Câmara do Japão
Português
検索: OK

金融

 2006年度のブラジル10大銀行

(単位 100万ドル)

順位 銀行名 資本 総資産 融資残高 預金残高 純益 収益率(%)
1 ブラデスコ銀行 ブラジル 11,301 29,429 56,262 2,363 19.2
2 ブラジル銀行 ブラジル 9,494 52,653 74,980 2,826 25.7
3 イタウー銀行 ブラジル 6,069 11,889 53,821 925 14.0
4 ウニバンコ銀行 ブラジル 4,417 13,691 21,937 818 16.9
5 レアル銀行 オランダ 4,339 17,159 27,214 759 16.3
6 連邦貯蓄銀行 ブラジル 4,156 19,279 56,748 1,116 23.1
7 サンタンデール銀行 スペイン 3,321 15,266 16,426 358 10.0
8 イタウーBBA ブラジル 2,495 7,877 12,528 517 19.1
9 ヴォトランチン銀行 ブラジル 2,355 2,697 14,678 472 17.8
10 サフラ銀行 ブラジル 1,778 7,943 7,235 366 17.5

 

出所-EXAME誌 MELHORES E MAIORES 2007年8月号

関連記事

今年第2四半期のBNDES銀行の純益は162%増加

海外投資家は政治危機にもかかわらず、ブラジルに再注目

FGTS凍結預金の引出総額は440億3,200万レアルを記録

7月のポウパンサ預金残高は23億レアルを記録

大手民間銀行3行の上半期の純益は17.0%増加

政策誘導金利は4年ぶりに一桁台を記録

海外投資家のブラジル国債所有比率は減少傾向

2016年の中国のブラジル投資は前年比13.0%増加

BNDES銀行の製造業向けクレジットは井戸の底

ブラデスコ銀行は初めて希望退職制度導入で1万人削減計画

J&Fは罰金支払いでAlpargatasを35億レアルで放出

最終フォーカスレポートでは今年のSelic金利を8.25%に修正

サンタンデール銀行は商業銀行などの買収でポートフォーリオ拡大か

今年の新規株式公開は2010年以降では最高か

今年第1四半期の4大銀行は853支店を閉鎖

5月の海外投資家はブラジル国債57億レアル売り越し

5月の国庫庁の歳入額は977億レアルに留まる

JBS社は自社資産放出で60億レアル調達予定

6月のインフレ指数は11ぶりにデフレ予想

ブラジル銀行並びにイタウー銀行はクレジットカード発行縮小

エイケ・バチスタ氏はOGXの株売買で2,100万レアルの罰金

中銀の最終フォーカスレポートでは今年のGDP伸び率を0.41%に下方修正

ブラジルへの対内直接投資ランクは6位に上昇

5月のポウパンサ預金は2億9,200万レアルの黒字を計上

政策誘導金利は1.0%引下げの10.25%に留まって今後の引下幅減少を示唆

JBSオーナーの司法取引証言で中銀は今年のインフレ指数見直し

4月の銀行金利は低下するもクレジットは低調に推移

第1四半期の連邦貯蓄金庫の純益は81.8%増加

ブラジル証券取引委員会はJBS社のインサイダー取引疑惑で捜査開始

今年初め4か月間の社会経済開発銀行のクレジットは19%減少

第1四半期の対内直接投資はすでに148億4,000万ドルに達している

イタウー銀行はXP Investimentosの株式49.9%を63億レアルで取得

XP Investimentosをはじめとした投資ブローカーが個人投資家獲得で熾烈な競争展開

海外資金調達で為替レッジ付社債発行

海外投資家はブラジル企業買収や資本参加で鵜の目鷹の目

中銀の通貨政策委員会議事録では更なるSelic金利引下幅示唆

3月のポウパンサ預金引出は預金を50億レアル上回った

世界5位の証券取引所B3がブラジルに誕生

延滞率増加だけではクレジットのスプレッド高の要因とはならない

勤続期間保障基金の凍結預金引出は350億レアルに達するか

2月のポウパンサ預金引出率が減少

中銀では政策誘導金利の切下げ幅拡大を示唆

Selic金利減少にも関わらず、今年1月の銀行金利は上昇

中銀は政策誘導金利 (Selic)を全会一致で0.75%引き下げて12.25%に決定

民営化の可能性のある公社の株価が上昇

最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を4.43%に下方修正

2015年6月以来のレアル高の為替を記録

今年1月のクレジット需要は0.5%増加

トランプ旋風によるドル高傾向に風向き変化か

昨年のブラデスコ銀行の純益は貸倒引当金増加で4.2%減少

2016年の社会経済開発銀行のクレジットは35%急減

昨日のサンパウロ平均株価は過去5年で最高記録

負債軽減のために社債発行や株売却

4大銀行の寡占化が加速

Selic金利は年末に一桁台に達するとミッシェル・テーメル大統領は楽観予想

中銀は政策誘導金利 引下を加速

経済リセッションにも関わらず、製造業部門の対内直接投資は好調に推移

年利が僅か8.30%のポウパンサ預金から407億レアルが逃避

2016年の外貨流出残は42億5,000万ドル

外資系銀行5行がカルテル形成で1億8,100万レアルの罰金

エイケ・バチスタ氏は不死鳥のごとく再浮上するか

中銀の通貨政策委員会では、2回連続で政策誘導金利を0.25%切下げ

2015年の中国企業によるブラジル投資は74億ドル

住宅ローン支払い遅延が3倍に急増

中小企業のクレジット延滞率が上昇

トランプ次期アメリカ大統領の確定後のドルの流入が予想に反して増加

ブラジル銀行は1万8,000人の希望退職者募集

経済指標では2017年の経済成長率の下方修正を余儀なくされている

4大銀行の第3四半期の純益は6.5%減少の143億レアル

2017年のIPOで100億ドルの資金調達か

株式への個人投資家比率が上昇傾向

1年半ぶりに新規株式公開(IPO)で資金調達

中銀の最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6.89%に下方修正

レパトリアソン法による不正海外貯蓄金流入で昨日のドルはR$3.11に下落

中銀は4年ぶりにSelic金利切下げ

海外投資家のブラジル国債比率が減少

公立銀行の金利が民間銀行よりも上昇

BNDES銀行はラヴァ・ジャット作戦汚職で摘発されたゼネコン向けサービス輸出クレジット停止

10月の通貨政策委員会で政策誘導金利 を0.25%切下げ予想

多くの大企業は収益悪化で金利支払いに四苦八苦

9月の予想を上回るインフレ指数減速で政策金利下落サイクル入りか

年金ファンドの赤字総額は840億レアルか

ブルックフィールドは果敢に時価総額下落の企業買収

今年初め8か月間のポウパンサ預金引出残高は482億レアル

最終フォーカスレポートでは来年の経済見通しを上方修正

大手商業銀行の負債返済の再交渉が大幅増加

政策誘導金利は現状維持の14.25%継続

連邦政府の債務残高増加比率はギリシャ並みか

社会経済開発銀行は破産企業の買収向け特別クレジット枠に50億レアル

レアル高の為替で外資系企業の本国への送金増加

今年のレアル通貨は米国ドルに対して世界で最も上昇

今年の海外での社債発行は250億ドルに達するか

社会経済開発銀行は投資政策を変更

大手銀行は貸倒引当金をそれぞれ上積み

年内にレアル通貨に対するドルの為替はR$3.00を割るか

第2四半期のブラジル銀行の純益は40.7%下落

ジウマ大統領弾劾裁判投票開始でドルの為替は継続して下落

中銀では2017年のインフレ指数は更に減少予想

ブラジル本社向け直接投資が拡大

今年初め7か月間のポウパンサ預金引出残高は437億レアルで記録更新

イタウー銀行では来年のクレジット部門伸び率を6.0%と予想

中銀の最終フォーカスレポートでは、来年のインフレ指数並びにGDP伸び率を修正

国内外の投資ファンドは今後数年間に500億ドルを投資か

今年のインフレ指数は2週連続で下方修正

最終フォーカスレポートでは今年のインフレ指数を7.27%に下方修正

6月のドルの為替は10.35%下落

中銀総裁はSelic金利引下げが遅れると明言

中銀総裁はSelic金利引下げが遅れると明言

5月の公的債務残高は2兆8,780億レアルに増加

最終フォーカスレポートでは今年のインフレ指数を7.29%に上方修正

2015年の世界の海外直接投資は前年比38%増加の1兆7,600億ドル

テーメル暫定政権誕生後のブラジル企業は海外で96億ドルの資金調達

ブラデスコ銀行がHSBC銀行を合併

今年の社債発行による資金調達は87億5,000万ドルを突破

連邦貯蓄金庫はイタウー銀行を抜いて2位に躍進

連邦警察はブラデスコ銀行頭取を汚職捜査「ゼロテス作戦」で告訴

中銀は今年末のSelic金利は12.75%に下方修正

会社更生法申請企業の負債総額は1,200億レアルに達する

大銀行の引当金積立が急増

イタウー銀行の第1四半期の純益は前年同期比9.9%減少

特別小切手税の年利が300%突破

中銀の通貨政策委員会は6回連続で政策誘導金利14.25%の据置決定

大銀行の純益は2013年以来初めて減少か

社会経済開発銀行は投資並びに運転資金調達金利を再度修正

社会経済開発銀行は輸出促進で金利カット並びにクレジット拡大

ドル高の為替に賭けた企業は損害防止に躍起

人口の30%がクレジット延滞を余儀なくされている

大企業グループの1,500億レアルの負債返済で交渉

2015年の海外在住ブラジル人のドル送金は前年比15.6%増加

3月の投資の収益率トップはサンパウロ平均株価の16.97%

2年連続でクレジット部門縮小か

昨年の社会経済開発銀行はペトロブラス持ち株下落で大幅減少

ブラジル銀行業界再編で企業向けクレジットが更に縮小か

ルーラ元大統領の入閣予想でドル為替が3.11%高騰

過去7年間のブラジル企業の負債は倍増の1兆4,000億レアル

2月の外貨の流出残は34年ぶりの93億ドル

連邦政府は経済回復起爆剤として公立銀行のクレジット拡大

2月のポウパンサ預金引出残額は66億3,900万レアルで記録更新

デウシジオ・アマラウ上議の司法取引釈放で金融シナリオの潮目が変わるか

アルゼンチン政府は債務再編受入拒否していた「ホールドアウト」と合意

1月のブラジル国内のM&A案件は減少

シティバンク撤退に伴ってXP Investimentosとサンタンデール銀行が買収に名乗り

政治混乱継続でブラジル格付けを「BB」に引き下げ

ヨーロッパ主要銀行の株価下落が世界に波及

2016年のGDP伸び率は最悪マイナス5.0%に達する可能性

昨年のイタウー銀行の純益は15.4%増加の234億レアルを記録

景気刺激策に830億レアルのクレジット捻出

昨年のクレジット伸び率は過去10年間最低の6.6%に留まる

2015年のBNDES銀行のクレジットは28%減少

Selic金利据置で昨日のドルの為替はレアルプラン以降で最高値を記録

中銀の通貨政策委員会は、予想外の政策誘導金利 (Selic)据置決定

サンパウロ証券取引所の28上場企業の時価総額は半減

10年物のグローバル債金利が3.81%上昇

2015年の会社更生法申請は前年比55.4%増加の1,287件

ブラジル中銀は為替変動抑制のため為替市場介入で897億レアル損失

フォーカスレポートでは今年のGDP伸び率を2.95%と予想

2016年の新興国の為替は更に下落予想

フィッチはブラジルの長期債務の信用格付をBBB-からBB+に引き下げ

アルゼンチン政府は4年にわたる為替規制を廃止

ムーディーズはブラジルのソブリン格付けを格下げ方向で見直し検討

中銀の通貨政策委員会議事録は来年のSelic金利引上げを示唆

主要新興国の民間企業債務が急増

BTGパクチュアルはGICにD’Or病院グループの持ち株を譲渡

BTGパクツアル銀行のアンドレ・エステベスCEO逮捕で同行株が40%下落

ブラジル銀行とブラデスコ銀行は低所得者層対象の共同銀行設立

延滞債務者の33%は2016年末までに返済不可能

ドル高の為替などでブラジル企業M&Aにチャンス到来

実業家アビリオ・ジニス氏のコメントでサンパウロ平均株価は高騰

第3四半期のブラデスコ銀行の純益は前年同期比6.3%増加

9月のクレジットカードの年利は414%まで上昇

中銀は全会一致で政策誘導金利を14.25%に据え置き

フィッチが投資適格級としては最低の「BBB-」に格下げ

連邦政府への負債トップ10の負債総額は1,226億レアル

今年9か月間のポウパンサ預金から538億レアル逃避

ジウマ大統領のドル高によるブラジル企業負債増加発言でドルはR$4.080に

連邦政府のドル介入にも関わらず、ドル為替は天井知らず

今年初め8か月間のPAC関連向け投資は270億レアル

米国金利引上げでブラジルは新興国で最も混乱をきたすと予想

社会経済開発銀行(BNDES)は株価が堅調な持ち株を放出

S&Pによる格下げで経済指標は更に悪化

ブラジルの長期外貨建てソブリン格下げでクレジット部門は縮小

S&Pはブラジルの長期外貨建てソブリン格付けをジャンク級に引下げた

BNDES銀行のクレジットは18%減少

中銀の通貨政策委員会はSelic金利を14.25%に据え置く

第2四半期の連邦貯蓄金庫のクレジットは17.4%増加

法人向けクレジットの延滞率が過去4年間で最高

今年初め7か月間の対内直接投資総額は33%減少

今年の公社による国庫庁への利益・配当金170億レアル達成は困難を極めるか

10月に200億レアルに達するIOP開始か

金融機関はラヴァ・ジャット関連大手ゼネコン企業の財務分析

ドル高の為替でSelic金利の引き下げを先送りか

暫定令675号の金融機関向け課税率を引上げ

7月の海外投資家による株売り越しは5億6,790万ドル

ブラデスコ銀行はHSBC銀行のブラジル資産を52億ドルで買収

特別小切手税と呼ばれる口座借越残クレジット年利は241%に上昇

中銀は全会一致で政策誘導金利を14.25%に決定

S&Pはブラジルの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引下

大手4大銀行の第2四半期の平均純益は13.7%増加予想

今年上半期のポウパンサ預金収支赤字は385億レアル

今年上半期の投資の収益率トップはドル投資