCC社参加交渉

ゼネコン最大手オデブレヒト社は過去3年間で10万人以上解雇

連邦政府は4空港の民営化コンセッションで30億レアルの臨時歳入予想

社会経済開発銀行は25エンジニアリング輸出プロジェクトへのクレジット停止

オデブレヒト社はペルーの灌漑プロジェクトをBrookfieldに売却

中交交通建設はConcremat Engenharia社に80%資本参加でブラジルに足掛かり

投資パートナーシッププログラム(PPI)による港湾ターミナル契約延長

2017年のコンセッション入札による臨時歳入は240億レアルを予想

電力配電会社CELG社の最低入札価格を下げて年内に再入札実施

25インフラ整備プロジェクト並びにファイナンス条件変更を発表

中国政府はブラジルの新幹線プロジェクト再開を要請か

連邦会計検査院(TCU)は道路コンセッション契約延長阻止

テーメル暫定政権の民営化第1号はゴイアス州内の電力エネルギー配電会社

BNDES銀行はインフラコンセッション再開でタスクフォース編成

総額1,104億レアルに達するインフラプロジェクト再開か

穀物輸出の20%は北部回廊経由

連邦政府は4空港の民営化コンセッションで41億レアルを見込む

今年の第1四半期のインフラプロジェクトは72%減少

社会経済開発銀行はインフラ整備向け融資220億レアルを凍結

2015年のヴォトランチングループの純益は前年比 77%下落

北部地域の港湾整備遅れで年間40億ドルの損害

昨年の舗装道路不備による損害は468億レアルに達している

第1 次ロジスティック投資計画向けの大型クレジットが未だに凍結

ロシアは南北鉄道コンセッションに注目

ロジススティック投資計画の見直しでGDP伸び率上昇

連邦政府は年内のインフラコンセッション入札で160億レアル調達目標

港湾入札で10億レアルの臨時歳入か

インフラコンセッション入札に新規参入企業が注目

【連邦政府が国内の物流インフラ構成を再編へ】

【南米大陸横断鉄道-採算性の観点からは実現不可能】

【連邦政府が総額1,980億レアルのインフラ整備計画を発表するも市場は冷静に受け止め】

今年のインフラ整備部門の投資は前年比19%減少か

FGTSの30%までインフラ整備向けファンドの投資許可を検討

リオ州は中国企業による造船所並びに車両製造工場建設を誘致

李克強首相のブラジル訪問でインフラ整備部門に530億ドルの投資を予想

6月にインフラコンセッション入札発表か

カンタレイラ貯水システム入札に33企業が参加

鉄道民営化コンセッションを90年代に戻す

510億レアルのインフラコンセッション投資が予定されている

4国道入札コンセッション入札を準備中

リオニテロイ橋はEcoRodovias社が落札

エイケ・バチスタ氏に140万レアルの罰金を科した

第2次ロジスティック投資プログラム開始

BNDESはキューバの空港の改修や拡張工事向けにクレジット提供

2014年の国営企業の投資総額は前年比15.7%減少

39億レアルを投資したアスー港湾の第1期工事は4月に完成

中西部の穀物輸出のための北部ルート輸送整備に3億ドルの追加投資

第7次ラヴァ・ジャット作戦の影響でオデブレヒト社の社債発行が危惧されている

ペトロブラス汚職疑惑の捜査「ラヴァ・ジャット作戦」でインフラプロジェクト影響か

インフラ整備投資活性化のために官民合同プロジェクトに期待

PACプログラムの主要9プロジェクト建設工事で遅れ

ロジスティックコストは売上の11.2%を占める

連邦政府はインフラコンセッション向けの民間銀行の金利の引上げを検討

IBAMAは中西部地域統合鉄道の環境ライセンス認可か

経済成長加速プログラム(PAC)のプロジェクトの88%は遅延

CSN社並びに Santos Brasil社の港湾ターミナル拡大投資

中国はITやインフラ、宇宙開発でブラジルと関係強化

2015年から2017年のインフラ整備向けコンセッション投資は2,992億レアル

オデブレヒトがモザンビークでインフラ事業に進出

Galvão Engenhariaは新タモイオス高速道路入札に参加

Tietê-Paraná水上輸送が5月30日から停止

3公立銀行が道路民営化コンセッションの70%の融資を実施

PAC関連6事業だけで工期の遅れにより280億レアルの損失

PAC-3による鉄道網の投資総額は93億レアル

総延長距離が6,400キロメートルの道路民営化コンセッションの入札開始

国道153号線の入札は今月末に実施予定

連邦政府は旅客鉄道を再開発か

ブンゲ社は新ルートによる穀物輸出で大幅な輸送コスト削減

ヴァーレ社は港湾ターミナル近代化で70億レアルを投資

国道153号線の道路民営化コンセッションは5月の入札予定

4大穀物メジャーがロジスティック企業設立して民営化コンソーシアムに参入か

農産物収穫期の初めからサントス港への道路がトラックで停滞

経済成長加速プログラムPAC 2の投資は7,730億レアル

サンパウロ市近郊の第3空港建設は2021年以降か

パラー州からの穀物輸出は34%の輸送費削減に結びつく

連邦政府はALL社に対してコザン社の資本参加受入を要請

国道163号線の民営化コンセッションで輸送コストが大幅に減少

今後35年間のインフラ民間コンセッション投資は803億レアル

CCR社は南マット・グロッソ州内の国道163号線の道路民営化コンセッションを落札

ホフマン官房長官は連邦会計調査院(TCU)の決定に反論

記録更新の穀物輸出をスムーズに進める試験的ロジスティック改善策を導入

連邦会計調査院が指摘した書類不備でサントス港湾入札が遅れるか

Triunfo社が単独で3国道線民営化コンセッションを落札

オデブレヒト・トランスポルト社が国道163号線の民営化コンセッションを落札

国道163号線の民営化コンセッション入札に7コンソーシアムが参加予定

ミナス州のコンフィンス空港の第2滑走路建設義務化で入札が危ぶまれている

鉄道民営化コンセッションの早期入札のためにVALECに資金投入

MMX社のスデステ港は2014年からオペレーション開始

Infraeroは収益悪化でコストカットを拡大

コンフィンス空港並びにガレオン空港の民営化コンセッションの落札価格は最低価格の350%以上か

道路民営化コンセッションに補助金支給か

インフラ整備コンセッション入札が目白押し

空港民営化コンセッションの入札条件を再度変更か

楽観的なジウマ大統領の発言に海外投資家は首をひねっている

新しい道路民営化コンセッション入札は投資家にとって魅力的か

知名度の低いコンソーシアムが国道50号線の民営化コンセッションを落札

連邦政府は道路民営化コンセッション入札を変更

外資系企業がMMXの経営権取得

高速鉄道入札を再度延期

【ジウマ大統領がTAV事業入札の延期を準備】

連邦政府は空港民営化コンセッションの規則変更を余儀なくされる

サンパウロ州政府は11空港を民営化

連邦政府は道路民営化コンセッション向けクレジットを決定

ワールドカップ開催が1年後にも関わらず、インフラ設備投資が減少

北部地域の港湾インフラ整備が遅れている

初めの鉄道民営化コンセッションの収益率は予想を上回る8.5%に固定

高速道路の料金引き上げキャンセルで道路民営化コンセッションの株価が軒並み下落

港湾ターミナル民営化の暫定令595号/12の13項目を拒否

10月から161港湾ターミナルの入札開始か

高速鉄道コンセッションの最低収益率は7.2%に引上げ

労働・雇用省はアスー港の25社の下請け企業を労働契約違反として罰金をかけた

上下水道整備計画予算は5,080億レアル

道路民営化コンセッションの収益率増加並びにBNDES銀行の資本参加を許可

カンピーナス-サントス港を結ぶ鉄道を連邦政府が管理か

ロジスティックやトラック不足で北東地域の飼料用トウモロコシ供給が困難

2月の製造業部門の生産は前月比マイナス2.5%

連邦政府はインフラ整備コンセッション向けクレジット拡大

セアラー州ペセン港を貿易プロセス特恵区に指定

SP州、MG州 並びにRJ州のPPPコンセッション投資は700億レアル

今後4年間の国内向け投資総額は4兆レアル

海外投資家は為替リスクなどを指摘

連邦政府はインフラ整備コンセッションの収益性アップを約束

2014年末までのインフラ整備部門の投資総額は5,000億レアル

港湾ターミナルの民営化反対でサントス港の中国船籍を占領

鉄道民営化コンセッション期間を35年に延長

今年の国道の複線化は1,038キロメートル

連邦政府は5月末までに158港湾ターミナル入札を実施か

道路コンセッションの収益率アップで投資家には魅力増加

ジウマ大統領は大型インフラコンセッションでトップセールス

ガレアン空港やコンフィン空港も民営化で150億レアルの歳入を予定

今年のインフラ整備部門の投資は昨年以下か

暫定令595号で23港湾ターミナルを民営化

港湾民営化のための規制変更

LLXはアスー港の港湾スペースをGEに賃貸することで合意

港湾使用手数料低減パッケージを発表か

サントス港はサルバドール港に次いで最悪

ロジスティックコストは売上の13.1%

輸送インフラプロジェクトは軒並み遅れている

今年のインフラ部門の投資はGDP比1.96%

インフラ部門の雇用創出は建設部門を上回る

連立与党は鉄道コンセッションプロジェクトでライトレールを要請

1,330億レアルのインフラ整備プロジェクトを発表

2年後のワールドカップを前にInfraeroの空港整備は僅かに18.7%

PAC-2のインフラ整備プロジェクトが軒並み遅れている

連邦政府は7国道を民営化

輸送インフラ局の汚職摘発後も問題を抱えている

南部地域に2,700キロメートルの鉄道網整備に137億レアルを投資

ジウマ大統領は公共投資拡大を約束

アフリカ諸国のインフラ整備向けにクレジット拡大

Previは空港コンセッションや小売業界への投資を強化

貧弱なインフラは工業部門のロジスティックコストを年間170億レアル押し上げる

Cosanは8億9,650万レアルでAll社の5.67%の株購入

2014年までのインフラ部門投資は3兆レアルを上回るか

年内に港湾ターミナルの民営化開始か

3空港民営化入札の落札価格は最低価格の5倍

3空港の民営化コンセッション入札に11グループが参加か

Bertin社は高速道路コンセッションでイタリア資本Atlantiaとジョイントベンチャー

BNDES銀行は民営化空港の80%まで融資

ゼネコン大手のオデブレヒト社はアブダビで3億6,200万ドルのインフラ工事受注

3空港入札ではInfraeroが5億9,880万レアル投資

全国の国道の大型改修工事を開始

3空港入札条件に外資系企業参加を義務付け

南米統合インフラ投資は180億ドルに達する

MMXは南東港拡張に6億レアルを投資

サンパウロ州政府がPPP促進のための事業リストを策定

郵便局ストで民間サービスの需要拡大

港湾ターミナル向け投資が大幅に遅れている

2014年までの設備投資は1兆7,600億レアル

民間港湾ターミナル投資250億レアルも官僚制が投資阻害

連邦政府は3国際空港を民営化、Infraeroを上場

昨年のインフラ部門投資は1,460億レアル

ブラジルの鉄道輸送の平均速度は時速29キロメートル

連邦会計検査院(TCU)は道路コンセッションの収益性に疑問視

アラブの投資ファンドがブラジルに130億ドル投資か

PACプロジェクトが大幅に遅れている。

ペトロブラスはエタノール輸送ロジスティックでLOGUM社設立

今年のPACプロジェクト予算は680億レアル

リオ水害地域復旧事業に10億レアル追加

ジウマ大統領は年内に60PACプロジェクトの除幕式に参加の可能性