Câmara do Japão
Português
検索: OK
(521)

エネルギー

ペトロブラス石油公社は2008年に買収した南西石油を完全子会社化して、アジアに足がかりを築く(2010年4月4日付けインターネット記事参考)

ブラジル国営石油会社ペトロブラスは2010年4月2日までに2008年に買収した南西石油(沖縄県西原町)を完全子会社化すると発表、ペトロブラスは立地条件が優れている南西石油をアジア向けの精製・輸出拠点に位置づけ、ブラジル産原油のアジア向けの精製拠点としてアジア市場に進出する。

ブラジルは世界有数のバイオエタノールの生産国であり、アジア市場でバイオエタノールの市場開拓につなげる狙いももっており、2008年に南西石油の株式87.5%をエクソンモービル系の石油会社から取得して子会社化、更に南西石油を完全子会社化することで設備投資拡大などを図る。

南西石油は日量10万バレルの精製能力を持ち、ペトロブラス傘下に入る以前には2万5000バレルであったが、現在は日本国内でバイオエタノール3%をガソリンに混合する「E3」向け需要開拓が進展して5万5000バレルに増産、今後も国内外の需要開拓やアジア市場向けの輸出市場を積極的に開拓する。

 Pdf 2007年のブラジルのエネルギー統計(2008年7月7日)

 

電力発電

ブラジルは世界最大の推定2億5,500万KWの発電能力を有するぐらい水力資源に恵まれているが、石炭資源に乏しいことから、ブラジルは急成長する産業への電力需要を満たすために、大規模なダム建設に力を入れてきた。最初の水力発電所は1889年に稼動して250KWを発電しましたが、これは火力発電の半分に過ぎなかった。それから1世紀後、水力発電の4,587万KWに対して、火力発電は730万KWと、比率は6.28対1に逆転した。
1962年におけるブラジルの発電能力は580万KWであったが、1964年には680万KW、1974年には1,760万KW、更には1985年には3,730万KW(イタイプー発電所の8つのタービンがフル稼働状態)まで増加している。
世界最大の水力発電所のイタイプー発電所は、イグアスの滝からさほど遠くない、パラグアイとブラジルの国境のバラナー州に建設されており、パラグアイ政府とブラジル政府の共同プロジェクトで、イタイプー条約は1966年に調印され、1970年代半ばから建設が始まった。そして、1985年には、18基あるタービンのうちの3基(70万KW/1基)が稼動した。今では18基全てが稼動しており、同発電所が供給する。
同発電所の他に、アマゾン川流域の南西部にあり、1984年に落成したツクルイ水力発電所により、ブラジルの発電能力は390万KW増えた。同水力発電所第二期工事は2006年に終了予定であるが、これが稼動すれば発電能力は830万KWとなる。
ブラジルで生産される電力のうち、13.5%が火力発電所、86.5%が水力発電所から供給される。2001年には近年最悪の干ばつに直面、水力発電所の貯水池の水位は過去70年間の平均を50%も下回った。そのため、政府は節電措置を実施、「エネルギー危機管理委員会」という機関を新設した。

 

代替エネルギー

国家電力監督庁(ANEEL)は、代替エネルギー多様化プログラム(PROINFA)を2003年11月の法令で制定、風力発電、小型水力発電、バイマス発電による電力を3,300MW まで政府が買い上げる仕組みを作り、電力供給の多様化を図るプロジェクトで、プロジェクトが採択されたと似、電力買上げを行なう電力公社エレトロブラスと契約を結ぶ。
同プログラムは2008年末までに計144件の発電プラント〔バイオマス‐27件、風力発電‐54件、小型水力発電‐63件〕から3,300MWの電力供給を目標にしているが、2006年5月時点で着工している案件は37件で、乾燥予定の2008年末での見込み総発電量は917.6MWに留まっている。
中でも最も進捗が遅れているのが風力発電で、着工しているのは僅かに5件で発電量は208.3MW に留まっているが、進捗状況が好調なバイオマス分野は16件でプロジェクトが直行しており、2006年内には329.6MWの発電かイ市が見込まれている。また小型水力発電は63案件中16件が着工している。

ブラジルのエネルギー源別の発電能力と見通し(MW)

熱源 2003年 2007年 増減(%)
水力発電 65,832 80,660 22.3
天然ガス 5,248 8,661 65.0
石油派生品 5,288 2,706  ▲48.8
木炭 1,461 2,161 47.9
原子力 2,007 2,007       -
バイオマス 1,942 3,032 56.1
風力発電 22 1,242 5,545.50
輸入エネルギー 8,000 8,788 9.9
合計 89,900 109,257 21.5

 

出所-鉱山動力省 2006年9月

 

石油政策の経緯

ブラジルの石油法は1941年に制定され、連邦政府は石油産業への外国資本の進出を禁止、1953年に国営石油公社ペトロブラス社が設立され、ブラジルに於ける石油採鉱、開発、生産、精製、販売、輸出入を独占する体制となった。
当初は内陸部での石油深鉱が活発に行なわれていたが、1968年以降は主にカンポス沖で海洋油田開発が着手されて、深海域での海底仕上げ方式を中心に大きな成果を上げた。しかし1995年に連邦政府は海洋石油開発の活性化を目的に、ペトロブラスの独占廃止するために憲法修正を実施、1997年には新石油法を制定して石油産業の対外開放を進めるために、1998年に鉱山エネルギー省の下に国家石油庁(ANP)を設立した。
これは石油産業全般の監督機関を持ち、ペトロブラス社の保有鉱区の92%を同庁に移管して、公開入札を1999年から実施、2005年までに7回の入札が行なわれている。

 

石油生産

2006年のブラジル国内の石油生産量は日産190万バレルを予定しており,ブラジルの消費量185万バレルを上回り、完全自給が達成されル予定であり、2010年には230万バレルで輸出国の地位を確立する。国内の石油生産の99%をペトロブラスが占め、ペトロブラスが生産する石油は17%が陸上,19%が水深400m以下,64%が深海から生産されており,海域,特に深海の占める割合が非常に大きい。州別に見るとカンポス,サントス盆地を有するリオ州が82%を生産しており,石油生産の中心となっていることがわかる。

 

天然ガス

ブラジルは1日当たりの天然ガスの消費量は4,800万立方メートルで、工業用,火力発電及び110万台の車用の燃料に使用され石油換算で30万バレルに相当するが、これまで半分の2400万立方メートルをボリビアからパイプラインを通して輸入していた。
しかし2006年1月に誕生したエヴォ・モラーレス大統領は石油・天然ガス上業の国営化を宣言したために、今後の同国からの供給不足を恐れて、ペトロブラスは同国以外からの輸入を模索しているが、2009年にボリビアの天然ガスの生産量に匹敵するサントス沖の天然ガス採掘が開始されれば解決されると見られている。

 

国家原油庁(ANEEL)、エスタード紙などから抜粋 2006年9月 

関連記事

2月の過去12カ月間の電力消費は1.4%増加

2016年のペトロブラスは148億レアルの赤字を計上

会計検査院(TCU)はBR Distribuidora社の売却プロセスの見直しを指示

製造業部門が牽引して電力消費量が増加

中国資本Shanghai Electricがブラジルのインフラ基幹産業に進出か

昨年12月から鉱工業部門の電力エネルギー消費増加

ベロ・モンテ水力発電所の50.02%の運営権を100億レアルで競売

2016年の国内原油生産は、プレサルが牽引して前年比2.9%増加

2017年の石油・天然ガス入札実施で45億レアルの臨時歳入予想

ペトロブラスは低金利の社債発行で40億ドルを調達

ペトロブラスはディーゼル燃料価格を6.1%値上げ

連邦会計検査院はペトロブラスの資産売却に対して停止命令

石油派生品値上げは即日

ペトロブラスはLiquigasを最高30億レアルで Ultragazに譲渡

シェル社は今後5年間で100億ドルの投資を約束

ペトロブラスはガソリン3.1%、ディーゼル燃料価格を10.4%値下げ

今年のペトロブラスの株価は168%上昇

サンパウロ州内の電力料金は最大30%値下げ

ペトロブラスは南西石油を1億2,920万ドルで放出

ペトロブラスはガソリン価格を3.2%値下げ

中国三峡集団公司はDuke Energy資産買収で民間4位の電力会社に

プレソルト原油開発法案改正で1,000億ドルの投資予想

ペトロブラスはプレソルト鉱区開発の選択可能法案可決

プレソルトのリブラ鉱区の原油埋蔵量は40億バレル以下か

ペトロブラスは5か年投資計画で再度下方修正

ペトロブラスはリブラ油田開発向けプラットフォームの海外発注を要請

貯水能力2位のソブラジーニョ貯水ダムの貯水率は僅か12%

電力エネルギー部門では負債軽減のために軒並み資産放出

ペトロブラスの自社資産売却計画は60%達成

ペトロブラスの希望退職制度応募者は全従業員の13%に留まっている

ペトロブラスは資金調達で中国詣開始

景気回復予想で電力料金上昇傾向

第2四半期のペトロブラスの純益は3億7,000万レアルに留まる

OPECはブラジルの石油生産を上方修正

ペトロブラスは予定の30%の資産売却達成

昨年のPetrosの投資損出は67億レアル

今年上半期のナフサ価格は31%上昇

第2四半期のペトロブラスの原油生産は7.7%増加

中国資本State Grid社はブラジルで電力エネルギー部門への投資拡大

次回のプレソルト原油開発入札は2017年下半期か

ペトロブラスの投資計画は再度見直し

ペトロブラスは25%のサラリーカットと勤務時間短縮で組合と話合い

プレソルト原油生産が100万バレルを記録

今年第1四半期のペトロブラスは12億6,000万レアルの赤字を計上

今年第1四半期の燃料販売は前年同期比5.0%減少

2月の天然ガス消費は18%減少

2月の石油生産は前月比0.8%減少

ペトロブラスの燃料価格値下げ検討で株価が9.0%下落

2月の製造業部門の電力消費は前年同月比7.2%下落

中国国家開発銀行はペトロブラスに中国製資本財購入条件でクレジット提供

連邦政府はState Grid社と中断しているAbengoa社請負工事を交渉

2015年のBR Distribuidora社は12億レアルの赤字を計上

2015年のペトロブラスは原油安と評価損計上で348億レアルの赤字

Sete Brasil社の主要三大投資ファンドの損害は26億レアル

石油の国際コモディティ価格が40ドルを突破

電力エネルギー企業が資金調達で自社資産放出

ペトロブラスは天然ガス関連施設を資金調達のために放出

一般消費者向け電力料金は7.0%値下げの可能性

2015年の電力エネルギー消費は前年比2.1%減少

ペトロブラス石油公社は5か年投資計画で320億ドルを削減

2016年の電力エネルギー消費は1.0%増加予想

29水力発電所入札で170億レアルの臨時歳入

ペトロブラスの第3四半期の決算は37億6,000万レアルの赤字を計上

過去1年間でペトロブラスの時価総額は65%減少

石油価格下落で原油開発コストの大幅削減を余儀なくされている

エル・ニーニョ現象の影響で北東地域の貯水池の平均水位は10%を下回る

プレソルト原油は1バレル55ドル以上で採算が取れる

ペトロブラスは第13回石油・天然ガス入札に不参加

Votorantim Energia社は11億3,000万レアルを風力発電所建設に投資

ペトロブラスは今年の投資総額を更に11%削減

1日当たりのルーラ油田の原油生産は36万8,000バレル

ペトロブラスは燃料派生品価格を値上げ

一般家庭の電気代は8.0%値上げか

連邦政府は水力発電所入札で110億5,000万レアルの臨時歳入を期待

ペトロブラスは短期投資計画の投資削減見直し

8月のペトロブラスの石油生産は220万5,000バレル

ペトロブラスは2019年までに120億ドルのコスト削減を実施

第13回石油・天然ガス入札に石油メジャーが参加予定

中国電力企業はブラジルの電力事業全般に投資か

ペトロブラスは3年半で負債削減のために580億ドルの自社資産放出

リオ石油製油所コンビナート(Comperj)完成に中国資本受け入れ交渉か

5月の1日当たりの石油生産は241万2,000バレル

サンパウロ大都市圏の一般消費者の電力料金値上げは17.04%

ペトロブラスは投資5か年計画の予算を更に41%カット

ペトロブラスは5か年投資計画の予算40%カットを検討

BGを買収したシェルのブラジル国内の石油生産は世界の20%を占める

ペトロブラスは償還期間が100年の社債発行で25億ドルを調達か

パウリスタ電力はスマートグリッドの実証実験開始予定

ペトロブラスは負債軽減のためにプレソルト鉱区を放出

新規コンセッション契約更新しなかった30か所の水力発電所を入札にかける

国内外の投資家はバイオマス発電所を抱える企業に注目

第1四半期のペトロブラスの純益は53億レアルの黒字を計上

今年の原油輸出は50%増加を予想

第1四半期のペトロブラスの純益は49.5%下落

石油・天然ガスの生産は3か月連続で減少

ペトロブラスは30億ドルの自社資産売却

ペトロブラスはブラスケンの一部を売却か

シェルはBG買収でブラジル国内での石油生産は2位に上昇

Schahin Oleo e Gasはペトロブラスに原油開発中止を連絡

ペトロブラスはラヴァ・ジャット作戦の汚職損害抜きの決算発表か

3月のペトロブラスの石油生産はプラットフォームでの操業停止で減産

2020年の製紙業界の電力エネルギー発電能力は2倍に増加

連邦政府は水力発電所への資本参加率を下げる

ペトロブラスはラヴァ・ジャット作戦の損失を決算に計上か

国家原油庁(ANP)は石油製油所への投資の必要性を強調

ペトロブラスは28隻のプラットフォームFPSO建造発注を半減

ヴォトランチングループは風力発電やPCHsに投資

ペトロブラスは今後2年間に資産売却で137億ドルを調達

ムーディーズはペトロブラスをBaa3からBa2に格下げ

Teles PiresコンソーシアムはMatrinchã Transmissoraを提訴か

ペトロブラスのプラットフォームFPSOで人身事故発生

電力料金は最高33.71%の値上げ

ペトロブラスの石油開発投資は必要最小限に変更

ペトロブラスは昨年第3四半期の決算発表で時価総額が14億レアル減少

停電を避けるためにアルゼンチンから電力エネルギーを緊急輸入

ガソリン価格値上げはエタノールの価格競争力強化につながる

昨日の停電は10州とブラジリア市で発生

Comperj製油所ではペトロブラスの支払い遅延による解雇の嵐

昨年のペトロブラスの1日当たりの平均石油・天然ガス生産は前年比5.3%増加

連邦政府は暫定令579号による補助金支払い削減で電力料金の値上げ

公立銀行は電力配給会社に25億レアルのクレジット提供

昨日のペトロブラスの株価は9.9%下落

外資系企業はエタノール業界から撤退か

第13回石油・天然ガス開発入札は最大300鉱区

弁護士事務所Wolf Popper はペトロブラスに対する集団訴訟手続開始

ペトロブラスは投資適格から格下げの可能性

10月の石油・天然ガスの生産は記録を更新

石油の国際コモディティ価格下落はペトロブラスのプレソルト投資に悪影響

ペトロブラスの肥料工場建設はサプライヤーへの支払い停滞で凍結

石油輸出国機構は石油価格が過去4年間で最低でも減産しない

国家電力エネルギー庁(ANNEL)は電力料金の値下げを決定

メキシコ湾の深海油田開発が再開

ペトロブラスの汚職スキャンダルによる資金流失は最大210億レアルか

ペトロブラスはペルーの自社資産を26億ドルで売却

英国資本BG社は継続してプレソルト油田開発に投資

ペトロブラスはガソリン価格を3.0%、ディーゼル価格を5.0%それぞれ値上げ

連邦政府はペトロブラスの燃料価格値上げにゴーサイン

11月の南東部地域並びに中西部地域の水力発電所の貯水ダムの平均水位は16%まで減少か

10月の南東部地域並びに中西部地域の貯水ダムの水位は前年同期の50%以下

国際石油価格減少はペトロブラスの投資計画の変更を余儀なくされる

年末のペトロブラスの石油卸売価格は国際ガソリン価格よりも上昇予想

南東部地域並びに中西部地域の水力発電所の10月末の平均水位は19.9%まで低下予想

ブラジル環境再生可能天然資源院(IBAMA)はルーラ鉱区の原油開発を許可

マナウスとマカパ間の電力エネルギー送電網の完成が大幅に遅れている

今年8カ月間の天然ガス輸入は26億4,500万ドル

昨日、アクレ州とロンドニア州で停電が発生

ブラジルの太陽光発電は試行錯誤段階

財政収支改善のために電力料金は25%値上げ

ペトロブラスは原油生産420万バレル達成にはパートナー企業が不可欠

IBAMAはプレソルト開発向け環境ライセンス認可を緩和

アナダルコ社は継続してブラジルの石油開発に投資

昨日のサンパウロ平均株価はペトロブラス石油公社の汚職問題で下落

過去10年間の水力発電所の電力エネルギーは10%増加に留まっている

シェールガス開発向け環境ライセンス認可はIBAMAが実施

8月のペトロブラスの石油・天然ガス生産は記録更新

今年上半期のペトロブラスの石油生産は計画を7.0%下回った

今後数年間の風力発電所向け装置メーカーの投資は10億レアル

国家電力庁(Aneel)は北東4州の電力料金値上げを承認

2017年のプレソルト原油生産は100万バレル突破か

10年後のブラジルの石油生産は世界の5.0%になる可能性

燃料価格の値上げ予想でペトロブラスの株価は高騰

2015年の電力料金値上げは8.0%に達するか

フランス資本GDFはパルナイーバ堆積盆地の石油・天然ガス鉱区に資本参加

35電力関連企業の国家電力庁(Aneel)への負債は31億レアル

太陽光発電入札は10月に予定されている

連邦政府は再度プレソルト鉱区を入札なしでペトロブラス石油公社に譲渡か

ペトロブラスの今年の原油生産目標は7.5%増加

ペトロブラスはオランダ資本SBMとの契約解除で150億ドルの純益減少

サンパウロ市大都市圏の電力料金は18.06%値上げ

プレソルトの1日当たりの原油生産は50万バレルを突破

Eletropauloの電気料金値上げ16.69%が承認されればインフレ指数は許容上限値を突破

2日間でペトロブラスの時価総額は132億5,000万レアル減少

ペトロブラスは4プレソルト鉱区を入札なしで入手

イラクの武装勢力の攻勢でナフサ価格が高騰

水力発電所の貯水ダムの水位低下で電力発電システム稼働に影響

グラッサ・フォスター総裁は燃料価格値上げを示唆

ペトロブラスの第1四半期のエネルギー部門の収益は6億3,100万レアル

ペトロブラスの希望退職者は8,000人

火力発電所の発電能力は燃料不足などの要因で30%減少

エタノール増産で燃料価格値下げか

ペトロブラス石油公社は初めて開発中のプレソルト油田を返却

旱魃でミナス州の水力発電所の放水制限

南大河州の電力配給会社AES Sulの平均電力料金値上げは29.54%でトップ

3月の電力エネルギー消費はカーニバル休暇で減少

2月の原油生産は前月比1.8%増加

2015年に電力料金が最高9.0%値上がりか

プレソルト油田開発向け技術開発が難航

ペトロブラスは年内の燃料価格値上げを示唆

サトウキビ粕による電力エネルギー発電は僅かに1.72ギガワット

今年の燃料輸入は115億ドルに達すると予想

2月の月間電力消費量は記録更新

ペトロブラスはドル建て社債発行で85億ドルを調達

1月の原油生産は前月比2.4%減少

昨日のペトロブラスの株価は2005年以降では最低

2013年のペトロブラスの純益は11.3%増加の235億7,000万レアル

一般消費者に対して電力料金値上げ4.6%をしわ寄せか

中国資本State Gridとエレトロブラスがベロ・モンテ水力発電所の配電コンセッションを落札

電力送電量は供給能力の限界に近い

11州で停電が発生して600万人が影響を受けた

ペトロブラスの株価は過去5年間で最低