Câmara do Japão
Português
検索: OK
(524)

電気・電子

 

2006年第1四半期の売上げ

2006年第1四半期の電気電子部門は前年同期比18%増加した。

部門 名目対前年同期比増加率 実質対前年同期比増加率 インフレ率
オートメーション 0% -1% 1%
電気電子部品 -4% -5% 1%
工業用装置 8% 7% 1%
電力(モーター、ジェネレーター) 62% 49% 9%
情報産業 31% 31% 0%
建築用電気材料 7% 6% 1%
電信・電話 15% 14% 1%
家電 10% 22% -9%
Total 18% 18% 0%

 

電力(ジェネレーター、モーター)の実質増加率はトランスミッションや配電部門を中心に49%増加してトップ、これは2004年から2005年にかけて電力需要増加による電力送電部門の入札が行なわれテ、投資増加が大きく寄与している。
2005年12月に電力発電の入札が国家電力庁(Aneel)によって行なわれ、4億9000万レアルが配電部門以投資されるために、引続き電力部門は高い成長率を維持すると予想されている。
続いて情報産業が善意の暫定措置令で2500レアルまでのコンピューターに対して、社会統合基金(PIS)および社会保険融資納付金(Cofins)が免税、また1400レアルまでのコンピューターに対してファイナンスを促し、また連邦警察が正規市場活性化させるために闇市場の取締りを強化していることも、31%と大幅な増加に繋がっている。
家電の売上げが22%増加で電気電子部品売上げを押上げたが、ドル高で輸出が打撃を受け、更に中国を中心に輸入部品が増加した。第1四半期の電気電子部品輸出は6%下げたが、輸入は48%と大幅に増加した。
電信電話はセルラー電話の販売が好調で14%増加、国家電気通信庁(Anatel)は2006年3月にセルラー電話が9000万台を達成、またセルラー電話輸出も29%増加の5億8500万ドルを達成して、電気電子部門の輸出トップを維持している。また固定電話はインターネット活用でコスト削減が可能なIP電話への投資が増加している。
建築用電気材料は小規模住宅やリフォームの増加に伴い6%増加、大規模建設は伸び悩んでいたが、2月に建設不動産部門へのテコ入れとして、連邦政府は187億レアルのファイナンスを決定した。その上、建築材料のタイル、洗面用具、ガラス、塗料,電線など建設コストを下げるために工業製品税(IPI)を減税した。
資本財部門に繋がるオートメーション部門はマイナス1%、工業用装置7%、電気電子部品マイナス5%で、ドル安、コスト高や重税で伸び悩んだが、電気電子部門の調査対象の20%は第1四半期の売上げは目標を上回った。

 

電気電子部門の第1四半期の貿易収支

電気電子部門の第1四半期の貿易収支は前年同期比54%増加の47億1000万ドルの赤字を記録、輸出は15.1%増加したが、輸入が32.6%と大幅に増加して、赤字幅が拡大した。

最も赤字幅が大きかったのは対東南アジアで54億ドルの赤字を計上したが、対中国は20億ドルに達している。しかしラテンアメリカ統合連合(Aladi)諸国への輸出が全輸出の50%以上で22億ドル、貿易収支黒字が19億ドルを計上した。

 

2006年上半期の地域別輸出・輸入・貿易収支

貿易相手国/地域 US$ Milhões
Exp Imp Saldo
米国 946,3 1.303,6 (357,3)
ラテンアメリカ統合連合Aladi (Total) 2.225,7 319,0 1.906,6
   - アルゼンチン 801,5 102,4 699,0
   - 他のAladi(アルゼンチンを除く) 1.424,2 216,6 1.207,6
欧州連合 463,1 1.500,1 (1.037,0)
東南アジア諸国(Total) 200,3 5.581,2 (5.380,9)
   - 中国 72,5 2.050,9 (1.978,4)
   - 他の東南アジア諸国 127,8 3.530,3 (3.402,5)
その他合計 439,6 279,6 160,0
Total 4.275,0 8.983,5 (4.708,5)

 

出所‐ブラジル電気電子工業会(Abinee) 2006年9月

関連記事

ドル安やFGTS凍結預金の引出開始でマナウス工業団地が再活性化か

ハイテク家電や4Gセルラーの価格上昇

今年の電機電子部門の売上は前年比8.0%減少予想

ミデア・グループは本格的にブラジルに進出

今年の電気電子部門の売上は前年比10%減少予想

年末のIT関連機器販売はドル高で不振予想

今年上半期の家電販売は二桁減少

第1四半期の家電販売は15%減少

2014年のコンピューター販売は前年比26%減少

今年上半期の白物家電販売は前年同期比5.0%減少

今年上半期の白物家電販売は過去10年間で最低

外灯向け400億レアルのLED販売で競争激化

今年のコンピューター販売は前年比15%減少を予想

サムスンは4Kテレビをワールドカップ前にリリース

今年のタブレット端末販売はノートブックを上回る予想

コラム記事【2014年到来、今後どうすべきか?】

白物家電と家具のIPI減税率を縮小

エイケ・バチスタ氏はSIX Semicondutores社の経営陣から去るか

Philco社はマナウス・フリーゾーンでセルラーフォン生産予定

企業家の圧力で白物家電のIPI減税率を微調整

沖電気はイタウーテッキ社と提携して中南米のATM市場に参入

(特別記事)電気電子業界の発展と求められる新たな必要収支

マイクロソフトは2億レアルを投資して最先端技術開発センターを建設

BNDES銀行は実業家エイケ・バチスタ氏のSIXセミコンダクターに資本参加

フォックスコンは10億レアルを投資して電子部品工場を建設

Lenovoは3億レアルで CCEを買収

白物家電のIPI減税政策は延長か

輸入セルラーの85%は中国製

BNDESが台湾のフォックスコンのパートナーから離脱か

サムスンは白物家電に3億ドルを投資

iPadの国内生産開始は2012年に先送り

中国のエアコントップメーカーのMidea社がブラジルで事業拡大

LGはパウリーニア市に白物家電工場建設

半導体の国産化比率を最低20%

白物メーカーは製造コストを転嫁

エイサーはタブレット端末をリリース

タブレット端末の国内生産に31%の減税適用

暫定令適用で国内生産タブレット端末は36%減税

Foxconnは120億ドルを投資して10万人の雇用創出

1月のマナウスフリーゾーンの売り上げは20.44%増加

今年の電気電子製品販売は15%増加を予想

GEはブラジルに大型投資

POSITIVOはアルゼンチンでノートブック生産

GEは今後3年間に5億ドルを投資

マナウス・フリーゾーンの電気製品生産が世界金融危機前に戻る

今年のマナウス・フリーゾーンの売上は320億ドルに達するか

7月の家電生産は33%減少

サムスンも液晶テレビ生産

BNDES銀行は地上デジタル放送関連向けクレジット枠に28億レアル

自動車や白物家電の在庫が増加

上半期のテレビ販売は75%増加

ワールドカップ敗退でTV生産調整に迫られる

フィリピンがデジタルテレビで日伯方式採用

ワールドカップを前に液晶テレビ販売が倍増

白物家電の販売が大幅に減少

国家ブロードバンド計画ではブラジル企業に優遇税制を適用か

ブラジルのネット接続速度を上げる必要がある

第1四半期のコンピューター販売は33%増加

地上デジタル放送の拡大で関連機器メーカーにチャンス

地上デジタル放送関連装置の輸出開始

電気電子部会に13人が参加して業種別部会長シンポの発表資料作成

フィリップスはテレビ用液晶パネルを製造

GEはブラジルを航空関連機器の輸出基地に

白物家電用冷間圧延鋼や亜鉛メッキ鋼板が値上げか

液晶テレビの生産が需要に追いつかない

白物家電のIPI減税政策は消費電力に比例して3ヶ月延長

コンピューター生産向けPIS/Cofins優遇税措置延長か

白物家電のIPI減税政策を延長

フィリップスはレイオフ中の620人を再雇用

ノートブック販売が好調

Speedyは再度インターネット接続で問題発生

デジタル放送ISDB-T方式を南米諸国へ売込み

白物家電への減税効果がすでに表れている

薄型テレビの販売が好調

ブラジルの電話料金が高い

コンプレサー販売で価格カルテル

ワールプールの純益が76%減少

昨年の最終四半期のコンピューター販売は10%減

教育促進基金向けラップトップ15万台はComsat社が落札

POSITIVOの株価は買収の噂で上昇

エレクトロラックスはMabeをデザインコピーで訴える

価格の安い家電販売に方向転換

フィリップスはラテンアメリカで好調維持

シンメトリックスがブラジルで半導体チップ工場建設

iPhone販売でブラデスコがクレジット

コンピューター販売増加に伴って半導体製品輸入急増

ブラジルのIT技術競争力は43位

地上デジタル放送チューナー購入向けクレジット開始か

白物家電の省エネ化が進んできている

セルラー電話輸出が回復してきた

模造マザーボードの減少でデジトロンの売上は40%増加

TAM航空は運賃値上げ

サムスンはマナウスでミニシステム生産

ブラジルのフィリップスは好調

白物家電の販売は好調を維持

AOCもサムスンに続いてサンパウロでモニター製造

サンパウロの3Gセルラー入札プレミアムは50%

ポジチボ社の入札価格が最も低い

HPは売上35%増と好調

デジタルテレビ関係の輸入関税を撤廃

サンパウロで地上デジタル放送開始

ブラジルのソフト輸出は世界5位

IT市場は204億ドル

ブラジルでもIPTV市場が動き始めた

シスコシステムは不正貿易で15億レアルを脱税

ポジチヴォ社はデジタルテレビ部門に進出

地上デジタル放送開始は12月2日から

インド系IT企業がブラジル事業拡大

白物家電の売行き好調

ポジチボ社のコンピューター生産が100万台突破

グラジエンテはフィルコブランドを手放す

サムスンはサンパウロ州でモニター生産開始

ポジチブ社は通信省のコンピューター入札を落札

地上デジタル放送日本・ブラジル方式の南米売り込みで協力

グラジエンテ社はブラウン管テレビ生産を中止

連邦政府はOiとBrTの合併を承認

アジア企業はIPhoneの対抗機種販売を急ぐ

昨年のデジタルカメラ販売台数は250万台