Câmara do Japão
Português
検索: OK

労働法

最低賃金額決定に関わる法律 - 2011年2月25日付 法律第12.382号

2011年の最低賃金額および長期での価値向上政策について定め、税務クレジットの分割払いが行なわれる場合の刑事目的のための税務告訴書について規律し、1996年12月27日付 法律第9.430号および2010年6月15日付 法律第12.255号を変更する。

Pdf 最低賃金額決定に関わる法律 - 2011年2月25日付 法律第12.382号


ブラジル統一労働法の概要

  ブラジルの労働問題・労使関係を規制する基本法は統合労働法 (1943年5月1日付大統領令第5452号)であり、1940年代までの散在する労働法を纏めたものであり、従属労働の提供を包括的に規制するために制定された法典ではない。
統合労働法は労働者を無防備な経済的弱者とみなし、使用者を搾取主体と見る、資本と労働間の経済力の非対称という認識から、保護主義的傾向が強く、労働者保護は特に過剰であり、産業社会の変貌などに対応するために、従来のモデルでは現実的に対応できなくなってきており、早急な改革が必要になってきている。

 

労働者保護

  労働者の保護は企業の社会的役割の実現のみならず労働者の生産性向上にも資する。労働者保護には、職種別協約や法律によるものを含め、数々の規定があり、協約によるものでは基本食品バスケット及び食券の支給がある。

 保育扶助は団体協約で定める年齢まで、子供を扶養する労働者に対して企業が行なう。特に交通費の支給と労働安全衛生措置がある。また老齢年金の支給は男性 35年間、女性30年間の保険料納付や廃疾を条件であり、廃疾は労働の継続が不可能であることが確証されることであるが、労働者が職務復帰可能となった時点から支給は停止される。老齢年金は女性60歳、男性65歳に達することを条件に支給される 失業保険は3~5回の分割で支給され、勤務期間やサラリーにより一定ではない。

 

労働裁判所と労働訴訟

 労働裁判所は、労働者と使用者の間の紛争を解決するために1932年に創設され、労働高等裁判所が労働裁判所の最高審級裁判所であるが、憲法問題については連邦高等裁判所に特別上訴できる。裁判の遅延、公務員の無気力、人材不足など煩雑な手続き及びスピード化のために2004年に最低賃金の40倍の額までの労働訴訟を扱う簡易手続きが設けられ、迅速化に一役かっている。

 

(出所-現代ブラジル事典より抜粋)

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー